李夜冰さん [1]


李夜冰さんの生い立ち
李夜冰さんは、1931(民国20年=昭和6)年生まれ。幼い頃から絵に親しみ、油絵を経て、水墨画で斬新な色使いが特徴の独特の画風を築いた。山西省国際交流画院の院長を務め、過去にロンドン、神戸、東京、香港、マカオなどで個展を開催し、海外からも非常に高い評価を得ている。今日では中国山西省を代表する水墨画家だ。

李夜冰さんの故郷・石門村附近の様子。太行山脈の中にある山深い山村に生まれた。(石門村,1997年)

李夜冰さんの故郷・石門村附近の様子。太行山脈の中にある山深い山村に生まれた。(石門村,1997年)

李さんの故郷は、山西省と河北省の境、太行山脈の山奥深くに位置する測魚鎮石門村。村は当時一百世帯三百人ほどの小さな村だった。李さんの父の名前は李子厚さん。村民のほとんどの姓は李で、村の土地の約三分の二以上の土地を父が所有していた。いわゆる「地主」だが、むしろ村老と呼んだ方がしっくりくる。

李さんが四歳のころ、1935(昭和10)年くらいから、李さんの村に共産党が進出してきた。貧しい山村だ。父は共産党を受け入れた。「革命」に希望を抱いていたのか、当初から積極的に協力して労苦を惜しまなかったという。そのため、彼らの信頼を得たという。

日華事変の勃発
それから二年後の1937(昭和12)年7月、日中両軍が武力衝突し、戦争が始まった。瞬く間に周辺地域を制圧した日本軍は、10月初めより、河北省の石家庄から山西省に侵攻してきた。そして娘子関を日本軍が占領した10月26日と28日の両日、石門村の隣の七亘村で、中共軍が日本軍を待ち伏せ攻撃して勝利をおさめる出来事が起きた。これを中国側では「七亘大捷」と呼び、平型関の戦い以来の二度目の中共軍による勝利として喧伝された(*1)

この「七亘大捷」の二日前のこと。石門村に日本軍が近づいてきたため、李さん一家は隣村の父の親族とともに避難することとなった。まだ六歳だった李さんは、大人に抱き抱えられて避難することになった。一行は必要な荷物を手に、避難先である昔陽県の人家脳村へと出発した。この際、既に前方に日本軍が来ているかもしれないため、三十歳前後の村民の男性が安全を確かめるために先に出発した。

一行が村を出てしばらく行くと、先ほど村を出た彼が布団を腹に捲いて戻ってきた。布団が血だらけだ。腹から血を流していた。聞くと、道を歩いていたら日本兵に出会い、いきなり腹を銃剣で刺されたという。布団を傷口に捲いて止血しながら必死に逃げ戻ってきたところに一行と出会ったのだった。左腹から右腹にかけて突き刺されて重傷だったが、幸いにも死には至らず、避難先での介抱によって徐々に傷も快復していった。そして昔陽の人家脳村へ着き、しばらく経つと、戦闘も終結したとの情報が耳に入ってきた。そこで一行は村に戻ることに決めた。

(*1)「七亘大捷」についての詳細はこちらのコラムを参照。

日本人の顔は黒い?
人家脳村から石門村へ戻ると、村の入り口にあった石門が破壊されていた。村名の由来になっていた昔からある見事な石門だった。村に残っていた人の話によれば、日本軍が石門村を通過した際、爆薬で破壊したという。荷物を家に置いて一段落すると、村民たちは戦闘があった谷の方を見に行ってみた。李さんも家族に連れられて見に行った。

谷にはまだ日本兵と思われる遺体が何体か残っていた。戦闘が終結してから少し日が経ったためか、遺体は腐敗し始めていて、みな顔が黒くなっていた。このとき李さんは子供心に「日本人というのは顔が黒いのか」と思ったという。日本軍が遺棄していった駱駝や馬もまだそのままだった。村民たちは死んだ軍馬を村に運び、それぞれの家庭に解体して分けて食べたという。

日本軍の攻撃対象となった「老解放村」
日本軍が石門村を通過して以降、周辺の村々はすべて一応は日本軍の勢力圏内に入ったかたちになった。しかし、その殆どの村が、昼は出動してきた日本軍が休息し、反対に夜は進出してきた中共軍が駐屯するという二重の顔を持っていた。そのため、大概の村では村長にどちらにも顔の効く人が選ばれていた。しかし石門村だけはそのようなことがなかった。中共勢力下の完全な「解放村」、しかも戦前から中共支配下にある「老解放村」だったからだ。

李さんの息子夫妻と石門村を訪れた際に村長宅にて。(石門村,1997年)

李さんの息子夫妻と石門村を訪れた際に村長宅にて。(石門村,1997年)

