射撃中の歩兵砲隊


華北戦線,1937年

華北戦線,1937年

手前と奥に口径70ミリの九二式歩兵砲二門が見える。写真右手には双眼鏡を構える人影と測距器を覗く人影が写っている。歩兵砲隊の陣取り方が良く分かる写真だ。

九二式歩兵砲は、平射・曲射が可能な車輪の付いた大砲で、日本陸軍では歩兵大隊に、この大砲二門からなる歩兵砲小隊を設置し、火力支援にあたらせている。

日本陸軍は歩兵火器として墜発式の迫撃砲ではなく、最後まで平射が可能なこの大砲にこだわった。迫撃砲は弾薬消費量から貧乏性の陸軍に受け入れられなかったと言われるが、単に日本陸軍の予想戦場がソ蒙国境の広漠平原にあったことで、直接照準が可能な平射砲にこだわっただけではないか。軽迫撃砲とも言える口径50ミリの擲弾発射筒は、小隊火器としてすでに装備していた。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000249.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*