黄紹竑 「娘子関戦役前後」


[1]― 山西赴任の経緯 ―

七七事件発生時、私は湖北省政府主席の任にあった。8月、蒋介石は南京で開催した会議において、軍事委員会の下に六つの部署設置を決定した。それらは秘密保持の観点から、第一、第二・・・第六部と称されることになった。最初に設置された第一部は作戦を所管、私はその部長に就任した。その後、他の部も続いて設置されたが、名称は特に秘されなかった。

私は作戦部部長に任命されたが、とりたてて作戦指揮の能力に秀でているわけではない。その時点では李宗仁や白崇禧も未だ南京に到着していなかったため、蒋介石は各方面との連絡のために私に部長の肩書きを持たせたのだ。図らずも政治の表舞台への登場を自分の足でアピールすることになったのだ。そして9月になると、敵は大同附近に侵攻してきた。蒋介石は私を山西に派遣して情況を視察させ、併せて閻錫山と今後の作戦について協議させることとした。

おそらく9月20日前後、私は太原に到着した。その時点で八路軍はすでに黄河を渡河して山西に増援にやって来ていて、私は山西飯店で何人もの八路軍高官と出会った。

閻錫山は雁門関の嶺口に幕舎を設置し、自ら前線の陣頭指揮をとっていた。私は嶺口の閻錫山を訪ねた。そこには閻錫山とともに、山西省政府主席の趙戴文、綏靖公署参謀長の朱綬光、それに第二戦区の軍法監である張培梅がいた。私は蒋介石の伝言を彼等に伝えた。

「蒋委員長は、山西省は山地帯で防衛に適しており、また晋綏軍が陣地守備戦闘の経験が豊富であることをご存じです。各官におかれましては、山西を防衛して平漢線の西側面を把握することで、敵軍の平漢沿線南下による黄河渡河を阻止し、以て武漢への軍事的脅威を防止すべしとのことです」

これに対し閻は、「中央の指示は良く分かった。また完全に同意だ。私は抗戦前から山西防衛のため、省内各要衝と太原北郊に国防工事を実施している」と答えた。また彼は、「大同撤退は、あらかじめ考えられていた戦略上の一作戦である。私と委員長の指示は全く一緒で、東から西に平型関、雁門関、陽方口のラインで侵攻を阻止するつもりだ」とも言った。

さらに続けて閻錫山はこんなことも言った。報賞も大きくなければ功を賞したとは言えない。同じく懲罰も重くなければ罪を罰したとは言えない。そのため、天鎮を放棄し、陽高の作戦で非力だった軍長の李服膺は銃殺刑に処することに決めたと言う。しかし李服膺は閻の側近だ。その実、当初は李服膺を守ろうとした閻も、憤激する民衆の処罰要求に加えて張培梅の軍法処断の主張には争えず、やむなく銃殺刑に処したのだった。

閻錫山はまた、彼の情況判断に照らせば、敵は必ず先に山西を取り、そののちに平漢線を南下するという。この点、もし平漢線方面で保定以北(このとき保定附近の我が軍は未だ南に撤退していなかったが、前線の衛立煌と孫連仲の軍は既に撤退していた)で敵の侵攻を阻止できるなら、敵は大同方面から雁門関へ侵攻するほかなく、まだ防衛はしやすい。しかし、もし保定と石家荘が守れなければ、敵は必ず娘子関に侵攻し、東と北の両方面から山西を包囲する。ゆえに日本軍は晋北方面に主力を投じ、平漢線方面から牽制するだろう。そして晋北方面には今のところ晋綏軍と八路軍しかおらず、未だ兵力不足のきらいがあるから娘子関をも顧慮することはできない。山西保持の観点からも、中央軍の更なる山西増援と協同作戦が必要である。閻錫山の主張はこのような趣旨であった。

私は閻の主張に同意し、南京に帰還後、蒋介石に伝えると答えた。もちろん、私が帰京の途路にある間に、彼も直ちに蒋介石へ自分の考えを打電したのだった。

出発間際、閻は私に向かって言った。「私が雁門関を守る。絶対に退かない。君は蒋委員長に安心していただくように伝えてくれたまえ」。私は何も問題はないと考えて太原に戻り、南京へ帰還することにした。

