第一軍の「兵器引継書」に見る終戦時の状況


正論の記事で話題になった山形のシベリア史料館には、山西省を所管した第一軍の兵器引継書も保存されている。この兵器引継書は、表紙にあるように、航空部隊関係は除く旨が但し書きされている。また、今回手元にきた目録は弾薬類の記述のみとなっている。しかし、これだけでも当時の様々な情況、すなわち、質の低下した帝国陸軍の実態や山西残留の片鱗などが如実に顕れている。同時に、内容は史料が本物であることを示唆している。

第一軍の兵器引継書の表紙(左)と署名(右)。表紙の右上に「正本」を意味する「正」の判子がある。(出典:山形シベリア史料館)

第一軍の兵器引継書の表紙(左)と署名(右)。表紙の右上に「正本」を意味する「正」の判子がある。(出典:山形シベリア史料館)

一時は兵力十万人の大勢を誇った第一軍も、戦争末期になると優秀師団を南方にとられ、質・量ともに逐次低下していった。最終的に第一軍は、第百十四師団(114D)、独立混成第三旅団(3MBs)、独立歩兵第十旅団(10iBs)、同第十四旅団(14iBs)、旅団規模の第五独立警備隊(5WBs)の計五個兵団、兵力約六万人で終戦を迎えた。

終戦によって、第一軍は国府軍第二戦区司令長官の閻錫山を受降主管として武装解除を行うこととなった。この兵器引継書は、武装解除に際して兵器の員数を確認する目録であり、第一軍隷下の五個兵団と軍直轄部隊、太原野戦兵器支廠、それに終戦時に駐蒙軍から転属となった第四独立警備隊(4WBs)の計八区分で記録がなされている。第四独警の転属は、駐屯地の大同が第二戦区の所管であること、すなわち日本は北部山西省を蒙彊政権に割譲したが、中国側にとっては山西省の所管であったこと、そして北部の鉄道輸送は途絶し、大同地区の将兵は太原経由での帰還となったことなどによる。

兵器引継書は、昭和二十年九月十八日の日付で、第一軍司令官澄田将軍の名で「本冊ノ通引渡ヲ了ス」とある。実際には、残留者で組織する特務団用の兵器や、鉄道沿線の分哨などで警備をそのまま継続して行うための兵器などは引き続き装備していたはずである。また、独歩第十四旅団のごときは、中共軍の妨害により北上終結が困難なため、山西軍との協同作戦を行っていたぐらいで、九月の時点で武装解除は完了していなかった。「引渡ヲ了ス」の文言は額面通りに受け取れず、ゆえに本引継書は”すべて”を記したものとは思えない。事実、目録を一目見て気になるのが引継数量の少ないことだ。例えば、三八式小銃の実包で、第一軍全体で総計580万発しかなく、歩兵一人あたり携行定数の120発程度しか弾薬の備蓄がなかったことになる。しかも軽機の弾薬も含めてだ。嘘にもほどがあろう。残留のため、隠匿または帳簿から消したと思われる。

第一軍兵器引継書の目録部分。兵団及び軍直、兵器支廠の八区分で引き継ぎされる弾薬の員数が記載されている。(出典:山形シベリア史料館)

第一軍兵器引継書の目録部分。兵団及び軍直、兵器支廠の八区分で引き継ぎされる弾薬の員数が記載されている。(出典:山形シベリア史料館)

目録からは、当時の質の低下した帝国陸軍の姿も映し出す。終戦時の第一軍には、重砲が一門もなかったことが分かる。第五独警や兵器支廠で「十五榴」や「十加」などの重砲弾が引き継がれているが、両者とも重砲を装備していないので砲なし弾だけのはずだ。第五独警の方の重砲弾は老河口作戦のために集積されたものかもしれない。引継書が示すのは、山西にはすでに口径75ミリ以上の野山砲より強力な重火器がなかったということだ。さすがに空襲を受けるため野戦高射砲はあったらしく、「七高榴弾」は軍直轄部隊で引き継ぎがされている。

押収兵器の弾薬についての記載もある。モーゼル大型拳銃や口径7.92ミリの智式軽機関銃のほか、口径77ミリの一四式七糎七野砲も使われていたことが分かる。「チェッコ機銃」の名で日本将兵の間で恐れられた智式軽機関銃はもちろん、七粍七野砲もカタログ値では主力の九〇式野砲に並ぶ性能を誇った。これらの外国製兵器はいずれもその優秀さから、国軍兵器として準制式化したものだった。

