雲岡石窟の石仏


photo by Mr.Nishishita

photo by Mr.Nishishita

世界遺産として名高い山西省北部の大同にある雲崗石窟。日華事変において、日本軍は廃寺同然だった石仏を守り、日本人研究者の手によって調査研究と保全が進んだ。現代中国にとって貴重な文化財、観光資源として存在しているのも、戦前の日本人の働きがあってこそと言える。
分からないのは敦煌との扱いの差だ。これについて指摘する声も聞かれないのも不思議だ。国民政府は、雲崗や龍門などの名だたる石仏には保護の手をさしのべなかったが、敦煌だけは別だった。日華事変前から石窟の保護と研究を開始している。純粋に文化保護の目的とは思えない。西域において国家事業を営むことで、国際法上の実行力(覇権)を行使することを目論んだのではないか。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000219.html

Related Posts

  • 雲崗石窟と日本人2017年3月29日 雲崗石窟と日本人 山西省北部の街・大同にある雲崗石窟は、信仰や宗派を問わず訪れた人すべてを感嘆させる素晴らしい遺跡だ。この雲崗石窟は戦前の日本人と深い馴染みがあった。 […]
  • 文化活動に力を入れた山岡部隊2017年3月29日 文化活動に力を入れた山岡部隊 太原陥落後に警備を担当した山岡兵団は、兵要地誌を元原稿にした地誌を出版したほか、現地の博物館を保護し、再開後はパンフレットまで発行している。陸軍の名で博物館のパンフレットを出した […]
  • 城壁復元2006年7月21日 城壁復元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*