四川作戦に向けた山岳戦研究


太平洋方面の初戦が一段落した昭和17年(1942年)、中国問題の根本解決を図るべく、重慶を攻略して蒋政権の屈服を目指す四川作戦(五号作戦)が立案された。この四川作戦は、北支那方面軍が長年研究を続けてきた西安作戦を拡大したもので、山西省から黄河を越えて陜西省(西安附近)を占領後、長江からの側撃とともに四川省(重慶・成都)へと攻め込む二段構えの作戦だった。作戦全体での動員予定兵力は十五個師団強、実現すれば国軍史上最大規模となる陸上作戦であった。

(出典:『戦史叢書55 昭和十七、八年の支那派遣軍』,57頁)

(出典:『戦史叢書55 昭和十七、八年の支那派遣軍』,57頁)

この四川作戦において、黄河の渡河と並んで作戦上の課題となるのが、山岳地帯の突破であった。四川と陜西との間に横たわり、古より蜀の地にとって天然の要害として機能してきた秦嶺と巴山の二重の山脈越えである。作戦では、進攻兵団が西安附近の占領と併せて、黄河渡河後にそのまま南下して秦嶺山脈を越え、巴山山脈の隘路口である広元まで、一挙に三百キロもの山岳地帯を突破することが求められていた。この困難極まる山岳戦を担う進行兵団の主力には、山西省で戦ってきた第一軍が予定されていた。

そもそも列島全体が山国である我が国では、平時の部隊演習に山地行軍が求められた。欧州諸国で見られたアルプス猟兵のような特別な山岳部隊は必要とされず、戦時には駄馬編成を充てるなどして対応してきた。第一軍の第三十六師団(雪)、第三十七師団(冬)、第四十一師団(河)の各兵団も駄馬・山砲編成で戦ってきており、特に前年の中原会戦における山岳突破力は高く評価されていた。ところが四川作戦においては従来の延長では対応不十分と考えられた。

というのも、秦嶺山脈は標高三千メートル級の山々が連なる高山地帯であり、巴山山脈は標高は二千メートル級だが、桟道(断崖に架けられた空中木道)で知られるような峻険な地形である。四川と陜西を結ぶ自動車通行可能な道路は、日華事変中に国民政府が開通させた川陜公路一本のみであり、それ以外の山越えの公路や馬車道は限られ、路外での車輌の通行は不可能、徒歩行軍でさえ断崖絶壁で行く手を阻まれた。しかも、当時の兵要地誌では、秦嶺の最高峰である太白山が標高四千メートル以上とかなり高く見積もられており(実際は3760メートルで富士山程度)、日本軍にとって未体験の高山病対策や高地に適した炊事法なども必要と考えられた。そこで第一軍では北支那方面軍とともに、昭和17年(1942年)夏頃より、特別な山岳部隊の編成を含めた山岳戦の研究と教育訓練を開始した。

雲海に浮かぶ秦嶺山脈(Photo by World Wide Fund for Nature)

雲海に浮かぶ秦嶺山脈(Photo by World Wide Fund for Nature)

研究内容は、山岳部隊の編成と装備、山岳地における機甲部隊の運用法、空中補給や空地連携、高山地帯における衛生などだったが、日本陸軍で山岳戦の研究が本格化したのは、南方戦局が悪化した翌年の昭和18年(1943年)からで、手本となるような先行研究に乏しかった。山岳戦について最も豊富な経験と実力を有していたのは第一軍自身という状況下で、その研究はほとんど手探り状態からの開始を余儀なくされたようだ。第一軍では隷下兵団の在隊者のうち、山岳経験者からヒアリングを行って研究の端緒としたという。

主力となる徒歩の山岳部隊については、第三十六師団で試験的に山岳大隊を編成してその運用が研究された。当時の関係者(友近1A高級参謀、笹井1A情報参謀)によれば、この山岳部隊は小諸兵連合部隊の性格を持たせ、駄馬はいっさい使用せず、全部が臂力搬送で対応するものだったという。この試験運用で得られた成果を前提に、同年11月~12月、第一軍は実戦(中共軍の討伐)を兼ねた大規模な山岳演習を山西省の五台山附近で実施した。この演習での部隊編成については詳しい史料が残っている。

