書評:私は「蟻の兵隊」だった―中国に残された日本兵


山西残留事件が部数の多い媒体で取り上げられるのは稀なことだ。映画「蟻の兵隊」の撮影秘話を語るというと、どうしても販促的側面を意識してしまうが、本としての出来は良い。「ジュニア」と銘打って対談形式という手軽そうな体裁をとっていながら、山西残留のあらすじと主人公である奥村氏の半生がしっかりと描かれている。

私は「蟻の兵隊」だった―中国に残された日本兵

私は「蟻の兵隊」だった―中国に残された日本兵

山西残留は、このホームページでも紹介しているように、現役将兵の処遇についてだけを見ても複雑な事情がある。本書で描かれているのは奥村氏の言い分に沿った「史実」である。しかしそのスタンスは別として、読み物としてはおもしろく、映画を見たくさせる。ようするに書籍としての作りが良いのだ。出版氷河期が叫ばれ、編集の手間をかけない安っぽい本が氾濫するなかで、やはり老舗(岩波)ならではの仕事の良さを感じさせる。

ところが読後感がスッキリしない。何ともチグハグな印象を受けるのである。それを最も強く感じさせるのが、奥村氏の心情と、池谷監督の映画制作に対する姿勢だ。ともに、日本の「加害」に密接に関連する。

映画「蟻の兵隊」では、奥村氏が体験した戦時中の「刺突訓練」が取り上げられているほか、山西省内で起きたとされる婦女暴行事件の被害女性が出演する。そもそも戦後の山西残留をテーマとしている以上、戦前の出来事を持ち出すのであれば、それなりに説得力のある関連性が劇中に描かれていなくてはならない。”残留を強要された「蟻の兵隊」は、戦前にも刺突訓練のような汚れ仕事をさせられた”という含意なら(史実としての是非はともかく)理解もできよう。しかし、部隊も場所も日時も無関係で、奥村氏が全く関与していない婦女暴行事件は突出している。

実際は、同じ事件での他の被害女性と奥村氏が知り合いで、日本における賠償請求訴訟を支援していたという関係があるようだ。しかし、映画で取り上げるだけの理由は描かれておらず、筋違いの印象は否めない。そしてその疑問は本書を読んでも解消されない。結局、映画の筋書きに、「日本軍兵士(=蟻の兵隊)は被害者であったが同時に加害者でもあった」というような論理を無理にでも押し当てたとしか感じられないのだ。二十年前であれば受け入れられたが、今では時代遅れでいかにも古くさい。

そして、もともと人間の心は複雑であるなどと言えば陳腐だが、奥村氏の心情がチグハグな読後感を与えるという指摘はあり得る。彼は長年、中国貿易に携わった日中友好人士であり、過去の戦争を「日本帝国主義による侵略戦争」、「中国人民による抗日戦争」としてのみ捉える古典的な左翼思想の持ち主だ。ところが、自身が体験した山西残留事件そのものが、そのような単純な見方を揺さぶる。山西残留は親日的な土壌がなければ成立し得ず、様々な事情はあるが、総じて両国の有為な青壮年が互いに手を取り合って己の人生を賭けたことに違いはないからだ。その上で、彼はラディカルな中国帰還者連絡会のメンバーではない。帝国陸軍兵士としての矜持にもこだわる人物である。奥村氏は、過去の戦争や中国への想いについて自身の立ち位置も含めて整理がついていないのではないか。ただ、チグハグな印象を与えるのは氏の発言内容だけでなく、純粋に文章構成にも見られる。編集による作用を示唆している。

そして池谷監督に対しては、彼こそが反日映画としての筋書きを作った張本人として批判される。ところが本書で池谷氏は、現地でなぜ中共軍戦没者を慰霊するのに戦友を慰霊しないのかと奥村氏に噛みついたと告白している。単純な中国の御用聞きではないわけで、このような監督が陳腐な反日映画を作りたかったとは思えない。ようするに、プロジェクトを進める過程で、中共と日中友好組に配慮せざるを得なかったところが大きかったのだ。本書の共著者である酒井氏は奥村・池谷両氏の橋渡しをした人物だ。日中友好協会事務局長を務め、本書の発言部分からも古いタイプの親中派人士であることが伺える。映画制作に必要な協力(現地における撮影許可から資金や便宜の供与)を得るために、中国側の論理が決定的に作用したであろうことは想像に難くない。

池谷氏は衆目を集めるドキュメンタリーを撮るための手段として、政治的スタンスにこだわる考えはないのだろう。政治に興味がなく、自身がテーマとする中国に関連して、「蟻の兵隊」や「延安の娘」(前作)といった、政治に翻弄される個人の生き様にこそ興味があったようだ。そのような池谷氏が奥村氏の人生と個性をスケールアップして映画にしようとしたとき、もし中国側への配慮が全く必要なかったのならば、自身の立ち位置に揺れる奥村氏の姿を軸に、より深く濃い、反日と揶揄されることもない骨太の映画を作ることが出来たのではないか。そのときこそ、刺突訓練や婦女暴行事件といった負の部分も生きたはずだ。事実が反日的であることと、その捉え方が反日的であることは、似ているようで天と地との差がある。一方は史実の叙述であり、一方はプロパガンダだからだ。関係者にはそれが区別できなかった。

池谷氏は奥村氏との関係を「共犯関係」とまで表現しているが、そこまで胸を張って言えるほど、映画で両者の思い入れが表現されたとは思えない。様々な妥協が消化不良を招いた。本書ではその片鱗を窺うことができる。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000254.html

