靖国・A級戦犯分祀・国立追悼施設をめぐる筋違いの議論


靖国神社とA級戦犯の分祀、国立追悼施設の建設がホットな話題となっている。議論が盛り上がったのが中国の内政干渉によることは情けないが、戦没者・殉職者を網羅的に追悼する国の施設が存在しないことは外交儀礼上も恥ずかしいことで、国家としてあるまじき姿だ。早急に対処すべきだ。

東京九段の靖国神社。桜の見頃は余市も開かれ大変な人混みとなる。

東京九段の靖国神社。桜の見頃は余市も開かれ大変な人混みとなる。

戦前からの伝統はあっても一宗教法人に過ぎない靖国神社に、国家追悼を意味付けすることはふさわしくない。国としてしっかりとした合祀の基準もなく、正式な業務委託契約も結ばれていない。そもそも神道以外の仏教やキリスト教といった異教徒や無宗教者は追悼できないし、政教分離の主旨にも反する。その上で、戦前に皇室が関与していた霊璽簿の運用は靖国神社に一任されている。議論の的となっているA級戦犯をはじめ、文民や山西残留将兵もケースバイケースで合祀されたりされなかったりするなど、その可否は神社の判断に委ねられている。歴史的な正当性は失われており、伝統という名の成り行きでしかないとも言える。

そして政治的には、戦犯が祭神として祀られている靖国神社を国家元首が参拝することの意味を良く考えるべきだ。大東亜戦争の正当性の問題ではなく、敗者として東京裁判を受け入れた国としての矜持の問題である。昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を示されたのは、A級戦犯たちが戦犯ゆえだからではない。裁判の非合理性、えん罪、恣意的な量刑であることは重々承知されていた。その上で、新生日本の立場として否ととらえられた。宮司に委ねられた霊璽簿の運用が政治的に利用されていることに不快感ももたれた。

しかし、A級戦犯の合祀は靖国神社の自由裁量の範囲であって、分祀を国が要請することは憲法に保障される信教の自由に反する。ゆえに分祀を議論すること自体が不毛である。靖国神社は現状のまま、国は国家元首や皇族、外交使節が気兼ねなく参拝することのできる国立追悼施設の建設を粛々と進めなければならない。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑。奥に見えるのが六角堂。上の靖国神社と同じ日に撮影。桜の見頃でも訪れる人は少なく、静寂に包まれている。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑。奥に見えるのが六角堂。上の靖国神社と同じ日に撮影。桜の見頃でも訪れる人は少なく、静寂に包まれている。

国立追悼施設の建設に反対する論者は、しばしば先人達は靖国に祀られることを願って死んでいったのだし、宗教色のない施設は人の心を捉えないから失礼だと言う。しかしそれは陳腐なレトリックだ。先人達にとって靖国は忠勇のシンボルであって、あくまでも表現形態のひとつに過ぎない。そもそも国立追悼施設を建設しても、靖国から合祀者の霊璽簿を移管する必要はない。追悼者の個人名は霊璽簿を借りて名簿を作ればよい。その場合、合祀者は靖国と国立追悼施設の両方に名が刻まれる。失礼はないはずだ。

その上で、宗教色のない施設は人の心を捉えず、参拝する人がいなくなるという懸念が声高に叫ばれる。閑散とした千鳥ヶ淵を見れば確かに心配はあろう。しかしそれは杞憂に過ぎないのではないか。そもそも靖国の参拝者のうち、どれほどの人が神道信者なのか。すなわち、戦没者を弔う気持ちで参拝する人で、靖国は神社だから行くが、千鳥ヶ淵は神社じゃないから行かない、という人はほとんどいまい。ようするに、靖国に参拝する遺族や戦友は祭神に会いに来るのであって、千鳥が淵に足が向かないのは身元不詳の遺骨が埋葬された無名墓地だからだ。単に戦没者の「顔」がないからである。故人の名が刻まれた場所なら多くの人が訪れるはずだ。もし国立追悼施設に客が取られると神社が心配しているのであれば、それこそ不敬である。

新たに国立追悼施設が建設されても訪れないのは観光客ぐらいであろう。人を呼びたいのであれば、遊就館のような施設を併設しても良い。しかしそれは良いのではないか。戦没者の追悼はそもそも厳粛なものだ。軍装マニアや酒に酔った花見客を受け入れる必要はあるまい。そのような泥臭さが靖国の魅力であって、戦没者の追悼はそれと対照的であってよい。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000245.html