そんな石門村への日本軍の討伐は厳しく、二日~三日に一度、多いときは一日に数回も日本軍がやってきたという。そのため石門村では、普段は山の上に交代で見張りを立てておき、日本軍が来るとすぐ村に知らせるようにしていた。そして村民は大きな麻袋を用意し、あらかじめその中に服や貴重品などを入れてすぐ持ち出せるようにしていた。このような対策によって、石門村では地元”漢奸”の手引きで日本軍が村にやってきても、日本軍が到着する前にはすでに村民全員が山の中へ避難することができていた。

しかし、しばらくすると、日本軍は直接村に来るのではなく、周囲の山に部隊を展開して退路を断ったのちに村へ入って来るようになった。そのため、1938(昭和13)年のある時には、日本軍の襲来にほとんどの村民が避難できたが、逃げ遅れた老婆三人のうち二人が殺害される痛ましい出来事があった。ふたりの老婆は避難するのが間に合わず、仕方なく自宅の裏の墓の中に隠れたようだ。村にやってきた日本兵は、村中をくまなく探し、やがて墓の中に隠れていたふたりを見つけた。日本兵はふたりを墓から引きずり出すと、彼女らを銃剣で刺し、その後、村の各家にガソリンを撒いて火を放っていったという。山の上から一部始終を見ていたという村民の話だ。

石門村はすべての住居が「窯洞」だった(*2)。そのため、普通に火を放っても十分ではないと考えてガソリンを使ったのかもしれない。火を放たれた屋内は完全に燃やされ、住居そのものも痛んでしまい、住めなくなった。石門村の村民はみな家をなくし、一から再建したという。

1940(昭和15)年に入ると、中共根拠地として有名な測魚鎮に対する日本軍の討伐もますます厳しくなった。次第に飛行機による偵察や爆弾投下と連携した攻撃もしばしば行われるようになった。当時の石門村には、抗日政府の県長が三人も住んでいたから大変だ。日本軍は石門村めがけて山の上から包囲して攻撃してきた。

ある時、犬をつれて山へ逃げた村民のひとりが、自分の飼い犬の鳴き声で日本兵に隠れているところを見つかって亡くなった。このため、抗日政府の方から安全のために村のすべての飼い犬を処分するようにとの指示が出た。それくらいに日本軍の討伐が激しかった。石門村では八年間の戦争中、日本軍の攻撃によって数名の村民が亡くなり、六人ほどが行方不明になっている(*3)

(*2)「窯洞」は中国語でYao Tong(ヤオトン)と読む。山の斜面に横穴を掘り、半円形の内部に内装を施した住まい。険しい山岳地帯の地形を生かしており、寒暖差の激しい山地において、夏は涼しく、冬は暖かい構造になっている。
(*3)石門村付近は深い山奥にあってゲリラの活動に有利で、北約七十キロの井径には良質の石炭を産出する井径炭坑(井径新坑、井径本坑、陽井炭坑の三つ)があったことから、日本軍の討伐は激しいものとなった。特に1940(昭和15)年の夏から秋にかけては中共の「百団大戦」によって日本側の損害が続出、井径炭坑では設備が徹底的に破壊されたため、日本軍も付近一帯の警備・討伐を強化した。

→Next // 李夜冰さん [2]

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000011.html

Related Posts

One thought on “李夜冰さん [1]

