宣撫官が書き残した日本軍の非違行為


このページには、未成年者が閲覧するのにふさわしくない残酷な写真や表現、または性的な情報が含まれています。未成年者の方は、必ず保護者の方の了解を得た上で閲覧してください。

日華事変では、占領地の人心掌握と行政指導のために、多くの邦人青壮年が大陸に渡った。”武器なき戦士”と呼ばれた宣撫官である。

宣撫官は、純粋に民間人として志願した者や、大陸で現地除隊後に再就職した者など様々であったが、程度の差こそあれ、大東亜建設、日華提携を志して不便な生活を肯じたことには違いはない。自分の意志とは無関係に大陸へ出征させられた将兵に比較して、中国民衆に対する理解も深かった。

ただ、彼らは身分上は軍属もしくは中国行政機関職員として奉職しており、邦人として大東亜建設を共通の目標としていても、占領地の警備を担当する日本軍とは地位も職責も異なる立場にあった。そもそも作戦行動は民間の事情で左右されるべき性質のものではない。軍が行動するにあたって、必ずしも宣撫官の事情に配慮が払われるというものではなかった。一方で住民からは日本軍と同一視されて畏怖警戒され、軍への唯一の窓口として様々な折衝を依頼される。職責と理想のために、彼らは両者の間で板挟みとなった。

山西省において宣撫官として奉職した者たちの回顧録『黄土の群像』には、宣撫官が職務を遂行するにあたって直面したさまざまなエピソードが綴られているが、そのなかに日本軍の非違行為に苦慮した回想がある。非違行為は当事者である将兵から公に語られることはない。一方で、このようなテーマは格好の材料として、戦後、政治的なプロパガンダによって誇張されてきた。以下は、第三者的立場にある邦人宣撫官による回想だ。

