松井忠雄の”断筆”


関東軍で内蒙工作を担当した松井忠雄。著書『内蒙三国志』は、世に知られていなかった辺境の謀略工作について(上官である田中隆吉の不甲斐なさを含めて)、きわめて率直に、赤裸々に綴っている。貴重な歴史の証言であり、読み物としてもおもしろい。

『内蒙三国志』

『内蒙三国志』

ただ、引っかかることがある。それは、日華事変勃発後、堤支隊の張北進出でピタリとその筆が止まっていることである。一応、内蒙軍の行動経緯についての付記はあるが、結語も何もなく、唐突な終わり方である。とりあえず”断筆”と読んでおこう。

“断筆”だが、「原書房100冊選書」と冠してあるので、元本があり、再版化にあたって端折った名残なのかとも考えた。念のため、発行元の原書房にも問い合わせをしたが梨の礫だった。初版発行は四十年も前だ。無理もない。

この引っかかりは、チャハルと山西省北部で頻発した虐殺事件との関係で疑惑にかわる。松井は情報将校として東條兵団に従軍している。上官は田中隆吉である。隆吉は、東京裁判において、唯一に近い軍官僚の検察側証人であり、彼の存在が陽高事件の訴追断念に大きく影響している疑惑は秦郁彦氏が指摘するところだ。その上で、松井と隆吉の出身連隊である野砲兵第四連隊は、戦後、陽高虐殺の責任を追求されている。松井は自身が野四のチャハル投入を主張したとしている。そして松井が自著で記述を止めた張北以降は張家口の攻略があり、次いで万全、天鎮、陽高である。チャハルでの虐殺事件は万全で始まっている。

松井は、やや自己憐憫のきらいはあるが、嘘をつく男ではない。チャハル作戦を詳述するならば、彼の性格から虐殺事件に触れないわけにはいかない。ところが、出身連隊である野四は終戦直後に嫌疑をかけられたが一応潔白とされていて、昔話を蒸し返す必要はない。事件の主導を強く疑われる東条英機は刑死しており、死人に鞭打つことを潔しとしない。本書で松井は武藤故人を論う隆吉を非難している。

その上で、松井が軍人として最も栄光を感じたのは内蒙工作における活躍であろう。無天でも中佐まで上がっているので、昭和陸軍においてけして冷遇されたとは言えないが、内蒙時代に比べれば事変以降は閑職で記すこともなかったろう。すべてが書く由なしを示している。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000368.html

Related Posts

  • 歴史の闇に埋もれた陽高事件2007年1月6日 歴史の闇に埋もれた陽高事件 陽高事件はチャハル作戦で関東軍が山西省北部で引き起こした虐殺事件だ。しかし事件は訴追されることなく歴史の闇に消えた。東条英機の戦争責任に関連して秦郁彦氏が光をあてたが、事件の詳細 […]
  • 関参電第287号2007年2月6日 関参電第287号
  • 寧武県城で起きたとされる虐殺事件2005年2月19日 寧武県城で起きたとされる虐殺事件 寧武で日本軍が四千人以上に上る住民と避難民を殺害したとされる寧武虐殺。しかしその主張を裏付けるものはない。敗残兵による掠奪や暴行、それに入城後に警備を担当した日本軍による便衣狩り […]

2 thoughts on “松井忠雄の”断筆”

  1. 槍栗中尉

    個人的に気になるのは東條の
    「貴様は篠塚の甥だ。よし」
    という部分。篠塚といえば義男でしょうが、
    松井は本当に篠塚の親類だったのでしょうか。

    Reply
  2. yama

    槍栗中尉さま
    仰るとおり東条の言い方からして同期生の篠塚義男に間違いないと思われますが、名が「男」と「雄」で共通しておらず、血縁かどうかは分からないですね。婿どうしで甥という言い方はしない気がするので、どちらかが本家の姓だとは思いますが・・・。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*