犠牲救国同盟会と山西新軍


1936年(昭和11年)の中共による山西侵入以降、その後の西安事変を契機とした国共合作の下で、山西省でも抗日意識が高まった。「犠牲救国同盟会」略して犠盟会はそんな状況下に生まれた。同年9月、”反帝国主義”を旗印に、半官制の民衆動員組織として組織された。

犠盟会の名称は、当初、中共党員を含む左派によって提言された「抗日救国同盟会」に対し、日本への配慮から閻錫山が命名したといわれる。成立宣言でも、「武装抗戦によって帝国主義を駆逐して失地を恢復し、漢奸を排除し、中華民族の独立自由と領土完整を争取する」として日本への名指しを避けたという。

犠盟会の設立は、勢力基盤の動揺を怖れた閻錫山が、「抗日」を媒介として中共と妥協したという政治的背景がある。このため、当初より中共の影響力が強かった。犠盟会の執行委員会は、会長のほかに七名の常務委員によって構成されていたが、このうち薄一波将軍など六名までもが中共党員や中共シンパだったという。中共にとってみれば「抗日民族統一戦線」の具体化だ。中共にお墨付きを与えてしまったしっぺ返しは、閻政権にとって大きく返ってくる。日本軍の進攻で閻政権が崩壊し、力の空白が生まれると、中共の力が急速に増大していった。独自の軍隊も組織し、最終的に両者の確執は「晋西事件」(山西新軍事件)という武力衝突にまで発展した。

犠盟会の会長には閻錫山が就任し、会員には青年や官吏、学生などのインテリ層が主体を占めた。日華事変後、陸続と組織された救国組織のほぼすべてが犠盟会に参加し、会員は百万人近くに達したという。そして日本軍の進攻によって閻政権の行政組織が崩壊すると、それにかわる行政・武装組織の中心的役割を担うようになった。日中開戦後しばらくして、省内七つある行政専員公署のうち犠盟会会員の専員は四名を占め、犠盟会会員が県長に就任している県は省内六十以上に上ったという。そして犠盟会によって組織された民兵はのちに山西青年抗敵決死隊を中心とする山西新軍へと発展していく。

閻錫山が中共と妥協した犠牲救国同盟会によって組織された山西青年抗敵決死隊。最初から赤化されており、後に閻軍と武力衝突を惹起した。

閻錫山が中共と妥協した犠牲救国同盟会によって組織された山西青年抗敵決死隊。最初から赤化されており、後に閻軍と武力衝突を惹起した。

山西青年抗敵決死隊(第一総隊)は、日中開戦後すぐの1937年(昭和12年)8月、太原で民訓幹部教導団と国民兵軍官教導団の一部(第八、第九団)をもって、中共党員の薄一波将軍によって編成された。閻軍より派遣された将校が部隊の指揮をとったが、各部隊に配属された政治委員には中共党員が多く含まれた。最初から”赤化”されていたのだ。

決死隊はその後、同年10月までの間に、第二~第四総隊が編成され、のちに各隊は同年11月~翌1938年(昭和13年)初旬までに、従来の団規模の総隊から旅規模の縦隊に拡充、省内各地で戦闘に参加した。省内各地に分散した各隊では、第一、第二縦隊を中心に中共の影響力が急速に浸透していき、根拠地の建設とともに遊撃隊の増設を進めた。一縦隊につき六個団もの遊撃隊を組織したというから、実質的な戦力はともかく、員数的には一気に三倍の兵力を持ったことになる。この年に蒋介石は団新設用の編成番号として山西軍に百五十個を与えたが、閻はそのうち五十個を新軍に付与している。しかしこのときの閻軍の兵力数は実質的には四十六個団に過ぎなかったといわれ、赤化に晒されている新軍が、山西軍の約半数を占める危機的事態となっていた。

このような新軍や犠盟会の勢力増大によって、閻政権内部では中共への脅威が現実のものとなってくる。ただ中共の脅威は何も山西省だけではなく、中国全土に広がっていた。1939年(昭和14)年1月に開催された国民党五届五中全会では、中共の勢力増大阻止が決定されている。閻政権内部では新軍を解体させる「新軍問題」が急速にクローズアップされるようになり、とうとう1939年(昭和14年)12月、山西新軍と閻軍との間で大規模な武力衝突「晋西事件」が発生した。