途中に立ち寄った石家荘では、平漢線方面前線で作戦をしていた劉峙や徐永昌(彼はどのような肩書きであったか失念)、林蔚(軍事委員会高級参議)らに会った。彼らはみな衛立煌と孫連仲の軍がすでに平漢線西側地区に撤退したことを知っており、戦闘はちょうど保定附近で進行していた。石家荘は保定失陥後の防衛ラインとして準備されるようになった。これはまさに戦略上の持久による段階的な抗戦計画の一端だった。

そんななか石家荘において、突如として八路軍の平型関における勝利の報が伝わってきた。抗戦以来、初めての勝利だ。当時、石家荘の民衆はどんなものにも勝る感激の思いでこの勝利を祝った。このときは爆竹を打ち鳴らし、意外にも敵機の空爆をほとんど忘れてしまった。

このとき私は依然として湖北省政府主席を兼務していた。そこで石家荘から直接漢口に戻ると省政府の職務全般を秘書長の廬鋳に委ねた。その後、船で南京へと向かった。

私は山西省の情況を蒋介石に報告したのち、次のように述べた。
「閻百川の決意は大きい。しかし彼自身、自分のような老人が雁門関で陣頭指揮にあたるのではなく、長期的な戦略を策定してはじめて山西を保持できると主張しています」

さらに続けて、「平型関では確かに勝利した。しかし、日本軍は未だ陸続と兵力を増加させており、山西以後の困難は必然的に大きなものになっています」と言った。

すると蒋介石は突然私に尋ねてきた。「君に山西に行ってもらい、第二戦区副司令長官として閻百川を補佐してもらえないだろうか」

この問題は非常にデリケートだ。無論、蒋は閻錫山の補佐のために私を山西に派遣するのだが、その実、彼自身が山西に手を突っ込んで関与できるようにするためでもある。私と閻錫山の付き合いは浅くない。今は彼も私を拒むことはできまい。そう考えると同時に私は自身を取り巻く今の状況をも考慮した。作戦部は蒋介石のやり方の下で、単に彼の命令を下部にそのまま伝える機関にすぎなくなっている。しかも陳誠一などは電報で私の就任に反対し、私のことを「内戦玄人、外戦素人」と称している。このような状況下でことをなそうとしても何らなしえないだろう。そこで私はこう答えた。

「委員長のお考えは深い熟考の上。私もかの地で閻百川を輔佐することを希望している。ただ、委員長があらかじめ閻百川の同意を得ることをお願いしたい」。

のちに閻錫山は同意の旨返電してきたが、同時に条件も付してきた。彼は自身に関係の深い徐永昌を私の後任として作戦部長に推薦したのだ。これには蒋介石も同意するほかなかった。

[2]― 娘子関戦役 ―

1937年10月1日、私は第二戦区副司令長官として山西に赴任するために南京を発った。石家荘に到着したとき、以前のように平型関の大勝利を喜ぶ声は聞かれなかった。駅や市街地への敵機の空襲が連日続き、その被害はひどいものだった。国民党軍は保定から消極的な抵抗を行っただけですぐに撤退してしまい、石家荘以北のhu沱河に沿って、平山、正定、藁城の線で防衛ラインを形成するつもりのようだった。このラインはかねてより永久陣地が構築されているとのことだが、工期の関係で未だ未完成だった。セメントは未だ乾ききっておらず、模型板すら解体されていなかった。

孫連仲の軍は藁城から西に布陣しており、彼の右翼には商震配下の宋肯堂の軍がいるようだ。孫軍の司令部は石家荘の西十数キロの鉄道沿線の小村にあった。私はそこを訪れて昼食をとりつつ孫に情況はどうか、長い間持ちこたえられそうか否か聞いた。彼は、日本軍の攻撃の重点は右翼にあるようで、すでに砲撃が開始されているが、正面は今のところ平穏だと答えた。砲声がときには大きく、ときにはかすかに聞こえてくる。右翼はこの砲撃をうまくやり過ごしているとのことだ。この時点ではまだ孫軍に山西派遣の命令は下されていなかった。私は夜になってから太原へと出発した。

太原に到着すると、閻錫山はすでに雁門関の麗口に設置していた幕舎を撤収していた。撤退の理由を彼は言う。

「八路軍は平型関で一度勝利を収め、敵の前進を止めた。しかししばらくのちに敵の増援が到着し、平型関方面が突破されてしまった。また敵は陽方口方面からも突破して来た。雁門関の正面には大規模な攻撃を仕掛けてきていないが、すでに左右から包囲されてしまっている。我が軍もついに全線後退を余儀なくされてしまった。忻県以北数十キロの忻口鎮で決戦を行うつもりだ」

