S13吉県作戦での催涙ガス


戦争体験談で李樹徳さんが参加した黒龍関の戦闘では、日本軍が化学兵器を使用したようだ。このとき李さんが受けたガス攻撃は、陸軍中央が戦闘におけるガスの有用性に着目し、使用を積極的に行っていく初期の段階で、軍司令部の命令による準備と計画に基づいて行われた。

李さんがガスを受けた際の症状は、眼の激痛と流涙であったという。日本軍が1931年(昭和6年)に制式採用した催涙ガスは臭化ベンジル系の「みどり1号」と、クロールアセトフェノン系の「みどり2号」だ。緑剤は次のような特性を持つ。

特性 気体及微粒子トシテ作用ス 濃度著シク小ナル場合ニ於テモ即効的ニ戦闘ヲ困難或不能ナラシム 然レ共致死的効力ナク且恢復迅速ナリ
毒性 主トシテ眼ヲ刺戟シ疼痛流涙、羞明等ヲ生シ一時的ニ殆ト失明状態ナラシム 濃度著シク大ナル時ハ肺其他ニ傷害ヲ正起スルコトアリ

(出典:陸軍習志野学校「演習用化学戦数量表」1939年)

参謀本部はすでに平津地方掃蕩戦を開始する1937年(昭和12年)7月28日の段階で、臨命第421号に基づき、北平・天津地方の掃蕩時に「適時催涙筒を使用することを得」と指示している。その後に関係部隊が作成した史料では催涙ガス使用の記述が見られる。特に山地帯に籠もる敵には催涙ガスでは不十分だったようで、山西省・内蒙地域内で毒性の強い「あか剤」(くしゃみ剤)をはじめとする「特殊煙」が使用されている。政府は「あか剤」以外の強毒性ガスの使用を否定しているが、山西省では後に「きい剤」(びらん性ガス)の使用があったことが明らかになっている。

当時第一軍参謀長の任にあった橋本群中将は、のちに参謀本部の戦史編纂のための竹田宮恒徳親王大尉によるヒアリングにおいて、ガス使用について次のように述べている。

山西の山の中で匪賊をやつつける時に山地帯でどうにも作戦が思ふやうに行きませんので一部に許してやりましたこともあります。……相手によっては……必ずしも之れを使ふのに遠慮する必要はないと思います

(出典:参謀本部編「橋本群中将回想応答録」みすず『現代史資料(9)』所収)

また、1938年(昭和13年)10月、教育総監部が編集した「事変の教訓 第五号」では、中国戦場各地でのガス使用を総括して次のようにガス使用の有用性を指摘している。

防護装備不完全なる敵に対しては、縦い戦闘の経過中、特種煙の少量を使用するときに於いても敵、就中其の後方部隊に精神的効果(恐怖心)を及ぼし退却の動機を作為し、以て寡兵克く堅固なる陣地に拠る衆敵を突破し得ることあり

(出典:教育総監部「事変ノ教訓 第五号 化学戦ノ部」1938年)

このように李さんが催涙ガスを経験する「吉県作戦」発動前の1938年(昭和13年)10月の時点で、日本陸軍では戦闘におけるガス使用の有用性、特にそれが「山地帯」や「堅固なる陣地に拠る」敵への攻撃に有用であることが認識されていた。それでは、「吉県作戦(秘匿名:S号作戦)」における催涙ガス使用はどのように行われたのであろうか。

「吉県作戦」は閻錫山の帰順工作進展のための陽動作戦であり、蒲県、隰県、吉県附近の閻錫山の根拠地壊滅を目的に、1938年(昭和13年)12月17日より翌年1月10日まで、第一軍により実施された掃討作戦だ。参加兵団は第二十師団と第百八師団。このうち、李さんが経験した黒龍関の戦闘は、1月5日~7日の間に第百八師団の佐伯支隊の高木隊と遭遇した時に発生したものだ。

この作戦では、当初よりガス使用を念頭に置いた準備、訓練が行われていた。11月28日付の第一軍の作戦命令「一軍作命甲第三六三号」では作戦でのガス使用を命じた上で、そのための教育訓練を行うため、将校と下士官2名の要員を第百八師団に派遣している。この”特種烟”を使用するための教育及び指導は、以下のように12月1日から10日まで行われている。

S作戦ニ方リ108Dハ特種烟ヲ使用スヘキヲ以テ 之カ教育及指導ノ為 教官ヲ派遣ス
一軍作命甲第三六三号 第一軍命令 十一月二十八日十五時 於 石家荘軍司令部
特種資材ニ関スル教育及指導ノ為 坂井歩兵大尉並柴田軍曹ヲ 十二月一日以降一時第百八師団ニ配属ス

(出典:「第一軍機密作戦日誌 巻二十六」1938年)

108D参電第一九二四号(一軍作命甲第三六七号 十二月十日)
坂井歩兵大尉ノ108D配属解除命令下達 瓦斯ニ関スル教育終了シタル為ナリ

(出典:第一軍参謀部「第一軍機密作戦日誌 巻二十七」1938年)

そしてガス教育が終了して一週間後の12月17日に吉県作戦は開始された。第百八師団佐伯支隊に属する歩兵二大隊基幹の高木隊は1月5日に大寧を出発、蒲県を経て、黒龍関で銃火を交えたのち、10日に臨汾に帰還した。黒龍関での戦闘は、日本側の戦闘要報に記録されている。

佐伯支隊ハ…十日襄陵平地ヲ掃蕩シツツ臨汾ニ帰還集結ス 此間黒龍関原上附近南窰村牛王廟附近ニ於テ夫々相当有力ナル残存匪団ト交戦シ克ク之ノ敵ヲ掃蕩ス

(出典:第一軍参謀部「第一軍作戦経過ノ概要 第十三章 南部山西軍掃蕩戦」1939年)

李さんが経験した戦闘である。この際、日本軍は山地帯の”堅固なる陣地に拠る”李さんの部隊に催涙ガスを使用したと思われる。

第一軍参謀部「第一軍作戦経過ノ概要 第十三章 南部山西軍掃蕩戦」1939年
第一軍参謀部「第一軍機密作戦日誌」(巻二十六、二十七)1938年
陸軍習志野学校編「演習用化学戦数量表」
教育総監部「事変ノ教訓 第五号 化学戦ノ部」1938年
参謀本部編「橋本群中将回想応答録」(みすず『現代史資料(9)』所収)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000025.html

Related Posts

  • 李樹徳さん [1]2005年2月19日 李樹徳さん [1] 1939(昭和14)年冬、臨汾市郊外で起きた黒龍関の戦闘で小隊を率いて参加した。中共入党後、 […]
  • 日華事変における化学戦2005年9月11日 日華事変における化学戦 日華事変で日本軍は化学兵器を使い、守勢で装備不良の中国軍相手に大きな成果をあげた。日本軍はガスの使用を厳格に管理し、最初は催涙性のみどり剤のみを許可し、ついでくしゃみ性のあか剤、 […]
  • 書評:吉見義明『毒ガス戦と日本軍』2007年12月29日 書評:吉見義明『毒ガス戦と日本軍』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*