書評:吉見義明『毒ガス戦と日本軍』


本書は、タイトルにあえて「毒ガス」というインパクトのある言葉を付けているように、日本軍が実際に戦場で化学兵器を使用した”不祥事”としての史実を解明することに大きな比重を置いている。違法な人体実験や住民被害に言及する一方で、中国側の化学戦備については、本ホームページで紹介している程度すら論じられていない(拙稿「日華事変における化学戦」を参照)。左翼学者ゆえの筆の運び方だが、それでも化学戦に関する主要な論点はほぼ網羅しており、運用面(防御教育など)に対する著者の知識不足から若干の隙はあるものの、論考も概して精緻だ。日本軍の化学戦に関する概説書として、信頼に足るものと評することができる。

毒ガス戦と日本軍

毒ガス戦と日本軍


日本軍が化学兵器を本格運用したのは中国大陸だけだから、本書もその文量の多くを日華事変における化学戦について割いている。中国大陸における日本軍の化学兵器の使用については、やはり致死性ガスの使用が争点で、それに関する著者の主張を正面から批判したものは、元防衛研究所の永江太郎氏の論文がある。両者の主張の適否については、「日華事変における化学戦」でふれた。補足するならば、永江氏は論考を「支那事変初期」に限定しており、昭和14年以降について論じないというスタンスをとっている。ゆえに、昭和15年7月に在支全軍に対して明確に化学兵器の使用許可を下した大陸指第699号については、論考の対象となっていない。中国大陸における化学兵器の使用については、それ以前の”実験使用”と”本使用”との関係性から論じるべきだから、吉見説に対する批判の方法としてはフェアではない。

一方、本書で著者は、日中間で懸案となっている遺棄化学兵器の処理について、満州において実質的には日本軍の化学兵器がソ連軍に接収されたことを強く推測させる回想を提示している。それならば、日本に全責任があるとする中国側の主張を無批判に紹介するだけでは不十分だ。ソ連軍による接収により、遺棄化学兵器の処理責任が、ソ連の後身であるロシアに生じ得る、という点を示すべきだった。左翼本の限界である。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000505.html

Related Posts

  • 日華事変における化学戦 日華事変における化学戦 日華事変で日本軍は化学兵器を使い、守勢で装備不良の中国軍相手に大きな成果をあげた。日本軍はガスの使用を厳格に管理し、最初は催涙性のみどり剤のみを許可し、ついでくしゃみ性のあか剤、 […]
  • S13吉県作戦での催涙ガス S13吉県作戦での催涙ガス 戦争体験談で李樹徳さんが参加した黒龍関の戦闘では、日本軍が催涙ガスを使用した。S13吉県作戦に参加した第百八師団では、事前にガス教育が行われていた。 […]
  • 『正論』誤報検証の最終報告2009年1月14日 『正論』誤報検証の最終報告 一連の『正論』記事に対する検証において、筆者が唯一断定できなかったのが「カ弾」である。その後、史料を精査した結果、この「カ弾」は「代用弾」の意味であることが明らかになった。『正論 […]

3 thoughts on “書評:吉見義明『毒ガス戦と日本軍』

  1. 大塚二美夫

    この問題の最大の疑問は、独ガスの使用は重大な戦時国際法違反にも拘らず、終戦直後中国で開かれた軍事法廷で毒ガス使用は取り上げられていないという事実である。中国が歴然たる証拠の残る毒ガスの使用を見逃すことは有り得ず、毒ガスの使用は事実無根と疑わざるを得ない。 日本の歴史学者の聞き取り調査に応じた現地の中国人が、それ迄の50年間一切沈黙を守っていたのも不自然極まりなく、彼等の証言自体信憑性ゼロである。

    Reply
  2. @マーク

    慰安婦問題の”最高権威”の吉見先生元々は毒ガス戦の研究者なんですけど、”本業”の方もこんなもんかなという感じですね、悪くないが所々でおもねる。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*