撫順戦犯管理所


遼寧省撫順市。1995年。

遼寧省撫順市。1995年。

中共が指定した戦犯容疑者が収容され、政治教育を受けた獄舎。愛新覚羅溥儀をはじめとする満州国関係者と日本人が収容された。日本人は関東軍や朝鮮軍の将兵でソ連に逮捕・抑留された者のうち、中国側の要請によって戦犯容疑者としてシベリアから移送された者。のちに、山西省で逮捕された戦犯容疑者のうち、有罪判決を受けた者も太原または北京から移送され収監された。過酷な取り調べ、思想改造が行われた。この戦犯管理所に収容された日本人は約一千人。最後の日本人戦犯が帰国したのは1964年(昭和39年)と言われている。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000234.html

Related Posts

  • 永富博道さん 永富博道さん 右翼の大物・頭山満の愛弟子。大学卒業後に軍属として中支の特務機関に三年間勤務、1941年(昭和16年)の徴兵後は山西省に赴任。第三十七師団、第五独立警備隊に勤務。終戦後は、民間側 […]
  • 犯罪嗜好的な”加害体験談” 犯罪嗜好的な”加害体験談” よく戦争は人を狂わすという。ある意味で正しいが、それを前提に戦地にいる日本人全員が非道に変わり得るという考えは危険だ。 […]
  • 書評:『「戦争」の心理学』2008年4月4日 書評:『「戦争」の心理学』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*