晋西事件の直接の引き金は、両者がお互いに非があるとして詳細は不明だ。閻軍では、中共勢力下にある武装団体を正規軍に改編するなどして綱紀粛正を図ろうとしたところ、新軍内部の中共シンパが八路軍と協力して趙承綬軍を攻撃、管轄下にある行政組織を含む権力奪取に成功したという。閻軍では、抗敵決死隊のうち、ほぼ中共が手中に収めていた第一縦隊はあきらめ、第二縦隊で中共の影響力を一掃しようと試みたようだ。陝西省秋川で集訓のために集合させた第二縦隊の将校を懐柔するとともに、趙承綬軍と王靖国軍などを動員して中共拠点を急襲して中共党員を逮捕した。中共は八路軍晋西支隊などで閻軍に攻撃をかけ、双方あわせて数千人に及ぶ死傷者が発生したという。事件発生後、中共は閻錫山に対して攻撃停止と抗日統一戦線の継続を要請し、閻もこれを受け入れて事件は約二ヶ月程度で終結したという。

この事件によって、中共は第一縦隊を正式に中共軍事委員会の指揮下に編入するとともに、新軍や犠盟会の幹部の多くが延安へと逃れ、閻政権は大きな打撃を蒙ることとなった。この事件が閻政権に与えた打撃の大きさは、日本側が熱心に進めてきた停戦・掃共を柱とする「対伯工作」が、事件の二ヶ月後から急速に進展をみせたことでも窺い知ることができる。また、中共にとっても、支配地域の拡大と新しく中共に流入した旧国府軍・山西軍系党員によって、政策の変更を促されることとなる。同年8月に中共が発動した「百団大戦」は、この晋西事件による党内のパワーバランスの乱れによって生じたという見方も可能だ。

牛蔭冠「山西犠牲救国同盟会記略」(山西文史資料)1996年
王生甫「犠盟会始終是在共産党領導下的統戦組織―為記念犠盟会成立五十周年而作」(山西文史資料)1986年
李茂盛ほか『閻錫山全伝』(下)当代中国出版社、1997年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000027.html

Related Posts

  • 「百団大戦」の政治背景2005年9月28日 「百団大戦」の政治背景 1940年(昭和15年)8月、山西省を中心に鉄道や炭坑に対する大規模同時多発テロが発生した。中共が誇る「百団大戦」だ。しかし実態はテロ・ゲリラ戦を超えるものではなかった。そして中 […]
  • 犠牲救国同盟会成立宣言2005年2月19日 犠牲救国同盟会成立宣言 同胞たちよ、九・一八以来、我が国は八百余万平方里もの土地を失った。喪失した土地は、あろうことか十七個分の山西もしくは十八個分の山東、安徽なら十九、福建なら二十三、江蘇なら二十七、 […]
  • 中国共産党の”抗日救国”2007年7月7日 中国共産党の”抗日救国” 日華事変において、中共こそが救国を担ったという主張が長年にわたって流布されてきた。しかし、それは嘘である。八年間にわたる「抗日戦争」で日本軍の矢面に立ったのは国府軍で中共ではなか […]

