書評:『「戦争」の心理学』


『戦争における「人殺し」の心理学』に続くデーヴ・グロスマンの邦訳第二弾が本書である(本書はローレン・W・クリステンセンとの共著)。前著では市民のみならず当の兵士にとっても意外な「大多数の兵士は人として心理的に敵を殺せない」という事実を、様々な研究結果や史実をもとに提示した。その事実を前提とすれば、「では、どのようにすれば敵を殺すことができる兵士を育てられるか」という問いが投げかけられるのは当然だろう。本書のテーマはそれである。前著では、訓練方法の変更によってベトナム戦争で発砲率が飛躍的に上がった史実が紹介されているが、本書ではより直接的かつ具体的にハウツーが述べられている。

『「戦争」の心理学 ― 人間における戦闘のメカニズム』

『「戦争」の心理学 ― 人間における戦闘のメカニズム』

前著に比べると、本書が市井に受け入れられる可能性は低いのではないか、ということは訳者も指摘している。平和主義、人類愛を尊ぶ人にとって、前著の結論は受け入れられるものだろうが、本書のテーマは「殺人者の製造マニュアル」に他ならないとも解されるからだ。しかも、著者自身が陸軍特殊部隊でキャリアを積んできた元将校であり、自身の研究結果をもとにした訓練プログラムが全米の軍や警察で採用され、現役時代も退役後の今もこの分野において活動を続けているとなればなおさらだろう。

しかし、そのような心配は杞憂だ。 608ページにも及ぶ本書の大半は、むしろ無慈悲な殺人者に対してどのように対処すべきか、また無慈悲な殺人者を生まないために社会は何をすべきかを示唆する貴重な内容となっているからだ。提示される事実が戦争からやや離れて、警察などの法執行現場という市民生活に寄っているのも、読者に安心感を与えてくれるだろう。特に戦闘に臨むときに起きる人間の生理現象についての論述は、多くの人から実感をもって共感を得ることは間違いない。「戦闘」の範囲は、空中戦や銃撃戦に限定されない。むしろ最も心理的に高ストレスな戦闘は素手による格闘であり、善良な市民であっても「喧嘩」によって実体験していることが多いからだ。無法者から喧嘩を仕掛けられたときに、視野狭窄や聴覚抑制などを感じたという人は少なくないだろう。また、古来から伝わる格闘術である武術にあっては、本書が提示するような生理現象とその対策である呼吸法が所与のものとして技術体系に織り込まれている例もある。その点で「殺人」を扱った前著に比べ、本書の示唆を咀嚼し得る裾野は広いとも言える。

* * *

副題に「人間における戦闘のメカニズム」と普遍性を謳うように、このホームページがテーマとする戦争、とりわけ日中間の戦争における史実に照らしても本書が示唆するものは大だが、あえてこの書評では戦争から離れて、著者が最も力説する主張を紹介したい。それは、現代が歴史上最も暴力的な時代であり、それはメディアの暴力表現が主たる要因であるという主張だ。著者は、メディアの暴力表現を制限するメディアコントロールの必要性を強く主張している。

「ゲーム脳」と聞けば、今では多くの人(特に若者)は、荒唐無稽な説と相手にしないだろう。子供が日々慣れ親しんでいるシューティングゲームが実は大量殺人を心理的にも技術的にも可能にする訓練(洗脳)プログラムとなっている、などと聞けば、多くの人は「ゲーム脳」と同じように笑うだけだろう。シューティングゲームに親しむ子供が殺人者予備軍なわけがない。ファミコン世代の筆者自身もそう感じていた。ところが本書を読了した後は、その主張に首肯せざるを得なかった。本書を読了後、筆者はこのホームページ上で暴力的な表現のあるページに、未成年者の閲覧について注意を促す警告文が掲出されるようにプログラムの改修を行った。また、まだ三歳に満たない娘が見るテレビの内容に注意を向けるようになった。