品目に「三一山砲榴弾」とあるのは、日清戦争の時に登場した三一式山砲(三十一年式速射山砲)に使う通常弾のことだ。第百十四師団と第五独警で引き継ぎがされている。この大砲は駐退機・複座機を備えていないために、一発撃つ毎に砲架がガラガラと数メートル後退する代物だった。戦線の拡大で大砲が足りなくなり、倉庫から引っ張り出して前線に送った。古すぎて操作が分かる者がいないため、ご苦労にも陸軍歩兵学校などから教員を派遣して教育につとめていた。第百十四師団は独歩編成の治安師団で、おそらく軍に師団がひとつもないと格好がつかないために、旅団で済むところを背伸びして師団にしたのが実情であろうが、山西省で唯一の師団であることはかわりない。編成時にこんな骨董品を受領した師団幹部は内心忸怩たるものがあったのではないか。

この点、一貫して匪情の悪い北部の警備にあたった独立混成第三旅団は、並みの”独混”と違い、自動車隊の配属も受けていた装備優秀な兵団だった。引継書でも旧式兵器はゼロとなっている。しかし、当時の関係者によれば、独混三旅でも末期の補充兵は竹の水筒に木の弁当箱、竹鞘のゴボウ剣を下げ、現地生産の北支十九式小銃が支給されたという。末期の厳しさはどこも似たりよったりといったところか。

最後に、この第一軍の兵器引継書も、正論の”スクープ”で紹介されたその他の引継書と同様に、化学兵器の引き継ぎを示唆する記載はない。そして、残留日本軍はその後の戦いで、「今までとっておいた化学弾」を中共軍に対して使用した旨の複数の回顧談があることを付言しておく。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000232.html