そしてさらに「中央が派遣してきた隆茂恩と高桂滋の軍は、すでに平型関前線に到着し、作戦を開始している。現在、さらに衛立煌軍の全部と孫連仲軍、それに裵昌会軍を晋北に呼んで忻口会戦に参加させるべく動員中である。忻口は正面が狭いために左右両翼から包囲攻撃しにくい地形だ。そこで、晋綏軍の全兵力と中央各軍を正面にあて、敵後方での活動には八路軍を、さらに晋軍の砲兵十個団(周玳が砲兵司令官)すべてをこの方面に使用する」。配置計画を説明する彼の口調からは、必ず忻口戦場で日本軍を壊滅させることができるかのようだ。

ついで私は娘子関方面の情況を聞いた。彼が言うに、平漢線方面で石家荘の防衛線を守ることができれば、敵は自然と娘子関へは侵攻不能となる。反対に石家荘の防衛線を守れなかった場合でも、平漢線正面で我が軍が敵と近い距離を保持することで敵が西から娘子関を攻撃してきても平漢線の我が軍が側面より敵の後方を攻撃することになるからどちらにせよ有利であるとのことだ。また、娘子関以北より龍泉関の線には、すでに四川軍の馮欽哉の二個師と趙寿山の一個師(これは楊虎城の直属師)を投入しており、娘子関以南より九龍関の線と馬麗関の線(娘子関は含まず)は、中央第三軍の曽万鐘軍を投入して守らせるとのことだ。彼が述べたこれらの動員は、すべて前回の太原出張と今回の赴任の間の私がいない間に蒋介石と彼が直接相談して決定したことだった。そのため、私はこれらの状況を良く知らなかった。

忻口と娘子関で戦闘が発生する前まで、私は毎日必ず閻錫山と何人かの高官とともに、太原のいくらか堅固な防空壕に避難して空襲をやり過ごす。当時、敵機は毎日必ず一回か二回は太原を爆撃していた。ところで、防空壕に避難するたびに、壕には必ず一組の若い夫婦がいた。最初、私は彼らが誰だか分からなかった。のちに閻錫山の参議で、姓を馬と改めたトロキストの張慕陶と分かった。私にはとても奇妙に思えた。なぜ閻錫山と張慕陶がこんなにも親密なのか、なぜ張慕陶は姓を馬と改めたのか。当時、私には全く分からなかった。

おそらく10月5日だった。石家荘の電話が不通となった。忻口戦場ではちょうど部隊が配置についたが未だ開戦していない。私は閻錫山に娘子関方面の情況を視察し、うまく按配してくると言った。彼は非常に賛成してくれた。

私は南京から連れてきた高級参謀の陶鈞、裘時杰、徐佛観らとともに娘子関の関外に位置する井徑駅に到着した。井徑駅の電話で石家荘を呼んでみたが通じない。次いで荻鹿駅を呼ぶ。そこも通じない。荻鹿もすでに敵に占領されたようだ。そこで私は駅の南方に位置する高台に登り、混雑する駅周辺を見渡した。眼下には乗車を待つ孫連仲の部隊(一部はすでに太原付近に移動していた)と、おそらく石家荘、荻鹿より殺到した多くの避難民がいた。

群衆は共通の敵に対して敵愾心を燃やしていた。そしてある者が敵のスパイだと言う男を捕らえて我々の前に連れてきた。土地の者に言わせると、この男の言葉は土地の言葉ではなく、恰好もここらの者とは違う。しかも最初はそっくりそのままの東北語をしゃべったという。徐佛観を呼んで日本語で尋問させた。なるほど、日本人のスパイだった。この男は小高い丘の上で銃殺刑に処した。既にこのあたりにも敵のスパイが探りを入れてきているということは、敵の隊列ももう遠くないところに迫っているはずだ。

その晩、私は太原に帰還し、閻錫山に情況を報告した。
「娘子関方面の情況は相当に深刻です。第一に、正面の布陣が広すぎます。北は龍泉関から南は馬麗関まで地図上では百五十キロもあるのに、たった五個師(陝西軍の三個師、中央第三軍の二個師)しかない。しかもすべて第一線に配備されており、重点もなく、機動部隊もない。もし敵が一点を突破したら、忻口の会戦に策応して、少数の兵力でも南に撤退する我が軍を圧迫できます。私としては、孫連仲軍を娘子関方面に引き返させ、予備軍とすることを提案します」