それによると、山岳部隊は一個歩兵大隊に、投射小隊一と大隊作業班一を付して編成が予定された。投射小隊とは、迫撃砲で錨綱を断崖上に投射する四門編成のチームで、大隊作業班は、断崖を登攀してルート開拓や偵察にあたる将校を長とする計五名のクライミングチームである。演習では、このような山岳部隊を、第三十六、三十七、四十一の各兵団から二個大隊づつ編成し、計六個大隊の参加を予定した(第四十一師団はすでに第十二軍に転属していたが、この演習に参加している)。このほかに、機甲部隊の山岳突破に関する研究として機械化集成部隊が二個大隊と、迅速な路修のための訓練として乗車工兵が一個連隊、空地連携訓練のために飛行隊が参加することとされた。

一般兵(徒歩行軍の山岳兵)の個人装備については、小銃手の場合、背嚢と後盒と雑納を除く通常装備の外に、水筒、登山杖、綱(長さ十米中径六粍)、小十字鍬もしくは小円匙、地下足袋、防寒装備等を携行し、リュックサックに収納または装着するものとされた。背嚢ではなくリュックサックとしたのは収納容量の問題だろう。地下足袋は難路通過用である。綱(ロープ)が十メートルと短いのは、各人つなぎ合わせて使用するためだが、径が六ミリと細いから補助用で、登攀用には別に十ミリロープが用意されたはずである。また、防寒装備の内訳で防寒外套に打ち消し線が付けられており、機動性の点からか異論が出たようである。

昭和19年(1944年)11月に教育総監部が制定した『山嶽地帯行動ノ参考』に収録されているロープとフットワークの解説図。同教範はポケットサイズだが、クライミングの技術解説も収録された本格的なものである。おそらく、国軍として初めての、そして唯一の本格的な山岳教範と思われる。(出典:『山嶽地帯行動ノ参考』附録85頁、同89頁)

昭和19年(1944年)11月に教育総監部が制定した『山嶽地帯行動ノ参考』に収録されているロープとフットワークの解説図。同教範はポケットサイズだが、クライミングの技術解説も収録された本格的なものである。おそらく、国軍として初めての、そして唯一の本格的な山岳教範と思われる。(出典:『山嶽地帯行動ノ参考』附録85頁、同89頁)

大隊作業班は、このほかに携行資材として麻索投射具と個人登攀装備を装備するものとされた。麻索投射具の詳細については不明だが、専用の機材ではなく、擲弾筒で錨綱を打ち上げる方法などで対応したと思われる。登攀装備については、確保索、岩鶴嘴、岩鉄槌、岩釘、バネ環、作業帯、背負袋、鈎棒、掛綱という内訳になっており、断崖にハーケン類を打ち込んで登攀する本格的なクライミングが想定されていたことが伺える。ゆえにメンバーはクライミングの技能を有する者で編成されたと思われるが、岩壁の人工登攀が黎明期(登山自体が金持ちの趣味)だったこの時代に、一個大隊に五名ものクライミング経験者がいたとは考えづらい。実際には投射具を使用するので、登山経験者か運動神経に優れた者を充てることで対応可能だったのかもしれない。ただ、陸軍戸山学校にクライミングの技術指導をしていた藤木九三は、当時、華北派遣の内命を受けていたと回想している。詳細は明らかにしていないが、話の筋から四川作戦に関する任務であることは間違いない。クライミングの実技指導が予定されていたと思われる。

昭和18年(1943年)8月に木曽駒ヶ岳で行われた山岳演習の様子。垂直に近い断崖を、分解した砲身(重さ100kg近い)を担いで登攀している。木曽駒での演習は山頂に駄馬隊も登頂するという前代未聞の演習だった。制空権のないニューギニア山岳戦を想定した演習だった。日本陸軍での山岳戦研究は、昭和18年(1943年)から本格的に開始され、この木曽駒をはじめ、穂高、八ヶ岳など、各地で幾多の戦技登山演習が実施された。それら成果は、翌年11月の『山嶽地帯行動ノ参考』制定に結実した。(出典:「峻険に挑む戸山学校部隊」アサヒグラフ昭和18年8月25日号所収)

