騎兵


華北戦線,1937年

華北戦線,1937年

小川で馬に水を飲ませる日本兵。背負った小銃が短銃身・折畳式スパイクバヨネットの四四式騎銃だから騎兵と分かる。
小銃の性能向上と機関銃の登場で、騎兵が敵陣を蹂躙することは不可能となった。蹂躙はタンクの役割となり、騎兵は軽装化して機動力を活かした索敵に任務が移った。しかしそれも飛行機に奪われることになる。最終的に乗馬騎兵は装甲車やヘリコプターにとってかわられ、”cavalry”は名だけが残ることとなった。
日本陸軍においても、騎兵は軽機や山砲を装備して火力を強化したが機械化の流れには抗せず、徐々に威力偵察が可能な装甲車を主体とした捜索隊に改編されていった。唯一の例外は華北の騎兵第四旅団で、日本陸軍のなかで唯一、乗馬編成で終戦を迎えている。対ソ戦の際は内モンゴルに展開、予想戦場が広漠たる草原地帯で、装甲車よりも背丈が高く、分散して行動が可能な騎兵の方が有利だったからか。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000247.html

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*