戦争

風陵渡の”ドラム缶” 黄河砲撃戦に出陣した二十八糎榴弾砲

山西省南部の省境を流れる黄河の南岸に位置する潼関は、古来より中原と漢中の連絡を扼す要地だった。この地では、昭和13年(1938年)の春に日本軍が北岸の風陵渡を占領して以来、日中両軍の睨み合いが続いていた。

南岸の中国軍にとっては、蘭州と連雲港を結ぶ重要路線である隴海鉄道を、嶮しい秦嶺山脈を背に守らねばならぬ要地であり、中央軍の一個師と重砲八門を有する砲兵隊を配備して守りを固めていた。一方の北岸に陣取った日本軍にとっては、ソ連の援蒋ルートを遮断し、西安と四川に攻め込む渡河地点として、やはり戦略上重要な要地であった。

日本軍の進出以降、同地では砲撃の応酬が繰り替えされ、いつしか風陵渡では、黄河を飛び交う彼我の重砲弾がドラム缶ほどの大きさに見えるからか、

ここは風陵 向かいは潼関 仲を取り持つ ドラム缶

と、串本節の替え歌が歌われていたほどだという。

昭和14年(1939年)11月3日、この地で殷殷たる砲声が鳴り響いた。日本軍の潼関砲撃作戦である。丸二日続いたこの砲撃で、南岸の鉄路、トンネル、停車場は完全に破壊され、隴海線は三ヶ月間の運行中断を余儀なくされた。

この潼関砲撃作戦には火砲二十二門が投入されたが、そのなかに日露戦争で活躍した口径280ミリの巨砲、二十八糎榴弾砲も二門が参戦している。二十八榴は、明治20年(1887年)に制式化された要塞砲で、昭和期には国内沿岸の各要塞で新式重砲と交換撤去が進んでいた旧式砲である。日華事変、太平洋戦争を通じて実際に二十八榴が戦場で活躍したのは、おそらくこの潼関砲撃戦が最初で最後だったろう。

風陵渡に構築された陣地に配備された二十八糎榴弾砲(出典:『野戦重砲兵第六聯隊第二中隊写真集』)

風陵渡に構築された陣地に配備された二十八糎榴弾砲(出典:『野戦重砲兵第六聯隊第二中隊写真集』)

二十八榴の参戦は、山西省南部を警備する第三十七師団の平田健吉中将の発案による。昭和14年(1939年)4月、初代師団長に就任した平田将軍は、それまで野戦重砲兵第二旅団長として同地で勤務しており、警備司令官としての再赴任だった。常々、潼関攻略を持論としていた平田将軍は、この機会に潼関の中国守備軍を叩くべく、上京した折り、省部に重砲の増加装備を意見具申している。当時、北支那方面軍で西安攻略が議論の俎上に上っていたこともあり、平田将軍の意向通り、第三十七師団へ野戦重砲兵一個大隊(十五糎榴弾砲十二門)の配属と、二十八榴二門、十糎加農砲二門の計十六門の重砲配備が実現した。臨時とはいえ野砲兵連隊が重砲を装備するのは珍事で、二十八榴が中国大陸に出征したのも唯一ではないか。

二門の二十八榴は、陸軍造兵廠と大阪兵器支廠から支給され、横須賀にある陸軍重砲兵学校から派遣された原一雄少佐を長とする臨時編成の「二十八榴指導班」により山西省まで運ばれた。砲は、風陵渡の北、趙村の東側にある山の地隙に建設した新設陣地に備え付けられた。潼関の停車場から射距離にして約3,300メートルの位置である。高さ十メートルまで四周に土嚢を積み上げた陣地内に、仮制式の鉄製砲床を設置して砲を備え付けたと思われる。二十八榴を攻城重砲として利用する方法は、前年に重砲兵学校において原少佐を主任として研究がなされており、陣地構築はその研究成果が活かされたという。

潼関砲撃作戦では、二十八榴の砲弾三百発(いずれも重量200キログラム以上ある堅鉄破甲榴弾)が用意され、うち二八七発が発射された。二十八榴は砲の自重が三〇トンもある。発射ごとに地盤が緩んで砲座が次第に沈下し、風圧と震動によって四周の土嚢が崩れるために、四〇~五〇発ごとに補修を要したというからその威力が想像される。二日間の砲撃で発射された砲弾は、二十八榴のものを合わせて大小およそ4434発に達した。既述の通り、隴海線を遮断する目的を達して作戦は終了した。

その後、原少佐以下の臨時指導班は解散、二門の二十八榴は、野砲兵第三十七連隊第二大隊に設置された臨時重砲兵中隊に運用が委ねられた。昭和15年(1940年)8月、第三十七師団の編成改正(野砲兵から山砲兵)に伴い、臨時重砲兵中隊は復員を命じられ、二門の二十八榴はおよそ一年間と短い従軍を終えて風陵渡を後にした。

風陵渡における二十八榴の評価だが、それなりに効果は認められたと思われる。潼関砲撃作戦に先立つ半年前に、第二十師団が火砲二十四門をもって実施した第一次砲撃と比較しても中国側に甚大な損害を与えている。二十八榴の配備後、中国側は日本軍の砲撃を避けるため、わざわざ南側の嶮しい山中に細々と通る駄馬路を開削、迂回鉄路を建設して隴海線の復旧にあたっているのを見ても効果があったと言える。ただ、砲弾の重量で見た場合、1トン半トラック一台で輸送できる数が六、七発程度と、補給面で相当の負担があったことは予想される。時期的には西安作戦が一時断念された中での復員だった。

藤田豊『春訪れし大黄河―第三十七師団晋南警備戦記』第三十七師団戦記出版会,1981年
陸軍重砲兵学校史編纂委員会『陸軍重砲兵学校史』私家版,2001年
軸丸勇『野戦重砲兵第六聯隊第二中隊写真集』私家版,1986年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000420.html