書評:日本軍「山西残留」―国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後


本書は「オーラルヒストリープロジェクト」(http://www.ohproject.com/)の主宰者である米濱泰英氏が、山西残留事件についてまとめたものである。本書は、サブタイトルに「国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後」とあるように、同サイトに掲載された山下正男氏の回想談をもとに執筆されている。ただ、内容は大幅に加筆されており、山下氏一個人の回想にとどまらず、山西残留事件全体を網羅した内容になっている。

『日本軍「山西残留」―国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後』

『日本軍「山西残留」―国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後』

山西残留事件は、日本敗戦と国共内戦という国際情勢の隙間に成立した特異な事件だったが、その規模は大きく、複雑であり、さらに事件に関与した人の間で情報の隔絶が大きかった。民間人と現役兵、残留派と帰国派、そして一兵卒と軍首脳など、立場によって様々な見方がなされてきた。事件への政府の対応が訴訟の対象となったことも、歴史事実として客観的に描かれることへの障害となった。そのため、これまで山西残留をテーマにした書籍や映画は少なからずあったが、いずれも残留事件の全体像を把握するには一長一短だった。

本書は、それら先行の証言や文献、一次史料を全て網羅し、事件に関わるあらゆる事象を事細かに描ききっている。ゆえに特定のイデオロギーや政治的立場による偏見が介在する余地なく、山西残留事件を極めて客観的に骨太に把握できている。一つの歴史的事件を描いた本として、相当の完成度を誇っていると思う。著者の米濱氏はかつて岩波勤めであったと聞く。さすが老舗敏腕編集者の仕事である。

本書の中で最も情景溢れるのは、やはり南京の宮崎参謀が第一軍首脳陣と直談判した記録を紹介した箇所だ。当時の「敗戦ボケ」した軍首脳陣の姿が目に浮かぶようである。また、元泉旅団からの受信電報の朱書きから、日本側責任者である山岡軍参謀長の心理を突いた箇所も興味深い。山岡は対ソ戦の専門家で、いつでもソ連に売られる立場にあった。心理的な負担は相当だったろう。当時の関係者の人物像をもっとも正確に表現できるエピソードを選んで挿入しているあたりに、残留事件への深い洞察が伺える。

本書によって山西残留事件は総括されたと言える。本書の登場で、山西残留事件は、今後、歴史として扱われるようになる。

* * *

史料解釈の点で二点ほど指摘しておきたい。

まず第一は、特務団の戦車隊、工兵隊、病院等の特科部隊編成への軍の関与である(本書320-321頁)。本書では1946年2月~3月にかけてのこの一連の命令を取り上げて編成を命じたとしており、「厚生省の係官たちが報告書の作成にあたって、もしこれらの資料を目にしていたならば、『軍司令官以下軍の首脳部は、終始第一軍将兵の完全な内地帰還の方針をもって指導していた』などと書くことは到底できなかったであろう」と指摘している。しかし、それは的外れな指摘だ。

確かに一連の命令は「一軍作命甲○○」として、軍の作戦命令の形式で発令されているが、その文言はいずれも「編成ヲ援助」となっており、編成そのものを命じていない。そもそも特務団は建前上は中国軍の組織であるから、日本側が編成を命じることはできない(だから特務団本隊の編成命令は「鉄道修理工作部隊」として命じたわけである)。ゆえに、ここは字義通りに解釈すべきで、厚生省の調査官は見逃したのではなく、あえてスルーしたと見るべきだ。