I宣撫官(第百八師団宣撫班)
― 1938年(昭和13年)12月頃 ― 〔作戦中〕この山裾の土門村で意外な出来事を見た。当時捕虜や投降して来た中国兵を集めて皇協軍なる隊を作り、日本軍の作戦警備に協力させていた。これは後の県警備隊になるのだが、その中の一人が病気になり動けないという理由で銃殺されてしまった。私は目前で人が人を殺す現場を始めて見た。同僚の中国兵にやれと言ったが拒否された日本兵は、その病兵の後頭部に銃口をつきつけて撃った。銃声と共に目をつぶったが、何か白いものが飛び散った。…臨汾に到着して数日後、この集団は反乱を起こし日本軍の指導者を撃って逃亡した。「好人不当兵」ともいえそうなこの集団の連中も、目前で自分達の仲間が外国人に虫けらの如く殺されるのを見ては、我慢が出来なかったのであろう。
(182頁)
Y宣撫官(遼県公署顧問)
― 1941年(昭和16年)10月頃 ― 今だからいえる事件は、自分が遼県に着任してから一年位たった或る日、軍の食堂に使用していた雑役夫が突然姿をくらます…実はその雑役夫が敵の将校の密偵であった。…逃亡した者の家族と親類の者達を捕え城門の下にその罪状を書き、首まで生埋めにした。その晩、敵がその者達を救いに来て五人のうち三人は逃亡、残り二人のうち一名も逃げられる寸前だった者を捕え、翌日民衆の目の前で八裂の刑にする話を聞き、部隊長に中止するよう何回も申し入れたが聞き入られず、とうとう八裂の刑を実行した。
その行為をした者は、部隊の中でも鬼大尉とおそれられた山本大尉と内地から来た若い士官学校出の杉浦という少尉とその部下の者達。
皆さん方は八裂の刑を聞いたことがありますか、見た者は少ないだろう。或いは私一人かも知れない。一方の足を立木に縛り、一方の足を蛮馬の鞍に結び蛮馬の背を棒でなぐるので馬が走りだす。リンチを受ける者は無意識にアイヤアイヤ悲鳴をあげる。そのうち片足は股の付根から抜け肉はぴくぴく痙攣する。そのむごさ、その仕うちに憤りさえ感じた。そればかりか、意識不明になっている者の首を、押切で切断してしまった。何たる悲業ぞ。日本軍人のなすべきことではない。民衆は何と感じたことか?
然しそうした非業を行った方々は、天罰覿面というか、最後は討伐にゆき戦死してしまった。
(225頁)
K宣撫官(介休県公署顧問)
― 1941年(昭和16年)~1942年(昭和17年)頃 ― 或る日治安地区の拡大と雑穀収集の目的で、県保安隊一個中隊と日本軍一個小隊、それに荷馬車百五十台をつれて暁を突いて接敵地区へはいってゆき、いろいろな工作を終えて帰ろうとすると、村長が泣きながらかけこんで来た。日本兵が民家に入って掠奪をしているという。軍から三悪(焼くな、殺すな、犯すな)追放の令が出ているのに何としたことかと、いっさにかけつけると兵隊が三人、箪笥、長持は引っくり返され、毛皮や貴金属類をとられ娘と老婆は”アイヨー、アイヨー”と泣きさけんでいる。”こら何をする!”と突きとばし、はずかしいと思わんかとどなった。”なにい”といったがあとの言葉が出ず、宣撫官の赤い腕章を見てまっさおになる。八円八十銭の俸給では遊ぶわけにはゆかず、これらの品で”たまり”へ行って遊ぶのだが、ここは敵の密偵の情報網であったことを知りぞっとした。
(242頁)
K宣撫官(安澤県公署顧問)
― 1944年(昭和19年)頃 ― 安沢県の東南部、大行山脈の中に日本軍の一ヶ中隊がいた。治安が悪く、隊長は万大尉(青森県人)。或る日の夕方近い頃だった、土民が息をはずませ至急便(鶏の羽毛をつけてある)を持参し、日本軍が娘二人を討伐帰りにつれて行った。何とか助けてくれとの事。ここで少しはなれた小山の上の日本軍の小隊長に連絡、万隊長に娘の事で今からすぐ知事と共に行くので、娘に手をかけずにくれと無電を打ってもらった。保安隊十四、五名と知事と私は、馬を飛ばし八路軍の地区をまっしぐらに通り抜け、中隊本部に夜九時頃到着。万隊長に面会、敵地区から連れて来たから良いではないかと言うので「隊長それは違っている。敵地区を治安地区にするのが貴官の任務ではないか、将来その地区が治安地区になるかならないかは、この娘を返すか返さないかですよ。又もし治安地区になった時、この娘の親達はどんなに嘆くことか、そこをよく考えて下さい。武力ばかりで中国が言うなりになりますか。貴官は大学出のインテリと聞いています。私共は日本軍の武力の庇護の下であることは勿論であるけれど、武力なしで中国の建設の為、東亜共栄圏達成のため来ているのです。見も知らぬ娘二人の為命がけで十五粁の夜道を、しかも八路軍の中を来たことを考えて下さい。この荒涼たる山の中で若い兵隊が女を欲しがるのはわかります。私が責任をもって二週間以内で二人の慰安婦をお送りします。」それから色々の話をした結果、娘を返し酒盛りとなった。
(302頁)

このような非違行為は、国軍の恥であり、軍法による処分の対象であって、建前として厳禁されていた。将兵の心情としても概ねそうであった。その上で、百三十人もの関係者が寄稿し、総頁数が800ページ以上に及ぶ大著に、最大十万人に及んだ山西駐留日本軍の非違行為について記述したのはこの程度であったことは記憶されてよい。すなわち、戦場におけるこのような非違行為は、市井において起きる犯罪と同じ程度であったということだ。

ようするに組織である以上、愚か者や変質者は必ず存在した。どのような環境であれ、そのような者にタイミングが与えられると、このような非違行為は生じ得るのである。

興晋会編『黄土の群像』1983年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000253.html

Related Posts

  • 犯罪嗜好的な”加害体験談”2005年5月8日 犯罪嗜好的な”加害体験談” よく戦争は人を狂わすという。ある意味で正しいが、それを前提に戦地にいる日本人全員が非道に変わり得るという考えは危険だ。 […]
  • 歴史の闇に埋もれた陽高事件2007年1月6日 歴史の闇に埋もれた陽高事件 陽高事件はチャハル作戦で関東軍が山西省北部で引き起こした虐殺事件だ。しかし事件は訴追されることなく歴史の闇に消えた。東条英機の戦争責任に関連して秦郁彦氏が光をあてたが、事件の詳細 […]
  • 寧武県城で起きたとされる虐殺事件2005年2月19日 寧武県城で起きたとされる虐殺事件 寧武で日本軍が四千人以上に上る住民と避難民を殺害したとされる寧武虐殺。しかしその主張を裏付けるものはない。敗残兵による掠奪や暴行、それに入城後に警備を担当した日本軍による便衣狩り […]

