書評:抗日戦争中、中国共産党はなにをしていたか


八年間にわたる「抗日戦争」において、中共こそが救国を担ったという主張が長年にわたって流布されてきた。しかし、それは嘘である。八年間におよぶ日中間の戦いで、日本軍の矢面に立ったのは常に国府軍だった。そもそも中共指導部に、日本軍に対する抗戦意欲はなかった。中共の至上命題は大陸の覇権を握ることで抗日ではなかったからだ。日本との戦争は国府を追放し、自らが権力を奪取する絶好のチャンスであった。対外的なアナウンスとして抗日を標榜しただけである。

抗日戦争中、中国共産党はなにをしていたか

抗日戦争中、中国共産党はなにをしていたか

本書は、そのような抗日戦争における中共の嘘を赤裸々に暴く書である。本書の価値は、ソースに「秘密資料」のようなものを取り上げず、全て中国国内で刊行された資料、すなわち、中共の公式アナウンスにのみ依拠して論を展開していることにある。美麗字句で綴られた行間から、中共の虚像を見事に描き出している。これは著者である謝幼田が米国に居住する身分であり(現在はフーバー研究所に勤務)、本書の内容が中国政府の許すところではない以上、反共プロパガンダと明確に区別がなされなければならないという点で賢明である。

ただ、ソースを公式史観にのみ依拠することは、インパクトとしての弱さ、読み物としてのおもしろさに限界を感じさせることにもつながる。それは仕方のないことで、その限界は敵である日本側の視点を別に対比させることで補えばよい。とはいえ、それを本書に求めるのは強請りすぎというもので、中国人研究者の手でこのような書が世に出てきたことを、まずは素直に喜びたい。

ひとつ残念なのは、邦訳版の出典が完全ではないことだ。本書は中共抗日史研究の入門書として最適なだけに、出典の明記、ソースの明示については、もっと神経質になるべきだったと思う。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000395.html

Related Posts

  • 中国共産党の”抗日救国” 中国共産党の”抗日救国” 日華事変において、中共こそが救国を担ったという主張が長年にわたって流布されてきた。しかし、それは嘘である。八年間にわたる「抗日戦争」で日本軍の矢面に立ったのは国府軍で中共ではなか […]
  • 八路に扮した益子挺進隊 八路に扮した益子挺進隊 1942年(昭和17年)5月25日、山西省東南部の山中で、八路軍参謀長の左権将軍が戦死した。左権は「抗日戦争」において前線で死亡した最高位の中共幹部だ。左権を討ったのは、八路軍の […]
  • 誇張された「平型関大捷」2007年1月19日 誇張された「平型関大捷」 中共が抗日戦争を語るときに必ず挙げるのが平型関における戦いだ。平型関では日中両軍が激戦を繰り広げたが、日本軍と戦ったのは国民政府軍(山西軍)であって、中共が参戦したのは一局面に過 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*