こぼれ話

“兵隊太郎”曹石堂さん

曹石堂さんにお会いしたのは、私が最後に山西省を訪れた2001年夏のことだから、もう五年も前になる。山西大学で日本語教師を定年退職された曹さんは、大学内にある官舎で、再婚された日本人の熊林さんと共に静かな日々を送られていた。

曹石堂さん(右)とご夫人の熊林さん(左)

曹石堂さん(右)とご夫人の熊林さん(左)

ちょうどご子息が立教大学に留学中で、二人だけの生活を送るなか、歳も近い私の訪問は、少しは慰めになったかもしれない。突然の訪問にもかかわらず暖かく迎えてくれた。夕食をご馳走になりながら、動乱の中国史の狭間で翻弄された自身の人生について語ってくれた。

曹さんは、戦前世代の日本人にとって”兵隊太郎”として記憶されている、ちょっとした有名人だ。戦時中に孤児同然だった曹さんは、ひょんなことから山西省に駐留していた日本軍の鉄道部隊に拾われた。軍人の養子扱いで北京の国民学校に学び、その後、日本に留学した。当時、新聞でも美談として報じられており、曹さんの名前は知らなくとも、”兵隊太郎”という呼び名を憶えている人は多い。

留学中に終戦を迎え、新中国が成立すると、曹さんは海外華僑への帰還呼びかけに応えて、共産党治下の中国大陸に渡った。しかし、間もなく曹さんは、当時多くの帰国華僑を襲った政嵐に巻き込まれる。スパイのえん罪をかけられ、長年にわたって迫害を受けることとなった。投獄、労改、前科者として農場や炭坑での肉体労働。いわれなき迫害は二十年もの長きに及んだ。

曹さんの波乱に満ちた半生については、太原でご自宅を訪問した際にご本人から断片的にお聞きしたが、詳しく知ったのは、野島進氏が書かれた小説『白き太陽の輝ける時』を読んでからだ。初対面で曹さんに感じたのが、小市民的な人柄の性格と、その柔和な笑顔でオブラートに包まれた意志の強さだったが、それは同書でもしっかりと表現されている。作者が言うように、小説という形をとってはいても本質的にはノンフィクション作品である同書には、幼少の頃より不幸に見舞われながらも、耐えて強く生きていく曹さんの姿が生き生きと描かれている。

野島進『白き太陽の輝ける時』原書房,1993年

野島進『白き太陽の輝ける時』原書房,1993年

『白き太陽の輝ける時』は、性格描写など、実際にお会いした私も読んでいて引き込まれる良書だと感じるが、やはり小説ゆえ、当人にとっては自分の筆による自伝を出版したいという思いが強いようだ。夫人の熊林さんの助けも借り、日本語で20万字以上に及ぶ回顧録を書き上げた。私がお会いした時には、すでに脱稿されていたが、江沢民政権による反日運動の盛り上がりや、日本の厳しい出版事情などで、出版化の話は流動的とのことだった。今もまだ本が出た話は聞いていない。

最後に、お会いしたときに出た話で印象に残っているのが、戦後の台湾訪問時に閻錫山と会ったときの話だ。当時、ウェストポイントに留学して、世話になった養父と同じ軍人の道を歩みたいという曹さんに、閻錫山は「私は長いこと軍人をやってきたが、軍人になぞなるものではない」「先進技術を身につけて、新中国の復興に尽力せよ」と諭したという。閻錫山の人となりが分かるエピソードだが、曹さん本人にとっては、自分の人生の舵を負の方向へと大きく切ることとなった出会いだった。晩年、閻錫山は、清廉質素な生活を送りながら、反共著述に専念している。

補記1:
曹さんが執筆された回顧録は、今年11月に『祖国よ、わたしを疑うな―政治犯から大学教授になった「兵隊太郎」の物語』と題して日本経済評論社より出版されることになりました。ご報告申し上げます。(2006.10.27)

補記2:
曹石堂氏は2011年末にご逝去されました。ご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみ申し上げます。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000190.html