3 thoughts on “宣撫官が書き残した日本軍の非違行為

  1. 中国山西大同  陳尚士

    宣抚官笔下的日军非法行为
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyamada.com/
    芦沟桥事变之后,为了掌握占领地的人心和指导行政,很多日本青壮年奔赴大陆,这些人被称作“没有武器的战士”——宣抚官。
    宣抚官纯粹是由作为民间人士的志愿者、以及在大陆退伍后又在当地就业的人等担任,人员复杂多样,五华八门。虽然他们程度有差别,但在立志于东亚的建设、日中之提携、认可生活的不便上是没有差别的。这与跟自己意志无关的,被迫出征于大陆的将士们相比,他们对于中国民众的理解也是深刻的。
    他们只是以文职人员或中国政府机关职员身份而供职的。他们作为日本人,即使以建设大东亚为共同目标,可与担当占领地警备的日军相比,在地位和职责上处于不同立场。作战行动的性质,毕竟不该以民间的情势来左右,当采取军事行动时,未必会照顾到宣抚官的情况。另一方面,居民们同样把他们看作日军而畏惧,内存戒心。作为与军队打交道的唯一窗口,居民们委托他们向军队进行各种各样的交涉。缘于职责和理想,他们在两者之间左右为难。
    在作为山西省的宣抚官而供职人员的回忆录——《黄土的群像》里,记载着宣抚官在执行公务时所面临的各种事情,那里边有为日军非法行为而苦恼和焦虑的回忆。当事者的将士是不会公开讲述其非法行为的。另一方面,像这样的主题,作为外在的形态材料,在战后由于政治上的宣传而被夸大了。以下是来自处于第三者立场的日本人宣抚官的回忆。
    I宣抚班(第108师团宣抚班)
    ——1938年(昭和13年)12月前后—— (作战中)在这个山麓的土门村,我看到了一件意想不到的事情。当时,(日军)把俘虏以及投降过来的中国兵集中起来,编成皇协军的一部,让他们协助日军作战时的警备工作。这些人后来就演变成了县警备队。可是那里边的一个人生病了,他被以不能动弹为理由给枪杀了。我第一次目睹了人杀人的现场,日本兵叫病人的同伴中国兵来干,但被拒绝了,于是这个日本兵将枪口放在那个病兵的后脑勺开了枪,我闭上了眼睛,白色之类的东西在飞溅……。在到达临汾的数日后,这个集团就发生了叛乱,他们杀死日军的指挥官后就逃亡了。似乎在说“好人不当兵”的这个集团的一伙人,也对目睹自己的伙伴被外国人如同蝼蚁一样杀掉而忍无可忍了吧! (128页)
    Y宣抚官(辽县公署顾问)
    ——1941年(昭和13年)12月前后—— 有件在今天能够说出来的事情,在我到辽县上任之后一年的某一天,雇用在军用食堂打杂工的一个人,突然隐藏起来不露面了……,实际上这个人是敌人指挥官的一个密探……。(日军)把逃亡者的家属和亲戚抓捕起来,在城门下布告其罪状,把他们活埋至脖颈处。那天晚上,敌人来营救他们,5 个人里边有3 个逃走,剩下两个人里的其中之一,在眼看就能逃走的时候又被抓住了。第二天,我听说要在众目暌暌之下将其处以“八裂之刑”。我向部队长官多次提出请求,希望中止行刑,可是他们听不进去,最终他们还是实施了八裂之刑。
    大家听说过八裂之刑吗?见过的人大概很少吧!也许只有我一个人看见过。那就是将犯人的一只脚捆绑在木柱上,将另一只脚拴在烈马的马鞍上,再用棍子击打马匹的屁股,马就会跑起来。遭受私刑者无意识地“啊呀!啊呀!”发出悲鸣。不一回儿一条腿从打腿跟部被拽下来,肌肉哆哆嗦嗦地痉挛着。不仅如此,还把失去意识者的头颅用铡刀切下来。这是多么忍惨的事情呀!这不是日本军队应该做的事情,民众对此会有何感想呢? (225页)
    K宣抚官(介休县公署顾问)