Related Posts

One thought on “書評:私は「蟻の兵隊」だった―中国に残された日本兵

  1. 中国山西大同陈尚士

    书评:我曾经是“蚂蚁兵”—–被迫留在中国的日本兵
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    残留山西事件被(日本的)多家媒体提起,这是少有的事情。要说讲述拍摄电影《蚂蚁兵》的秘密故事的话,无论如何就会自然而然地意识到其违反规则的侧面,但好在(该影片)作为书本出版了。该书以“下级士兵”为名,一方面采取看似对谈形式的轻松体裁,一方面很好地描写了残留山西的梗概和主人公奥村先生的前半生。
    就像本网页介绍的(其他内容)那样,即使仅就现役官兵的待遇来看,残留山西的情况也是复杂的。本书是沿着奥村先生主张的“史实”进行描绘的。但是,就其立场观点另当别论,作为读物而言还是有趣的,它使人想看(拍成的)电影。总而言之,作为书籍的编写是很好的。社会上叫喊着(现在)是出版界的冰河期,在不劳编辑费事的不值钱的书本泛乱之中,让人感到还是人家(岩波)老牌出版社,只有他们才能做出漂亮的工作。
    可是,读后的感觉,心情并不是舒畅的,怎么也给人以不协调的印象。在这一点上,最让人强烈感受到的是,奥村先生的心情和池谷导演对电影制作的姿态。这两者都与日本的“加害”行为密切相关。
    在影片《蚂蚁兵》里,列举了奥村先生战时经历的“刺杀训练”, 除此以外,被看作是在山西省内发生的强暴妇女事件的被害人也亮相了。既然起初是将战后的残留山西作为主题,如果拿出了是战前的发生事件,那么具有说服力的关联性,在剧中不恰如其分地描写是不行的。被强迫残留的“蚂蚁兵”,在战前也被强迫进行了刺杀训练之类肮脏勾当,若是此举含有这样意义的话,(作为史实的是非姑且不谈),那么也就能够理解(导演的)用意了。可是,部队、场所、时间这些都与(残留)没有关系,却突出了奥村先生完全没有参与的强暴妇女事件。
    事实上,奥村先生结识了相同的事件里的其他被害女性,好像具有这样的关系,即支援了在日本要求赔偿诉讼组织。可是,仅仅在影片里举出的理由并没有被描写,不可否认的是给人留下了文不对题的印象。而且即使读了本书也不能消除这一疑问。结果让人感到的只能是,在影片的情节上,勉强地加上如下之类的逻辑,即“日军士兵(=蚂蚁兵)是被害者,而同时也是加害者”。如果是在20年前,还是能够接受的,可在今天,就落后于时代,确实有点陈旧感。
    而且,如果说人心原本是复杂的之类的话语,是有些陈腐,但是,读后还是能够指出奥村先生的心情给人以一种不协调的感觉。他是长年从事中国贸易的日中友好人士,把过去的战争作为“日本帝国主义发动的侵略战争”、“中国人民进行的抗日战争”而揪住不放,是个具有古典左翼思想的人。可是,他亲身经历的残留山西事件的本身,就动摇了他那样单纯的观点。如果没有亲日的土壤,残留山西是不可能实现的,虽然(残留山西)的情况各异,但总的说来是因为两国有为的青壮年携起手来,赌注了自己的人生,这一点是确信无疑的。在这一点上,奥村先生不是中国归还者联络会激进的一分子,他也是一个拘泥于帝国陆军士兵的风度的人物。奥村先生是不是就过去的战争以及对中国的思念,也包括自身所处的位置还没有进行整理呢?而给人以不协调印象的,不仅仅是他发言的内容,在文章的构成里面也纯粹能够看到这种不协调,这就暗示了由于编辑的整理而带来的作用。
    而对于池谷导演来说,正是他制作了作为反日影片的情节,他是作为这样的始作俑者而遭到批判的。可是在本书里自白的却为,池谷导演在中国当地,咬住奥村不放,咆哮道:为什么要追悼中共军战死者,却不去追悼死去的战友呢?池谷导演当然不是中国御用的推销员,不能认为这样的导演愿意制作陈腐的反日影片。总而言之,在推进设计的过程中,有很多地方是必须取得中共和日中友好组织关照的。作为本书共同作者的酒井先生,是奥村和池谷这两方的中介人,他担任日中友好协会的事务局长,这从本书的发言部分也能够看出他是老型亲中派人士。为了在制作影片时得到必要的协助(从中国当地的拍摄许可到提供资金以及方便), 不难想象中国方面的逻辑还是起了决定性的作用吧。
    为了拍摄引人注目的纪录片,作为其手段,池谷导演是不会考虑拘泥于政治方面的姿态的吧!他本人对政治没有兴趣,而作为与中国相关的主题,像《蚂蚁兵》以及《延安的女儿》(以前的作品)这样的、对被政治玩弄的个人生活方式,好像正是他感兴趣的内容。这种模样的池谷导演,将奥村先生的人生和个性的规模升格扩大,在要拍成电影的时候,如果是完全没有必要考虑对中国方面关照的话,那么,(池谷导演他)本人把处于摇摆不定位置上的奥村先生的姿态作为轴线,是不是就能够制作出来没有被更深刻更浓厚地奚落为大部头的反日影片呢?正是在那个时候,刺杀训练以及强暴妇女事件这类负面部分也就应该增强了它的效果。事实是反日性质的场景与其捕捉方式是反日性质的手法,这两方面似乎是相似的,但是却有天壤之别。因为一方面是史实的叙述,而另一方面是进行宣传,这对于(看电影的)当事者来说,是不能够把它们区别开来的。
    池谷导演虽然把他与奥村先生的关系甚至表达为“共犯关系”的地步,挺起胸脯可以说走到了那一步,但是,也不能认为在影片里,他们两个人沉思的表情被表达出来了。各种各样的妥协导致了消化不良,在本书里就能窥见其一斑

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*