  1. 山西大同陈尚士

    李夜冰先生的战争体验谈(一)
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    李夜冰先生
    李先生的故乡石门村,在中日事变之前,就是纳入共产党统治下的“老解放村”。中日事件以后,这里被作为敌对性地区的中共据点,遭到日军的讨伐,每当遇到这种情况,他就离开村子避难。
    1942年(昭和17年),他进入中共的抗日学校,在躲避日军的讨伐,不断转移的学校生活里学习绘画,他一边学习,一边干农活以及进行地雷的制作。还有几名同学丧失了性命。
    李夜冰先生的成长经历
    李夜冰先生出生于1931年(民国20年=昭和6年),从年幼时起,就喜好绘画,他经历了油画,在水墨画方面,采用了新颖的色彩,构建了特征独特的画风。他担任山西省国际交流画院的院长,曾经在伦敦、神户、东京、香港、澳门等地举办个人画展,也得到了来自海外很高的评价。是代表当今中国山西省的水墨画家。
    这是李夜冰先生的故乡,石门村附近的景象。
    他出生在位于太行山脉中段的深山的山村。(石门村,1997年)
    李先生的故乡位于山西省与河北省的交界,太行山脉的深处的测鱼镇石门村,当时这里是一个有100来户300多人的小山村。李先生父亲的名字叫李子厚。大部分村民都姓李,他父亲拥有村里约2∕3以上的土地,虽然是所谓的“地主”,但不如称其为“村长”更为贴切。
    李先生4岁的时候,大概从1935年10月起,共产党进入了李先生的村子,那是一个贫困的山村,他父亲接受了共产党,也许是对“革命”抱有希望吧,据说从一开始就积极地合作,不惜劳苦。正因为这样,得到了他们的信任。
    中日事变的爆发
    过了两年之后的1937年(昭和12年)7月,中日两军发上了冲突,战争开始了。转眼之间就政征服了周边地区的日军,从10月初开始,由河北省的石家庄向山西省发起了进攻。接着,就在日军占领了娘子关的10月26日和28日,发生了中共军在石门村附近的七亘村伏击了日军、取得了胜利的事端。中国方面将这一胜利称为“七艮大捷(注1)”,这是作为平型关战斗以来的、由中共军主导的第二次胜利而加以宣传。
    就在这个“七亘大捷”的前两天,日军就已经接近了石门村,为此,李先生一家和邻村的父系亲属一起,决定去避难。还是6岁的李先生只能被大人抱在怀里去避难,一行人手里拿着必要的东西,向避难的地点—昔阳县的人家脑村出发了。因为在这个时候,也许日军已经来到了前边,所以为了确保安全,30岁左右的男性村民先行出发了。
    一行人离开村子,走了不久,一个先行离开村子的人用褥子缠着肚子返回来了。褥子上全是血,一问,他说正在路上走着的时候,遇到了日本兵,冷不防被刺刀刺伤了肚子。他用褥子缠住伤口,一边止血一边拼命地逃了回来的时候,碰到了他们一行人。虽然是从左腹到右腹的重伤,但幸好不至于死,由于在避难地的照料,伤痛慢慢地痊愈了。就这样,他们到达昔阳的人家脑村,过了不久,又听到了战斗结束的消息。因此,一行人决定返回村庄。
    (注1)关于“七亘大捷”的详细情况,请参阅“七亘大捷”的真相
    日本人的颜面是黑的?
    由人家脑村返回石门村的时候,位于村口的石门被破坏了。那个石门就是成为村名由来的、从过去就有的漂亮石门。据留在村子里的人说,日军通过石门村到时候,用炸药破坏了。返回来的人们把行李放在家里,过了一段时间,村民们去发生过战斗的山谷那边观望,李先生也被家里人带着去观望了。
    山谷里,还残留着几具被认为是日本兵的遗体,战斗结束之后,是不是过了一些日子的缘故呢?遗体开始了腐败,脸面都变得发黑了。据说那个时候,李先生的心目中认为“所说的日本人,脸面是黑的吗”,日军遗弃下来的骆驼以及马屁也还原封不动地倒在地上,据说村民们将死去的军马运到村里,肢解后分发到各家食用了。
    成为日军攻击对象的“老解放村”
    日军通过石门村之后,周边的村庄大致都变成了进入日军势力范围的状态,但是,其中大部分的村庄拥有两幅面孔,即白天是出动的日军的休息场所,夜间与之相反,是中共军进入驻屯。因此,大部分的村庄全是对两面都有脸面的人被选为了村长。但是只有石门村没有那样做,因为这里是中共势力下的完全“解放村”,而且,从战前起,就是处于中共统治下的“老解放村”。
    在访问李先生的儿子和儿媳以及石门村的时候,于村长的宅院拍摄(石门村,1997年)
    日军对这样的石门村的讨伐是严厉的,据说两到三天进行一次,多的时候,日军一天来好几回。因此,石门村平常就在山上设置交替值班的岗哨,日军一来,就能够做到立即通知村庄。而且,村民们准备好打麻袋,事先在那里边放好衣服以及贵重品,做到了马上就能拿走。由于这样的对策,在石门村,即使当地的“汉奸”引路来到村里,全体村民也能够在日军到达之前,到山里避难。
    石门村的全部居室都是“窑洞” (注2),因此,也许是考虑到即使一般的放火也不足以摧毁而使用了汽油。被放火的室内完全燃烧,住宅本身也受损,变得不能够居住了。据说石门村的村民都失去了家,得重新开始再建。
    一进入1940年(昭和15年),日军对作为中共根据地而闻名的测鱼镇的讨伐也越来越严厉起来了。渐渐地依靠飞机的侦察以及投弹的联合攻击,也变得经常化了。当时的石门村住着三个抗日的县长,所以可了不得,日军以石门村为目标,从山上包围起来攻击。
    有时候,某个村民带着狗逃到山里,因自己养的狗发出吠声,被日本兵发现了藏身之处而被处死。为此,抗日政府一方为安全起见,发出了指示,希望处置村里的全部养狗。日军的讨伐到了那种激烈的地步。在石门村8年的战争中,由于日军的攻击而有数名村民死亡。有6人去向不明(注3)。
    (注2)“窑洞”汉语读作Yao Tong(ヤオトン),在山坡上横挖出洞窟,在半圆形的内部施以装饰的居室。窑洞利用了险峻的山岳地带的地形,在寒冷差别显著的山地,成为冬暖夏凉的建筑。
    (注3)石门村附近有深山,所以有利于游击活动,在其北边约70公里的井径,因为有出产优质煤炭的井径煤矿(井径新矿、井径总矿、陽井煤矿三处),所以日军的讨伐是激烈的。特别是1940年(昭和15年)从夏到秋,由于中共的“百团大战”,日本方面不断地出现损失,因为井径煤矿设备被彻底地破坏,所以,日军也强化了附近一带的警备和讨伐。
    未完待续

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*