閻も私のこの意見に同意し、孫軍を娘子関に転進させて機動部隊とした。ついで閻は、この方面の統一指揮を誰に委ねたら良いか私の意見を求めた。私の意見は孫連仲だ。これに対し閻は言う。「馮欽哉と曽万鐘はともに古参だから序列は高い。孫連仲も序列は高いが、馮曽両人とは平時につきあいがなく関係がほとんどないから、おそらく指揮は困難だろう」

しばらく考えたのち彼は私に娘子関方面の指揮を執ってくれないかと尋ねてきた。もちろん多くの困難があることは分かっていた。しかし、承諾するほかなかった。

閻錫山は山西省内の重要地域に国防工事を実施していた。ひとつは太原を中心に北へ雁門関までの四半円形の範囲一帯の隘口、もうひとつは大同を中心に東に陽高、天鎮までである。これらの工事は孫楚が総指揮を執った。1936年の西安事変のとき、閻錫山に調停役を求めるために南京から山西に派遣された際、私は孫楚に連れられて太原北方三十キロあまりの陽曲一帯の陣地の様子を視察したことがあった。その際、私が見たのは、彼らが材料と経費(特に鉄筋とセメント)を節約するあまりに薄くて縦深が浅くなった掩体と、正面の空間、それに未完成の通信設備などだった。しかも彼らにとって娘子関方面の陣地構築はそれらの二の次なのだ。何ゆえそう思うのか。なぜなら、雁北において風雲急を告げるこの時期においてなお、晋綏軍の新編第十団が今だに娘子関で作業を続けていたからだ。

10月中旬、私は作戦指揮のため娘子関に赴いた。南京から連れてきた高級参謀の陶鈞、裘時杰、徐佛観と二、三人の副官のほか、閻錫山が派遣してきた無線要員、それに広西より派遣されてきた護衛兵二百人も一緒だ。護衛兵の武器のうち、小銃は軍政部が支給したもので、機関銃は私が再三にわたって閻錫山に要請したものだ。最初彼に機関銃のことを言ったとき、彼は兵工廠がすでに操業を停止していて太原の兵器庫に在庫はないと答えた。のちに支給されたものの、その九挺の機関銃は臨汾より回収してきたものだった。

その日の晩に娘子関に着き、師長の趙寿山に会って情況を聞いた。彼が言うには、正面には今だ敵の動きはなく、部隊は五個団(増強補充された五個団)で編成されているため、娘子関正面の防衛には大きな問題はないとのこと。問題は左右両翼であり、とりわけ左翼の馮司令官(第二十七路軍)とは今だに連絡が取れず、右翼の友軍にあってはどの部隊か分からない以上、連絡のとりようがないと言う。そこで私は、右翼は中央第三軍の曽万鐘軍であり、孫連仲軍はすでに引き返させて予備軍とした旨を伝えた。彼はそれはよかったと言い、次いで防衛形態について報告した。主力をもって関外の雪花山の要所に依って敵を防ぎ、その他をもって鉄道両側の高地に布陣させたという。雪花山を守れれば娘子関も守れる。万が一雪花山を守れなければ、関の正面で防戦するまでである。

私は関の後方三〇キロ余り離れた下盤石駅付近の指揮所に戻った。指揮所は、軍用地図の上では做磨河川敷と呼ばれる山靠河(小河が関外へと流れている)に依っている。入り口が二つある穴居で、国防工事において策定し建築された拠点だ。しかし、そこは入り口二つの穴居のほかは何一つない場所だった。なにがしかの通信設備すらない。娘子関戦役の間、通信は正太線の電話線といくつかの集落に通っている電話線、それに無線機に頼るほかなかった。

私は晋綏軍新編第十団の白長勝団長を呼んで陣地構築の情況を聞いた。彼が言うには、この方面の作業の工期は太原以北に比べて非常に遅れているとのことだ。そして材料も不足している上に工事にあたるのも彼の一団だけ、しかも現人員も定員に満たないという。おそらく全団の力を尽くしてもこの程度が限界で、副長官にはご諒解頂きたいという。聞いたところでどうしようもなかった。娘子関方面には砲座は設けられていたが、一門の大砲すらなかったのだ。