One thought on “犠牲救国同盟会と山西新軍

  1. 中国山西大同陈尚士

    1936年(昭和11年),中共侵入山西,其后,在以西安事变为契机的国共合作的基础上,抗日意识在山西省也高涨起来了。在这种状况下,诞生了“牺牲救国同盟会”,简称“牺盟会”。同年9月,以“反对帝国主义”为旗帜,半官制的民众动员组织被组织起来了。
    牺盟会这一名称,当初是由包括中共党员在内的左派提出来的,据说阎锡山出于对日本的关照,与“抗日救国同盟会”相反,命名为“牺牲救国同盟会”。在其成立的宣言里,作为“通过武装抗战、驱逐帝国主义,恢复失地,消除汉奸,争取中华民族的独立自由和领土完整”也避开了对日本的指名。
    牺盟会的设立,具有这样的政治背景,即阎锡山恐惧其势力基础的动摇,将“抗日”作为媒介,与中共妥协了。因此,中共的影响力比当初强大了。牺盟会的执行委员会除会长外,由七名常务委员构成,可是在那里边,据说包括薄一波将军等人在内,为中共党员以及中共的同情者多达六人。对于中共来说,这就是“抗日民族统一战线”的具体化。给予中共下达抗日公文的后果,对于阎政权来说大大地反馈回来。由于日军的进攻,导致阎政权的垮台,势力的真空一旦产生,中共的力量便急速地壮大起来。(中共)也组织了独立自主的军队,两方各持己见,争执不下,最终甚至发展到了称作“晋西事件(山西新军事件)的武装冲突”。
    阎锡山就任牺盟会会长,会员里边,占主体地位的是青年以及官吏、学生等知识分子阶层。日中事变后,陆续组织起来的救国组织,大体上全部参加了牺盟会,据说会员达到了近百万人之多。而且,由于日军的进攻,阎政权的行政组织一垮台,牺盟会就担负起了代替阎政权的行政、武装组织的中心任务。日中开战后不久,在省内具有的七个行政专员公署里边,牺盟会会员的专员就占了四名。牺盟会会员就任县长的县份,据说达到了60个以上。而且,由牺盟会组织的民兵,后来向以山西青年抗敌决死队为中心的山西新军方面发展下去了。
    山西青年抗敌决死队(第一总队),是于日中开战后不久的1937年(昭和12年)8月,在太原以民训干部教导团和国民军军官教导团的一部(第八、第九团)为骨干,由共产党员薄一波将军组编的。虽然由阎军派遣的将校指挥部队,但在配属于各部队的政治委员里,却包含了很多中共党员。(这支部队)从一开始就被“赤化”了。
    其后,决死队在到同年10月份为止的期间内,又组编了第二、第三、第四总队,再后来,各总队在同年的11月份以后,到翌年的1938年(昭和13年)上旬之前,由原来的团规模总队扩充为旅规模的纵队,在省内各地参加了战斗。在分散于省内各地的各个纵队里,以第一、第二纵队为中心,中共的影响力急速地渗透进去,在建设根据地的同时,推进了游击队的增设。据说每个纵队组织了多达六个团的游击队,所以,实质上的战斗力姑且不论,在人数上一口气变得拥有了三倍的兵力。这一年,作为新设团使用的组编番号,蒋介石给予山西军150个,而阎锡山将里边的50个授予了新军。而这个时候的阎军兵力人数,据说实质上不超过46个团,被赤化风吹雨打的新军,约占山西军的半数,出现了危机性的事态。
    由于这样的新军以及牺盟会势力的壮大,在阎政权的内部,来自中共的威胁就变得现实起来了,而中共的威胁并不仅仅局限于山西省,而是扩展到了全中国。在1939年(昭和14年)一月召开的国民党五届五中全会上,做出了阻止中共势力壮大的决定。在阎政权内部,迫使新军解体的“新军问题”就急速地成为特别关注的问题。1939年(昭和14年)12月,在山西新军和阎军之间,终于发生了大规模的武装冲突—–“晋西事变”。(译者注:这一事件也叫“十二月事变”,还叫“山西新军事件”)
    作为晋西事变的直接引发点,双方互有的过错,详细情况不明。据说就在阎军要把中共势力下的武装团体改编为正规军、企图肃正纲纪的时候,新军内部的中共同情者与八路军合作,攻击赵承绶军、成功地进行了包括赵管辖下的行政组织在内的权力夺取。在抗敌决死队里边,中共大体上将第一纵队掌握的自己手里,阎军似乎对第一纵队不抱幻想,而是要在第二纵队里,尝试肃清中共的影响。在陕西省秋川县,阎军对因集训而集中起来的第二纵队的将校进行了怀柔,同时动员赵承绶和王靖国等军,突然袭击了中共据点,逮捕了中共党员。中共由八路军晋西支队等对阎军发动攻击,据说双方的死伤者加起来多达数千人。事件发生后,中共要求阎锡山停止攻击,继续(维持)抗日统一战线,阎还是接受了这个主张,据说这一事件约持续了两个月才结束。
    通过这一事件,中共将第一纵队正式编入中共军事委员会的指挥之下,同时新军以及西盟会的很多干部不断地向延安奔逃,阎政权蒙受了重大的打击。这一事件给于阎政权打击程度的大小,从日本方面一直热心地把停战、清除共产党作为支柱而推进的“对伯工作”上就能够窥知,从事变后的两个月起,“对伯工作”急速地向前发展。另外,对于中共来说,由于统治地域的扩大和新近流入中共的旧国民政府军、山西阎军系统的党员的作用,也促使其政策的变更。同年8月中共发动的“百团大战”,也可能是由于这次晋西事变,导致了党内权力平衡的紊乱而产生的,这样的观点也是成立的。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*