関参電第287号


9月13日付の関参電第287号(アジア歴史資料センター Ref:C04012568700)

9月13日付の関参電第287号(アジア歴史資料センター Ref:C04012568700)

日本軍が多数の住民を虐殺したとされる陽高事件。陽高攻略にあたった日本軍自身が事件の存在を認めている希有なケースである。ところがその経緯と下手人については諸説入り乱れている。戦後、国府に戦犯嫌疑をかけられた野砲兵第四連隊戦友会は、事件は歩兵第三連隊の仕業によるとして、戦闘詳報がねつ造されていたと指弾する。

1937年(昭和12年)9月13日付の関参電第287号には、10日までの間に判明した東條兵団による陽高攻略の死傷者数を「本多旅団戦死27(内将校1)、戦傷86(内将校5)」として、それ以外の篠原旅団などの損害は(ゼロとして)記載していない。篠原旅団は戦闘に参加していないことを示唆している。この点で、事件を報じた畠山清行氏も秦郁彦氏も、作戦の経緯を解説する防衛庁の『戦史叢書』も、篠原旅団の参戦を記載している点で誤りとなる。彼らはいずれも当時の戦闘詳報をもとに戦史を記述したはずだ。野四戦友会のねつ造の主張が正しいことを示唆している。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000367.html

Related Posts

  • 松井忠雄の”断筆”2007年3月17日 松井忠雄の”断筆”
  • 歴史の闇に埋もれた陽高事件2007年1月6日 歴史の闇に埋もれた陽高事件 陽高事件はチャハル作戦で関東軍が山西省北部で引き起こした虐殺事件だ。しかし事件は訴追されることなく歴史の闇に消えた。東条英機の戦争責任に関連して秦郁彦氏が光をあてたが、事件の詳細 […]
  • 寧武県城で起きたとされる虐殺事件2005年2月19日 寧武県城で起きたとされる虐殺事件 寧武で日本軍が四千人以上に上る住民と避難民を殺害したとされる寧武虐殺。しかしその主張を裏付けるものはない。敗残兵による掠奪や暴行、それに入城後に警備を担当した日本軍による便衣狩り […]