Related Posts

2 thoughts on “第一軍の「兵器引継書」に見る終戦時の状況

  1. 山西大同陈尚士

    从日军第一军的“武器交接书”看战争结束时的状况
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    这是一个成为话题的符合道理的记事,在山形县的西伯利亚史料馆,还保存着管辖山西省的第一军的武器交接书。这份武器交接书就像写在封面的那样,附加了除去与航空部队有关的主要武器。另外,这次到手的交接清单,仅仅是是弹药类的记述。然而仅凭这些,就如实地显现了当时的各种情况,即帝国陆军低下的素质以及残留山西的一鳞半爪,同时它也启示了真实的内容。
    第一军武器交接书的封面(左)和署名(右)
    某一个时期,以兵力多达10万人而引以自豪的日军第一军,到了战争的末期,其优秀的兵团也被选调到了南方,素质和数量都在逐渐下降起来。最后,第一军以第114师团、独立混成第三旅团、独立步兵第10旅团、独立步兵第14旅团、还有旅团规模的第五独立警备队,共计5个兵团,约6万人的兵力,迎来了战争的结束。
    由于战争结束,日军第一军将国民政府军第二战区司令长官阎锡山作为受降的主管,而进行武装的解除。这份武器交接书是解除武装之际,确认武器的数目的清单,记录的是第一军隶下的5个兵团和军直辖部队、太原野战武器分厂、还有战争结束时由驻蒙军转属的第4独立警备队,总计8个部分。转属的第4独警,其驻屯地大同为第二战区所管辖,也就是说,日本将山西省的北部割让给蒙疆政权,但对于中国方面来说,该地为山西省所管辖。而且,北部的铁道运输停止了,大同地区将士的回归要经过太原等地。
    武器交接书的签署日期是昭和20年(1945年)9月18日,以第一军司令官澄田将军的名义,写有“完成本册的交接”。实际上,由残留山西人员组成的特务团所用的武器,以及在铁路沿线的分哨等地,为了一如既往继续进行警备而使用的武器等,(日军部队)应该是仍旧继续装备武器的。另外,就像独步第14旅团那样,由于中共军的阻碍,北上集结是困难的,所以就处在了与阎锡山军进行协同作战的境地,在9月的这个时间点上,并没有完成武装的解除。“完成交接”的说词,(我们)不能不折不扣地信以为真,所以,不能够认为本交接书上记载的“全部”内容。事实上,一看目录让人悬念的,就是交接的数量很少。比如说,三八式步枪的子弹,整个第一军才有580万发,这样话,除了每个步兵行动所带的120发的定额,就再也没有储备的弹药了。而且清单还包括轻机枪的弹药。说谎也要有个底限吧。一般认为,为了残留(在山西),隐匿或从账本上消抹了。
    这是武器交接书的部分清单。记载着兵团、军直辖部队
    以及武器支厂,8个类别提交是弹药数目
    从清单也显现出当时帝国陆军素质的低下状态。我们得知了战争结束时,第一军连一门重炮也没有,在第五独警以及武器支厂,“十五榴”以及“十加”等重炮的炮弹虽然交接了,但因为这两种炮弹都没有装备重炮,所以应该是没有大炮而只有炮弹。交接书上所显示的,比起口径75毫米以上的野战山炮,在山西据称已经没有更强有力的重火器了。因为遭受空袭,虽然似乎有野战高射炮,但“七高榴弹”还是在军直辖部队被接收了。
    还有关于没收武器弹药的记载。除了大型毛瑟手枪以及口径7.92毫米的智式轻机关枪外,还得知口径77毫米的一四式野炮也被使用过。以“阻击机枪”的名称在日本将士中间能够引起恐惧的智式轻机关枪,自不待言,而引以自豪的77毫米的野炮在清单的价值上,也是具有赶得上九O式主力野炮的性能的武器。这些外国制造的武器,无论哪种都是优秀的,所以作为日本国军的武器,是准制式化了的武器。
    在物品种类栏写有“三一山炮榴弹”,这是日清战争时,登场亮相的三一式山炮(明治31年式速射山炮)通常使用的炮弹。交接是在第114师团和第5独警进行的。因为这种大炮没有配备驻退机和复坐机,所以每发射一发炮弹,炮架就嘎啦嘎啦地后退数米,因战线的延长,大炮变得不充足,就从仓库里拉出来送到了前线。因过于陈旧而没有人懂得操作,因此由陆军学校等派遣教员,非常辛苦地进行了培训。第114师团是由独立步兵编成的治安师团,大概是一个军里,连一个师团都没有的话,就不够格局,所以就将以旅团就能够对付的部队拔伸成了师团,这也是实际情况吧。在山西省,唯一的师团就是第114师团,这没有什么不正常的,在编成师团时,干部们领受了这样的古董武器,内心的感觉会不会是惭愧的呢?
    山西北部匪情猖獗,一以贯之承担其的警备的独立混成第三旅团,在这方一面,与其他并列的“独混”不同,是得到汽车配备的装备优良的兵团。即使在交接书上,老式的武器也为零。但是据当时的相关人员讲,据说即使是独混3旅,在战争末期的补充兵配备上,也是竹筒水壶,木制的饭盒,佩刀的刀鞘是竹子制作的,配发的枪支是当地生产的北支十九式步枪。战争末期的严峻状况哪儿都是大同小异,半斤八两。
    最后附带交代一下,这份第一军的武器交接书,也就像正论“快讯”介绍的其他交接书一样,并没有提示化学武器交接的记载。而残留在山西的日军,在后来的战斗中,对于中共军使用了“以前就准备的化学弹”,以这样的主旨的回忆录是有很多的。

    Reply
  2. 中国山西大同?尚士(土八路)

    这篇文章的后边没有“评论栏”,所以只能放在这里了。
    日军晋中作战的战果
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    第二次作战的综合战果【第一军作战经过的概要(第21章 晋中作战)1940年】
    对于中共军于1940年发动的百团大战,日军通过两次的晋中作战进行了反击。上图表是记载史料上的、第一军参谋部制作的晋中作战的战果表。中共军方面的损失是,遗弃的遗体和俘虏共有1753人,缴获的武器仅步枪(包括自动步枪)就有1249支,听说几乎所有人员都配发了武器,每支步枪装备的弹药数量也多达200多发,真是无可挑剔。重机枪以及迫击炮这样的重武器也没收了很多,由此看来,即使与后期的战果相比,也显示了这个时候的中共军,已经具有等同于正规军的装备了。
    战后,中共政府以及左翼学者等,尽管高声非难晋中作战是彻底消灭非武装地带的“三光作战”的开始,但是,本资料显示给我们,那些说法是不妥当的。日军歼灭的并不是非武装的居民,而是拥有与正规军同等装备的军队。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*