楼上から警戒する歩兵小隊


華北戦線,1937年

華北戦線,1937年

楼上から武器を構えて警戒する日本兵。手前の兵は小銃をかまえ、中央の兵は軽機を、奥には擲弾筒が見える。当時の歩兵小隊が装備した武器がよく分かる風景だ。
中央の兵士が構えているのは十一年式軽機関銃だ。山本七平は砲兵など他兵科では「故障式」のあだ名が付けられていたとする。酷なネーミングだ。
手前の兵士の後に見慣れない三脚が置いてある。おそらく国府軍から滷獲したドイツ型の水冷式機関銃のものだろう。
戦闘中ならば、軽機や擲弾筒には射手の横に装填手がつくはずだが、見当たらないところを見ると、撮影用にポーズを付けたものであろう。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000248.html

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*