    —–1941年—1942 年(昭和16—17年)前后—— 有一天,日军为了扩大占领区以及收集杂粮,县保安队的一个中队和日军的一个小队,带着150辆马车,趁着黎明时分的夜色掩护,进入了与敌人接壤的地区,在完成了各方面的工作,将要回归的时候,村长哭泣着跑了过来,他说日本兵闯进了民家进行了掠夺。而军队已经下达了铲除三恶(不许杀人、不许放火、不许强奸)的命令呀,我问他干了些什么?他说三个日本兵一溜烟跑进来,翻箱倒柜,把皮毛以及贵重金属之类的东西抢去了,女儿和老婆“哎吆、哎吆”地哭喊着顶撞,“干什么呀!成何体统?”大声斥责他们不觉得羞耻吗?我说了一句“什么?”可这个村长就再也没有后话了,他看见我戴着宣抚官的红色袖章,脸色变得苍白。(日军)凭8元8角薪俸是不能游玩的(逛妓院),他们是用这些物品去“某处”游玩的,可是那些地方是有敌人的密探网络的,我知道了这些情况后,不禁毛骨悚然。 (242页)
    K宣抚官(安泽县公署顾问)
    ——1944年(昭和19年)前后—— 安泽县的东南部的太行山里,驻扎有日军的一个中队,这里的治安很糟糕,万大尉(青森县人)任中队长。某一天接近傍晚的时分,一个农民喘着粗气,拿着一封快信交给我(上边插着鸡毛),据信中说日军带走两个花姑娘,作为讨伐的成果回去了,说什么也要让我帮忙解救她们。为此,我与离这里不远的小山上的日军小队长联系,让小队长电告中队长,说因为花姑娘的事情,我这个宣抚官现在就与知事(县长)一起去他那里,请他不要对花姑娘动手。十四、五名保安队员、县长和我,骑马一阵猛奔,通过了八路军的防区,晚上9 点左右到达了中队的本部。与万队长见面后,我说花姑娘是从敌占区带来的,这合适吗?我对他说:“队长,这件事不对头吧!把敌占区当作治安区(即日军所占的地区——译者注)是贵官的任务,将来那个地区能否成为治安区,就取决于贵官能否送还这两个花姑娘了,另外,那个地区成为治安区的时候,这些花姑娘的亲属会有什么样的感叹呢?请贵官慎重考虑这些问题,中国是不会光凭武力就能征服摆布的,我听说贵官是大学出身的知识分子,我们是在日军的武力庇护下生存的,这是的事实,可我们是不以武力来建设中国的,为达成东亚共荣圈而来的。为了两个素不相识的两个花姑娘,我搭上性命跑了15公里夜路,而且还请你考虑这里是八路军的腹地。在这么荒凉的山中,我明白年轻的士兵对女性的欲望,我负责在两周之内,另送两个慰安妇给你们。”最后,多方交谈的结果是吃顿酒席放人。 (302页)
    像这样的不法行为,即是国家军队的耻辱,又是按照军法处分的对象,在建前就被严禁了。作为将士们的心情,似乎是个大概。在这个问题上,多达130余人寄来了稿件,在这个总页数多达800页以上的大作里,记述了最多达10万人的留驻山西日军的不法行为,这种程度的记述,值得记忆。也就是说,处于战场上的这类不法行为,与市井发生的犯罪,(在性质上)是同等程度的犯罪。
    总而言之,既然是个组织,就必然会存在糊涂人和变质者,不管是什么样的环境,那类人一旦得到了机会,就会产生这样的不法行为。

    Reply
  2. ztton

    こんにちは。このサイトは大変充実していて勉強になります。
    ここに書くべきコメントではないかもしれませんが、
    山西省の日本軍の非違行為に焦点を当てた『黄土の村の性暴力―大娘たちの戦争は終わらない』という書籍がありますが、
    yama様はどのように評価されますでしょうか?

    Reply
  3. yama

    zttonさま
    ご質問の本は読んでいませんが、内容については、山西省中部の孟県で起きたとされる日本軍による婦女暴行監禁事件について採り上げているものかと思います。この事件は、被害者が日本で訴訟を起こしたもので、十年程前から日本の左翼学者・団体がこぞって採り上げてきた事例です。
    この種の事件の被害者が名乗り出にくいというのはあるでしょうが、それにしても孟県の事件については、日本における取り扱い方がちょっと異常に感じます。これを題材にした論文が多数あるのですが、それぞれ著者が異なり、使い古された「材料」と化しています。確か映画「蟻の兵隊」で出てくる被害女性も、この事件の関係者だったかと思います。事件が悲惨なものですから、気分が良いものではありません。私にとっては読む必要が感じられない本です。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*