ただ、実際には本書が指摘するように、実質的には「編成命令」として、日本側の人員をもって編成されたことは間違いない。これは別の文書を用いることで、その虚構の一端を指摘できる。一連の命令書は、防衛研究所に所蔵されている「第一軍作命及訓示綴(S20.8.10~S21.5.1)」に収録されているが、同史料には戦犯世話部の名簿も綴じられている。そこに裁判の証人として赤星久行少佐の名前がある。ところが赤星少佐は実際には公判に出廷するのではなく、特務団戦車隊の隊長を務めていた。山岡軍参謀長が率いる戦犯世話部が、残留推進拠点だった証左であり、一連の命令が実質的には「編成命令」だった証左である。
第二は、本隊帰還時に残留者への現地除隊(もしくは脱走者としての処理)徹底を図ったという命令電報「三五一号外」についてである(本書326-328頁。本電の画像はこちらの「中国山西残留の日本兵問題」のサイトに掲載されている)。本書は、同電の最後に「本電直チニ焼却ノコト」「本電用済後焼却」の記述があることから、証拠隠滅を図った重要な証拠と指摘する。しかし見れば分かるようにこれらの記述は棒線で打ち消されている。実際には逆と考えるのが筋ではないか。

というのも、筆者も防衛研究所で一連の史料を閲覧したときから疑問に思っていたが、同電は他数点と共に、それらだけが起案用紙に手書きで書かれている。他の電報類と異なり、清書されていない、すなわち、実際に打電されたか確かではないのだ。しかも、この命令電報の内容は、軍首脳が積極的に残留を食い止めようとした、その処置の一端という意味合いを持つ。ゆえに同電はねつ造された疑いが払拭できない。
厳密に史料批判した場合、この命令電報を除外したとしても、厚生省報告書の結論に大きな影響を与えることはないと思う(本書では紹介されていない電報、命令書等でも、現地除隊や残留中止は再三指示されている)。しかし、末端まで現地除隊の徹底が図られなかった、という論点はより強調されるはずで、元残留将兵への補償になんらかの影響は与えたかもしれない。実際には「山西省日本兵残留問題についての厚生労働省の回答」で示したように、戦死者の遺族には特例で公務死亡に基づく援護措置を講じているなど、国もできる限り補償をおこなっているというのが筆者の見解である。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000771.html

Related Posts

One thought on “書評:日本軍「山西残留」―国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後