昭和18年(1943年)8月に木曽駒ヶ岳で行われた山岳演習の様子。垂直に近い断崖を、分解した砲身(重さ100kg近い)を担いで登攀している。木曽駒での演習は山頂に駄馬隊も登頂するという前代未聞の演習だった。制空権のないニューギニア山岳戦を想定した演習だった。日本陸軍での山岳戦研究は、昭和18年(1943年)から本格的に開始され、この木曽駒をはじめ、穂高、八ヶ岳など、各地で幾多の戦技登山演習が実施された。それら成果は、翌年11月の『山嶽地帯行動ノ参考』制定に結実した。(出典:「峻険に挑む戸山学校部隊」アサヒグラフ昭和18年8月25日号所収)

演習が行われた五台山付近は、秦嶺山脈に比べて標高で一千メートルほど低いが、同じように地隙と断崖の連続した峻険な地形で、冬季の気温も零下二十度以下に下がる。厳冬期に行われた本演習は、相当の厳しさだったと思われる。その結果についてはつまびらかではないが、関係者が総じて「自信を深めた」と回想していることから、成功裏に終了したと言えるだろう。

四川作戦は、昭和18年(1943年)春の発動を目指して作戦準備が発令され、予算措置も講じられたものの、最終的にはガダルカナル島での敗退を契機とする南方戦局の悪化によって中止のやむなきに至った。現地への正式な中止命令は、五台山付近での演習前後にもたらされた。秦嶺・巴山の山越えに向けて注力してきた第一軍にとっては夢潰え、気勢をそがれた形となった。赴任時に重慶攻略を公言して、五台山演習も統裁した吉本貞一軍司令官の落胆は察するに余りある。

四川作戦は南方戦局のために中止となったが、山岳訓練は皮肉にも南方で活かされることとなった。第四十一師団は東部ニューギニアに、第三十六師団は西部ニューギニアに、同じく山西省で長らく戦い、進攻兵団に予定されていた第二十師団も東部ニューギニアに投入されている。山西の地で戦った歴戦の将兵の多くが、ニューギニアにおける過酷な山岳戦に参加を余儀なくされた。最後まで山西に残った第三十七師団は、一号作戦で大陸を縦断し、華南の山嶺を越えてタイで終戦を迎えている。

防衛庁防衛研修所戦史室編『戦史叢書55 昭和十七、八年の支那派遣軍』朝雲新聞社,1972年
第一軍司令部「山岳演習関係書類綴」1942年 (防衛研究所所蔵)
北支那方面軍参謀部「兵要地誌的体験資料(第二輯 山西省)」1942年 (国立公文書館所蔵)
教育総監部『山嶽地帯行動ノ参考』1944年
友近美晴大佐(第一軍高級参謀)手記、笹井寛一中佐(第一軍参謀)回想 (ともに防衛研究所所蔵)
藤木九三『ある山男の自画像』二見書房,1970年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000400.html

Related Posts

6 thoughts on “四川作戦に向けた山岳戦研究

  1. 岩崎正則

    私の叔父(岩崎健司)が山西省五坪村で、戦死しています。
    どんなところだったか、調べています。興味深く読ませていただいています。

    Reply
  2. yama

    岩崎さま
    ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。叔父様のご冥福をお祈りいたします。叔父様の陣没地ですが、もう少し詳しい住所(県名)と時期が分かれば、当時の状況をお調べすることも可能です。ご希望でしたらご連絡ください。

    Reply
  3. 中国山西大同 陈尚士

    岩崎正則 さん  yama さん
    こんにちは
    私は山西省の各県の地図を詳しく調べました。けれども五坪村という村が見つかりません。今後も留意します。
    ネットワークで河南省に五坪村という地名を見つけました。原文は次のようです。このところは叔父さんが戦死した処かどうかは分かりません。
    新华网河南频道5月27日讯 河南日报报道:(记者汤传稷)10年前,禹州市苌庄乡五坪村一夜之间由一个贫困村变成“小康村”。10年后,这顶“小康村”的帽子让村民们尴尬:想改变贫困现状,却无发展资金;想申请扶贫项目,却自知“没有资格”,大多数村民至今仍生活在贫困之中。近日,记者赴禹州调查,揭开“小康村”十年未脱贫的真相。
    山路崎岖多凶险
    禹州市苌庄乡五坪村是一个偏僻的山村,海拔近800米。进入五坪村,只有一条路,乘车进村像是野外探险。
    5月17日,司机小吕驾驶一辆昌河面包车载着五六个人从山外回村。尽管常年开车上山下山,在山路上驾车的技术已相当熟练了,小吕也丝毫不敢大意,他不停地摁喇叭,因为这路太险了。
    山路陡峭崎岖,路外侧是深沟大壑。路面满是尘土和乱石,坑坑洼洼的。车子颠簸起伏,车过处扬起的尘土如大雾弥漫,将路边的行人完全包裹进去。乘车的人也不轻松,遇上陡坡时感觉车体快直直地竖起来了,下陡坡时又感到车子像要直冲下去,一路上总禁不住提心吊胆地想:万一刹车失灵,可就……
    有10多年驾车经验的郑州司机小张,将车开到山脚下,望着高高的山岭胆怯了,最终他也没敢驾车山。…………..