馮欽哉と無線で連絡をとる必要があったが、一向に娘子関と通じず、連絡が取れなかった。それもそのはず、彼は無線を立てていなかったから、情況がどうなのか知れるはずもなかったのである。馮欽哉がこのような態度である以上、私は彼に重要な作戦任務を与えることを控えなければならなかった。後になって分かったが、娘子関の左翼にはなんら敵情はなかった。もし敵がこのような情況を知っていたなら、平山より六嶺関に進攻して、何ら損害を蒙らずに太原と忻口の間を遮断しただろう。そうすれば、娘子関を攻めるよりも消耗を防げたはずだ。

10月21日午前、娘子関方面に敵が現れた。敵は川岸兵団。井徑方面より進攻してきたため、自然と趙寿山の部隊が真っ先に衝突することになった。

私はしばしば趙に電話をかけたが、彼はそのたびに「我が軍は守りきれる」と答えた。趙寿山の部隊将兵が勇敢に奮戦していることに加え、娘子関方面に進攻してきた日本軍が主力でないこともあった。しかし、娘子関正面で右翼が潰走すれば、趙寿山の部隊は撤退できなくなってしまう。現実にこのことはのちに証明されることになった。

日本軍川岸兵団(第二十師団のほかに特科部隊で編成)は、一部をもって娘子関方面を攻撃し、併せて主力は娘子関の右翼を微水、南zhang城と前進し、旧関(故関とも呼ばれる)に進攻してきた。旧関方面での新たな敵の動きは娘子関正面に比べて遅かった。これは趙寿山師と第三軍の防衛ラインの接合点が戦線の弱点であったため、日本軍の先頭部隊が一挙に旧関を占領してしまい後続が追いついていなかったからである。第三軍は兵力増大のうえで反撃による奪還を企図し、軍長の曽万鐘も自ら前線で督戦にあたった。しかしやはり無理だった。旧関から私の指揮所まではわずかに十五~二十キロの距離で、私は曽万鐘に手紙をしたためて高級参謀の裘時杰と徐佛観に託し戦況を視察しに行かせた。手紙の内容は、将兵を鼓舞し犠牲をいとわずに敵を倒して旧関を奪還せよとの主旨だ。曽万鐘は自ら前線で指揮をとり、数回にわたって反撃を実施した。しかし、日本軍はさほど多くない兵力であったが旧関を守りきった。結局奪還はできず、しばし双方相対峙する局面となった。

日本軍は後続部隊の増援を受けるとすぐさま攻撃を再開し、第三軍の戦線に突破口を開いた。敵は一部をもって南に第三軍を圧迫する一方、主力をもって北へ向かい下盤石駅を占領することで娘子関の退路を断つ腹づもりだ。そして翌朝には、私の指揮所の後方の山にまで接近してきた。この時点で私の周りには手持ちの護衛兵二百人のほかは直接指揮できる部隊は何もなかった。しかしこのとき、孫連仲軍の第三十師の一個旅が近くの駅で輸送先の太原に行く列車を待っていた。この部隊は孫軍の東部投入の命令を未だに知らなかったのだ。そこで私は旅長の侯鏡如を呼び、彼に敵を阻止するよう命じた。直属の長の命令がなく、命令系統を逸脱していたが、侯は命令を受け入れた。侯鏡如旅が山を登っていけば、敵の攻撃にもどうやらもちこたえられそうだ。

また同時に私は娘子関正面の趙寿山師に井徑に向けて出撃し、敵後続部隊が旧関へ前進して突破口を拡大するのを阻止するよう命じた。しかし趙師出撃の結果ははかばかしくなく、反対に関外の要地である雪花山を失ってしまった。趙寿山は私に部隊の損失が激しいが、娘子関と正面鉄道上の要所を死守する旨報告してきた。

このような情況の下、敵はついに旧関方面に攻勢を移して突破口を拡大した。侯旅は損失が大きく、突破されてしまった。そんななか、おりよく楊虎城の陝西軍に属していた教導団が団長の李振西に率いられてやってきた。この団は兵員二千人ほどで、将兵のなかには多くの青年学生がいた。楊虎城が軍備拡張を意図し、その際に初級将校に充てようと考えていたのだ。この団ではすでに西安事変の前から数人の共産党員が教官に就任していたために士気も高く、おまけに団長の李振西はとても勇敢な男だった。私はすぐさまこの部隊に下盤石後方の山より前進してくる敵軍を迎撃するよう命じた。戦闘は午前八、九時から午後の四時まで続き、やっとのことで敵の攻撃をもちこたえた。しかし団の損害は大きく、収容できたのはわずかに五、六百人。団長の李振西も負傷してしまった。