マスメディアによる暴力表現、とりわけシューティングゲームが大量殺人の訓練(洗脳)プログラムになるという主張の適否は、各人が実際に本書を読んで判断して欲しい。二点だけ述べさせてもらえば、この主張は著者のみならず犯罪心理学の権威もそろって主張しており、それを強く推測させる臨床的な裏付けもあるということ。また、シューティングゲームは人を効率的に殺害することを職務とする軍(または警察)において、有効な訓練プログラムとして採用されているという事実があることだ。
子供の時からメディアの暴力表現に親しんできても、多くは善良な市民として育つ。殺人鬼になるわけではない。しかし、例えば暴力表現に晒される99.99%の子供が善良な市民に育ったとして、残り0.01%、人口一万人あたり一人の割合で暴力嗜好の若者が育つと考えればどうであろう。我が国で成人人口(子供、老人を除く)に対する暴力事件(殺人及び傷害)で検挙される犯罪者の割合はそれよりも高く三人である。確かに一万人に三人では他人事だろう。しかし、そのうちのごくわずかであっても被害者数が多く、社会的な影響の大きな破滅的な事件を起こし、その要因と犯罪実行の手段や技量にメディアの暴力表現があるとすれば、どうだろう。少なくとも未成年の段階までは必要な制限があっても良いのではないか。著者は息子夫婦との間で、進学費用を毎年積み立てるかわりに、孫が六歳になるまでテレビを見せないという約束を交わしているという。幼児は映像からの視覚情報に対して、仮想と現実を区別できないからだ。
最後に、この書評を書いているときに起きた、千葉県土浦における無差別殺傷事件についてふれておきたい。本書は、米国において頻発している無差別乱射事件の特徴を指摘しているが、土浦の事件にも共通する点が多い。犯人がゲーム好きだったこと、いずれの被害者に対しても胸腹部を狙わずに首より上の頭部を狙っていること、最後に自首(もしくは自殺)していることである。また、問題となっている警察の対応についても、本書が示唆するところは大きい。改札口で頭部に一撃を受けた捜査員は、その場から動けなかった。結果的には命にかかわらない怪我だったが、無理もあるまい。批判するつもりは毛頭ない。ただ、本書が指摘するところは、そのような反応は素人の反応であり、必要な訓練を受けることにより適切な対応をとれるようになる、というものだ。それは、一撃を受けてもそこで倒れてはならず、肉体的な余力がある限りは、立ち上がって敵に立ち向かうことである。それが「戦士」であり、そのような粘り強いメンタルを兼ね備えた戦士は、本書が示す訓練方法によって育成できるということだ。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000770.html

 