    Reply
  4. 中国山西大同 陈尚士

    日军向四川进军的山地作战研究
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyamada.com/
    在太平洋方面初期作战告一段落的昭和17年(1942年),为了谋求中国问题的根本解决,制定了攻略重庆,以促使蒋政府屈服为目的的四川作战计划(五号作战)。这个计划是北支那方面军长年持续研究的、扩大了的西安作战计划的产物,它是从山西越过黄河,占领陕西后(西安附近),同时配合来自长江方面的侧击,攻入四川省(重庆、成都)的两个阶段的作战计划。整个计划预定的兵力为15个师团,如果实现了这一计划,那么它将是日本国军史上规模最大的陆地作战。
    在这个四川作战计划上,与渡过黄河并列的作战课题就是突破山岳地带,就是越过横卧在四川与陕西之间的、对于蜀地来说自古就作为天然屏障的秦岭和巴山这两重山脉。作战时,进攻的兵团随着西安附近的占领,渡过黄河后就那么南下,越过秦岭山脉,到达巴山山脉的隘口—广元,谋求一举突破长达300公里的山岳地带,担负这个极其困难的山岳进攻作战的主力兵团,被预定为一直在山西作战的第一军。
    我国的整个列岛毕竟都是山地,部队平时演习就要求在山地行军,没有必要训练诸如欧洲诸国常见的阿尔卑斯山猎兵那样的特别的山地部队。战时充以骡马编队即可适应。第一军的第36师团(雪兵团)、第37师团(冬兵团)、第41师团(河兵团),这些兵团都是由骡马、山炮组编而作战过来的部队,在前一年的中原会战时,其山岳突破能力就受到了很高的评价。但是,考虑到在四川作战时,如果延续以前的战法,那是不能够充分适应的。
    之所以这样说,还是因为秦岭山脉标高在3000米,都是延绵不绝的高山地带,巴山山脉的标高也在2000米,都是以栈道(架设在断崖上的空中木道)而闻名的险峻地形。连接四川和陕西的、能够行走汽车的道路仅有一条,那是7.7事变时,国民政府开通的川陕公路。除此以外,过山的公路以及马车道都是有限的,道路以外是不能通行车辆的。就连徒步行军也要被悬崖峭壁阻挡,而且,在当时的兵要地志上,秦岭的最高峰—太白山,被相当高地评估为标高4000米(实际上为3760米,与富士山相当)。对于日军来说,有必要考虑从未体验过的高山病的对策,以及适应高地的炊事方法等。为此,第一军与北支那方面军一起,从昭和17年(1942年)起,开始了包括组建特别山岳部队在内的山岳战研究和教育训练。
    浮现在云海里的秦岭山脉
    研究的内容为:山岳部队的组成和装备、装甲部队在山岳地带的运用、空中补给以及空地协作、高山地带的卫生等。日本陆军正式研究山岳作战,始于南方战局恶化的第二年(昭和18年、1943年),作为示范之类的先行研究成果缺乏得很,关于山岳作战,最具有丰富经验和实力的就是第一军本身,在这种情况下,这项研究好像不得不几乎从探索的状态开始。据说,在第一军现役军人里,从具有山岳作战经历者里边进行挑选,开始了研究。
    关于成为主力的徒步山岳部队,在第36师团试验性地组编了山岳大队,之后,研究其运作。据当时的当事者讲(友近,第一军高级参谋,笹井,第一军情报参谋),这支山岳部队,具有诸兵种联合小部队的性质,不使用一匹骡马,全部是以臂力搬送来适应体能的。同年11月—-12月,第一军在山西省的五台山附近,将这种试验运作所取得的成果作为前提,实施了大规模的山地演习,同时兼备对中共军的实地讨伐作战。关于这次演习的部队组编,留有详细的史料。