  1. 中国山西大同陈尚士

    书评:日军残留山西—被国共内战愚弄的山下少尉的战后
    本书是“奥拉尔西斯特里项目”的主持人米滨泰英先生,就日军残留山西事件所做的总结。就像副标题写有的“日军残留山西—被国共内战愚弄的山下少尉的战后”那样,同时也涉及到登载于该网页上的山下正男先生的回忆访谈。只是作者对文字进行了大幅度的加工,并没有停留在山下先生一个人的回忆上面,内容将整个残留山西事件都网罗进去了。
    “ 日军‘残留山西’—被国共内战愚弄的山下少尉的战后”
    残留山西事件,是在日本战败与国共内战这样的缝隙之间而达成的特殊事件。其规模庞大而复杂,再加上参与该事件的人员之间,信息的隔绝也很严重,(因此)民间人士和现役官兵,残留派和回国派,普通一兵和军队首脑,由于立场的不同而产生了各种各样的看法。政府对于(处理该)事件的对策,成为诉讼的对象,这件事也成了客观地描写历史事实的障碍。因此,此前以残留山西为主题思想的书籍和电影并不少见,可是无论哪个方面,在把握残留事件的整体上,还是各有长短,参差不齐的。
    本书将那些早先的证言,文献以及原始史料一概网罗,对与事件有关的所有现象都进行了详细彻底的描述。所以,由于特定的意识形态以及政治立场而导致的偏见就没有存在的余地,这就能够极其客观地,权威性地将残留山西事件加以把握。作为一本描写历史性事件的书籍,我想作者会以其相当好的完美度而自豪。听说作者米滨先生曾经在岩波书店工作过,真不愧是老店的精明强悍的编辑工作者。
    本书里最为流光溢彩的之处,就是作者介绍了南京的宫崎参谋与第一军首脑层直接交涉的记录。当时因“战败而发呆的”的第一军首脑层的姿态好像浮现在眼前,另外,从收到元泉旅团发出的电报的朱批来看,对作为日本方面负责人的山冈军参谋长的心里冲击之处也是意味深长的。山冈是对苏作战的专家,他无论什么时候都处于被苏联出卖的境地,心理上的负担是相当大的吧。尤其是选择了能够准确表现当时参与者的人物形象插入其间,由此也能看出作者对残留事件的深刻洞察。
    可以说,残留山西事件已由本书做了总结概括。由于本书的出现,残留山西事件今后会被作为历史加以处置对待的。
    ******************************************
    在史料的解释上,我想指出来的大致有两点。
    首先是第一点,即关于特务团(即残留部队)的坦克部队,工兵部队,医院等特科部队组编的第一军的参与一事(本书320—321页)。本书列举了1946年2月—3月,在这方面的一系列命令,认为是命令组建部队。我要指出的是“当厚生省的官员们在制作报告书的时候,如果将这些资料过了目的话,那么,他们是怎么也不会写上‘军司令官以下的军部首脑,始终坚持把第一军的官兵完全归还于内地,以此为方针进行了指导’之类的话语”。不过,这是脱离了目标的指责。
    一系列的命令的确是以“第一军作命甲**号”的形式,即以第一军的作战命令的形式发布的,不过,其文字无论在哪方面,都是“援助组编”,并没有命令组编之本身。因为当初特务团(即残留部队)原则上是中国军队的组织,所以日本方面是不能够命令组编的(因此,特务团总队的组编命令就作为“铁道修理工作队”而加以命名)。所以,这里应该按照文字那样加以解释,应该认为厚生省的调查官员并没有漏看,而是特意看透了。
    不过,实际上就像本书所指出的那样,作为“组编命令”,在实质上毫无疑问是以日本方面的人员而编成的。这个通过引用其他文书,就可以指出其虚构的一端。一系列的命令书,收录在收藏于防卫研究所的“第一军作战命令及训示里边(昭和20年8月10日—21年5月一日)”该史料还订缀了战犯服务部的名薄。那里边有作为审判的证人—–赤星久行少佐的名字。可是,赤星少佐并没有出庭公审,而是服务于特务团的坦克队。山冈军参谋长率领的战犯服务部既是推进残留的据点的佐证,又是其一系列命令实质上就是“组编命令”的佐证。
    第二点,是关于回归总队时策划对于残留者进行的现场彻底退伍的命令电报(351号外),或者说是对作为逃跑者的处理。(本书326—328页,该电报的图片登载于“残留中国山西的日本兵的问题”这个网页上)。在该电报的最后,从其具有的“要立即烧毁本电文”“本电文用后烧毁”的记述来看,指出了图谋消灭证据的重要证据。不过,就像一看就明白的那样,这些记述是以划旁线的形式否认的,实际上逆向思考才是故事的情节吧。
    之所以我也这么说,是因为在防卫研究所阅览一系列史料的时候,从那时起我就心存疑问了。不过,只有该电文的那些文字与其他几数处随合在一起,是以手写体的形式写在草稿纸上的。与其他电报类的文件不同,并没有被重新誊写,也就是说,不能确认是否实际上发出了电报。而且,这个电报的内容,具有军首脑要积极地阻止残留的 那一部分处置方案的意思。所以,该电文是被捏造的疑虑还不能排除。
    在严密地批评史料的同时,即使将这份命令电报除外,我觉得也不会对厚生省的结论给以很大的影响(在本书里,即使没有被介绍的电报,命令书等,但还是再三提示了当地退伍以及终止残留)。可是直到最后,当地退伍还是没有被彻底地图谋解决,这一论点应该进一步强调,对于原残留官兵的补偿也许给予了某些影响,实际上,就像“厚生劳动省关于山西省的日本兵残留问题的答复”所示的那样,对于战死者的遗族,以特例的形式,采取了基于公务死亡的援助措施等,国家也尽可能地进行了补偿,这就是笔者的见解。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*