One thought on “靖国・A級戦犯分祀・国立追悼施設をめぐる筋違いの議論

  1. 中国山西陈尚士

    围绕靖国神社、甲级战犯分祭和国立追悼设施的不对头的争论
    土八路译自日本网络
    http://shanxi.nekoyamada.com/
    靖国神社与甲级战犯的分祭,国立追悼设施的建设成为了新的热点话题。争论高涨起来,是由于中国干涉(日本)内政而导致的,这件事虽然缺乏仁慈心,可追悼包括战死者、殉职者在内的国家设施不存在(的话),在外交礼仪上也是没脸见人的。作为国家,这是不应有的姿态,应该及早采取对策。
    这里是东京九段的经靖国神社,当樱花正好看的时候,余市也开放,人员非常拥挤
    即使是来自战前的传统,在不过是一个宗教法人的靖国神社,赋予国家的追悼也是不合适的。作为国家,即没有牢靠的合祭标准,又没有缔结正式的业务委托契约,毕竟神道以外的佛教以及伊斯兰教的异教徒以及无宗教者,是不能够追悼的,还违背政教分离的主旨。再加上战前皇室参与的灵玺薄的运作,完全委托给了靖国神社。以成为争论靶子的甲级战犯为首、非现役军人以及残留山西的将士,也根据具体情况,有的被合祭,有的没有被合祭,这类待遇的得当与否,委托给了神社判断。这也可以说成是,丧失了历史上的正当性,只是借口传统名分的抽冷子。
    而且,在政治上,战犯作为神社所供奉的神灵被祭祀,应该认真考虑国家元首参拜靖国神社的意义。这不是大东亚战争的正当性问题,而是作为失败者、作为接受东京审判国家的风度问题。昭和天皇之所以对甲级战犯的合祭显示了不快之感,并不是因为甲级战犯们是战犯的缘故。审判的不合理性、冤罪、恣意性的量刑这些事情,被深深地容许了。再加上作为新生日本的立场被否定,委托给神社最高神官的灵玺薄的运作,在政治上被加以利用,这件事也带来了不快之感。
    但是,甲级战犯的合祭,是属于靖国神社自由定夺的范围,所以国家请求分祭是违背受宪法保护的信教自由的,所以,争论分祭这件事的本身,就是不毛之地。靖国神社就像现在这个样子,原封不动,国家必须严肃地推进国立追悼设施的建设,(以便)国家元首以及皇族,外交使节能够没有顾虑地进行参拜。
    这是千鸟之渊战死者的墓苑,里边能够看到的建筑是六角堂。这张照片是与上边的靖国神社同一天拍摄的。即使在赏樱正当之时,来这里访问的人也很少,这里被寂寞所笼罩。
    主张反对建设国立追悼设施的人说,“先人们是再三希望被祭祀在靖国神社里而死去的,另外,没有宗教色彩的设施,是抓不住人心的,所以是失礼的”。但那是陈腐的修辞术。对于先人来说,靖国神社是忠勇的象征,说到底也不过是表达的形式之一。即使说起国立追悼设施的建设,也不需要从靖国神社移交管理合祭者的灵玺薄。追悼者的个人姓名,借来灵玺薄制作一本名册就可以了。在这种情况下,合祭者的姓名被刻在靖国神社和国立追悼设施这两个地方,失礼之处应该是没有的。
    而且,没有宗教色彩的设施是抓不住人心的,参拜的人会变得没有起来,这样的担心之声被吵得很高。若是看了清冷的千鸟之渊,的确会有些担心的吧。但是,那也不过是杞人忧天而已吧。说起参拜靖国神社的人里边,有多少人是神道的信仰者呢?也就是说,参拜的人,是以吊唁战死者的心情参拜的,“靖国神社因为是神社,所以去了,而千鸟之渊因为不是神社,所以不去”,几乎没有人说这样话的吧。总而言之,参拜靖国神社的遗族以及战友等,是为拜会神社所供的神灵而来的,之所以不去千鸟之渊,是因为无名墓地被埋葬的遗骨,其身份不详,仅仅是因为战死者没有“脸面”的缘故。如果是刻有死者的姓名的场所,照理说应该会有很多人来访的。若是靖国神社担心游客会被国立追悼设施挖去的话,那才是对死者的不敬。
    即使新建国立追悼设施也没有人来访,那就在于观光的客人了吧,如果想吸引人气,那就同时建设游就馆之类的设施也是可以的。但是,那也不是高招吧,对于战死者的追悼毕竟是严肃的,是没有必要接待军装狂热者以及醉酒的赏花客人的吧,那类不雅的行为是靖国神社的魅力所在,战死者的追悼与之形成对照为好。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*