    根据史料记载,山岳部队的组成预定为;每个步兵大队,附带一个投射小队、一个大队作业班。所谓的投射小队,就是用迫击炮将锚绳投射到悬崖上的、由四门炮组成的小队;所谓的大队作业班,就是攀登悬崖、开拓道路以及担任侦察的、以将校为长官的总共5人的攀登队。在演习时,分别由第36、第37、第41师团,各自组编两个这样的山岳大队,预计共有6个大队参加演习(第41师团已经转属于第12军,不过,也参加了这次演习。)。除此以为,参加演习的还有:作为研究有关装甲部队突破山岳地带的、机械化集成部队的两个大队;为了训练快速修路的、车载工兵的一个联队(团);为了训练空地协作,飞行队也参加了演习。
    关于徒步行军的一般山地兵的个人装备,步枪兵除了背包、饭盒、杂囊这些通常的装备外,还要携带水桶、登山杖、绳索(长10米,直径6毫米)、小十字镐或小圆头铁锨、水鞋、防寒设备等。这些东西都要收纳在帆布背包里,或者带在身上。不光是背包,就连作为帆布背包的容量,也都成了问题吧!水鞋是通过难行的道路时使用的。绳索弄到10米长,是为了将每个人所带的绳索连接起来用,不过直径6毫米的太细,那只是辅助用的,攀登用的绳索,应该另外还准备着10毫米的粗绳。另外在防寒外套上,在防寒设备的细目上,还附加了剪除线,这好像是从机动性的观点出发而产生的不同意见。
    大队作业班除了这些装备以外,作为携带的器材,还规定要携带麻绳投射器和个人攀登用具。有关麻绳投射器的详细情况不太清楚,不过不是专用的器材,一般认为,是以掷弹筒发射出去之类方法来凑合实施的。关于攀登用具,就有如下的细目:保险绳、岩鹤嘴、岩铁杵、岩钉、弹簧环、作业带、背负带、钩棒、挂网。在悬崖上打入钉子之类的东西来攀登,能够估摸着寻找正式攀登的路径。所以,一般认为成员的组成,都是具有攀登技能的人。不过,在人工攀登岩壁还处于初始的时期,很难想象一个大队有5名攀岩经历者。由登山经历者或运动神经优越者来充当这样的角色,也不是不可能的。只是在陆军户山学校进行攀岩技术指导的藤木丸三,他回忆了当时接受了派遣华北的秘密命令,详细的情况还没有弄清,不过从他的话语概况来看,肯定是关于四川作战的,攀岩的实际指导成为既定的方针。
    演习是在五台山附近进行的,这里与秦岭山脉相比,标高要低1000米左右,不过,同样有连绵不绝的地裂和断崖,地势险峻。在冬季,气温下降到零下20度以下。隆冬期间进行的本次演习,一般认为是相当严酷的。虽然其结果不太详细,但当事者总的回忆是“增强了信心”因此,可以说那次演习是成功的吧!
    尽管四川作战选择在昭和18年(1943年)的春季发动,并以此为目标,下达了准备作战的命令,采取了预算措施,可是,以瓜达尔卡纳尔岛的败退为契机,由于南方战局的恶化而最终不得不终止。就在五台山演习的前后,向当地带来了正式下达的停止命令。这对于向往越过秦岭、巴山而倾注了力量的第一军来说,计划破产了,气势被削弱了,公然声言要攻略重庆,统辖五台山演习的军司令官吉本贞一,他赴任时过度的垂头丧气和心灰意懒是可以体察出来的。
    四川作战由于南方的战局而终止了,但具有讽刺意味的是,山岳训练在南方被活用,还是发挥了作用。第41师团在新几内亚东部,第36师团在新几内亚西部,同样在山西长期作战的、被预定为进攻兵团的第20师团也被投入了新几内亚的东部。很多在山西战场身经百战的将士,不得不参加新几内亚的残酷的山岳作战,驻留在山西直到最后的第37师团参加了一号作战,纵穿大陆,越过华南的山岭,在泰国迎来了战争的结束。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*