Related Posts

2 thoughts on “書評:『「戦争」の心理学』

  1. 中国 山西 大同 陈尚士

    书评:战争心理学
    土八路译自日本网络
    http://shanxi.nekoyamada.com/
    本书是继戴维•古劳斯玛《在战争中的“杀人”心理学》后,被译成日文的第二部作品(本书是与劳雷•W•库里斯泰赛共著的)。在前部著作里,作者提示了这样的事实,即不但市民,而且对于服役的士兵来说,也感到意外的“大多数士兵作为人,心理上是不能够杀敌的”, 同时也提示了多方研究的成果以及史实。如果把那些事实作为前提的话,“那么,怎样做才能够培养成能够杀敌的士兵呢?”抛下这一命题也是理所当然的了。本书的主题就是这个。在前部著作里,作者介绍了由于训练方法的变更,在越南战争中,发炮率飞跃式地上升,而在本书里,更直接而具体地记述了方法。
    “‘战争’心理学—在人间战斗的机制”
    与前部著作相比,本书被市井接受的可能性是不是较低呢?这个问题译者也指了出来。这是因为对于崇尚和平主义、爱惜人类的人来说,前部著作的结论应该是能够接受的,而本书的主题也不外乎被解释为制造杀人者的指南。而且,作者本身就是一直在陆军部队里积累了经验的原军官,将自己研究的成果作为基础的训练程序,被全美国的军队以及警察所采用,在现役时代和退役后的今天,都持续活跃在这个领域的话,那就更意味深长了吧。
    但是,这样的担心是杞人忧天,因为在长达608页的本书内容的大半,索性是对于残忍的杀人者应该怎样应对?另外,为了不出现残忍的杀人者,社会应该做什么?这些宝贵的内容都得到了启示。本书所提示的事实,略微离开了战争,接近了警察等执行法律现场的市民生活,这也给予了读者放心感吧。特别是关于临近战斗时引发的人类生理现象的论述,很多人都拥有实际的感受,肯定是能够得到共鸣的。 “战斗”的范围,没有被限定在空中战以及枪击战,在心理上最高度紧张的战斗,索性就是通过徒手的格斗,因为即使是善良的市民,也会由于“打架”而实际体验的内容为多。粗暴者找碴打架的时候,感到视野狭窄以及听觉抑制等等的人,会有很多的吧。另外,在自古流传下来的格斗术—武术,就像本书提示的那些生理现象及其对策—呼吸法那样, 作为推论事实的材料,也有很多例子被编织在技术体系里。在这一点上,与对待“杀人”的前部著作相比,可以说能够品味本书启示的视野是宽阔的。
    就像在副标题上,把“在人间战斗的机制” 表明为是普遍性的那样,这个网页作为主体的战争,特别是在参照中日之间的战争史实方面,本书所启示的内容也是很丰富的,但在这个书评里,我想介绍作者最极力强调的远离战争的主张。这个主张就是当代为历史上最具暴力性的时代,这个主张的主要原因,就是媒体的暴力表现。作者强烈地主张,限制媒体暴力表现的媒体控制是必须的。
    如果你打听“游戏脑”的话,那么,今天很多人(特别是年轻人)会认为是荒唐的无稽之谈而不理睬你的吧。小孩每天亲近的、习以为常的打仗游戏,实际上在心理方面和技术方面都把大量杀人当做了可能的训练(洗脑)程序,你如果问这类的问题,很多人只是跟“游戏脑” 一样,来取笑你的吧。喜爱打仗的孩子,没有理由成为杀人者的预备军,与家用游戏机为同一时代的笔者本人,也有这样的感受。可是读了本书之后,也就不得不对其主张进行首肯。读了本书之后,笔者在这个网页上,就未成年者的阅览,发表了促使其注意的警告语,对具有暴力性的某些网页进行了程序的修改。另外,我已经做到了向尚不满三岁的女儿的提醒,要她注意所看电视的内容。
    由大众传播媒体所进行的暴力表现,特别是打仗游戏,将成为大量杀人训练(洗脑)的程序,这一主张的适当与否,我希望每个人读了本书后进行判断。如果容许我只陈述两点的话,那么,首先,这个主张不仅仅是作者的主张,也是犯罪心理学权威的一致主张,据说有强烈推测这个主张的临床方面的佐证。其次,打仗游戏,将人有效地杀害,在把这件事当作职务的军队(或者警察),它被作为有效的程序而采用了,这样的事实的确是有的。
    即是从孩提时代起,就一直喜欢媒体的暴力表现,很多人也是作为善良的市民而成长的,并没有成为杀人魔鬼。但是,假使考虑受暴力表现熏陶的99.99%的孩子成长为善良的市民,剩下的0.01%,以每一万人口一个的比例成长为暴力嗜好者,会怎么样呢?在我国,因对于成人人口(除去孩子和老人)的暴力事件(杀人以及伤害)而被逮捕的犯罪者的比例,比那个数字要高,为三个人。一万个人里出三个,大概是旁人的事情吧。但是,即使那里边的罪犯及少,可受害者却很多。引发社会上影响极大的毁灭性事件,在其主要的原因和实施犯罪的手段以及技能上,若是认为具有媒体的暴力表现会怎么样呢? 至少在未成年的阶段,要有必要的限制也是很对的吧。据说作者在跟其儿子和儿媳妇之间,交换了意见,约定在孙子6岁之前,每年为其积攒升学的费用,以换取不让其孙看电视。因为幼儿对于来自映像的视觉信息,是不能够将假象和现实区别开来的。
    最后,我想触及一下就写这个书评的时候,发生在日本千叶县土浦的无差别的杀伤事件。本书虽然指出了在美国频发的无差别乱射事件,可在土浦事件中也有许多共同点。罪犯喜欢游戏,无论对于哪个受害者,都不以胸腹部为目标,瞄准的都是脖子以上的头部,最后都是自首(或者自杀)。另外,关于成为问题的警察应对,在很多地方本书也进行了启示。在检票口,头部受到一击的搜查员,就动弹不得,离不开现场了,结果是伤情并不关联到生命,可他连勉强支撑都不做吧,也没有丝毫的批评意图。本书指出,像那样的反应,只是外行的反应,由于接受了必要的训练,所以要变为采取适当的对应才对!在那种情况下,即使受到一击,也不可倒在那里,而是只要身体有余力,就要站起来扑向敌人,那才是战士,据说兼备了那样顽强精神的战士,再通过本书所示的训练方法训练,就能够培育成才。

    Reply
  2. 無用ノ介

    わたしもテレビは?・・・です。もう、30年近くテレビなしで、息子もテレビを見ないで育ちました。まずもって、時間の使い方が同年代と違うような感じがします。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*