孫連仲の率いる第二十七師(彼の主要部隊)その他の部隊は、白昼東へと列車で移動していたが、途中敵機の攻撃を受け損害を被った。そして午後になって下盤石駅へと到着すると、戦線安定化のために直ちに増援として出撃させた。このときにようやく戦線の調整ができた。しかし、娘子関以北は以前として連絡がつかなかった。この方面は馮欽哉が責を負っているのに、彼は無線を架設せずに私と連絡をとろうとしなかった。幸いにもこの方面で敵情はなく、それだけが唯一の救いだった。また、娘子関正面では、趙寿山師が防衛線を縮小して鉄道沿線に守備を移さなければならなかった。しかし、この時点で敵はすでに旧関方面に転戦していたから問題はさほど大きくない。問題は孫連仲軍が担当する旧関方面だ。この方面は敵の進攻の重点であり、ただ孫が旧関を奪還できることを願うだけだ。そして曽万鐘の第三軍は旧関右の九龍関と昔陽方面に展開しているが、この方面は旧関戦ののちに連絡が途絶えてしまい、詳細な情況は不明なままとなっている。

孫連仲軍の増援投入により、当初は敵を圧迫して旧関付近にまで押し戻すことができたが、旧関は以前として敵の手にあった。この戦闘では、山あいや村落で敵を包囲した場面もあった。しかし敵は投降しなかった。そこで私は報奨として日本兵一人を捕虜にしたら洋銀二百元を出すことにした。しかし孫軍が手に入れた捕虜はわずかに二人だった。無論、日本兵を捕虜にするのは容易ではない。しかもたとえ捕虜にしたとしても、少しでも目を離すと彼らは自殺を図ってしまう。これは彼らの武士道教育の結果だ。実際、ある日部隊とはぐれた一人の日本兵が私の指揮所付近にやってきてしまい、周りをすべて我が軍に囲まれたことがあった。しかし彼は投降しなかった。彼は銃を発砲しつつ逃げ回ったが、結局射殺されたことを覚えている。

また、あるとき私は、孫連仲に敵が占拠する旧関に一個営を遣ってある要点を奪取させることにし、その任務に五万元の懸賞をかけた。彼は第二十七師のある営を指定したので私は懸賞を宣言したが、その営長は憤慨してこう言った。

「懸賞ですと!護国を天職とする軍人はひとたび命令が下れば不惜身命。希望することはだたひとつ。戦いに勝利したのち、国のために命を捧げた我々に碑を建てて記念してもらうこと。それで充分満足です」

目標の要点は奪取できずに、営長と多くの将兵が犠牲となった。生き残りはわずか百人にも満たなかった。その営長の名を覚えていないのが無念だ。

このとき、以前として馮欽哉部隊の消息は分からず、そのうえ曽万鐘の方面も連絡が途絶え、戦況が不明となった。旧関方面の戦局は孫軍の投入によって数日は安定したが、やはり持ちこたえるのは困難だ。私は閻錫山と次の手を相談するために指揮所を陽泉に後退させた。そして太原に戻り、私は閻錫山に娘子関方面の戦況を報告した。

「娘子関方面で馮欽哉は明らかに意図的に作戦を忌避しています。また曽万鐘軍の情況も不明です。鉄道線路正面は敵の攻撃の要点ではないですが、趙寿山師もすでに大きな痛手を蒙っています。旧関を攻撃してきた敵には孫連仲軍が持ちこたえていますが、間違いなく敵は兵力増強を続けるでしょう。奴らは必ず孫連仲と曽万鐘両軍の境界あたりに攻撃目標を定めます。そして、昔陽、平定方面に突進して陽泉を占領することで正太路を遮断し、娘子関と旧関の我が軍を包囲して太原を威嚇するでしょう。すみやかに忻口方面より兵力を抽出して娘子関方面に投入し、忻口会戦への悪影響を避けることをお願いします」

閻錫山は忻口戦場に全力を注ぎ、最初から娘子関方面には注意を怠っていた。彼は平漢線上の石家荘が時間を稼げるとずっと思っていて、娘子関方面が攻撃を受けるとは考えていなかったのだ。よしんば石家荘の線から撤退しても、平漢線上の友軍が娘子関を攻撃に向かう敵を牽制できると考えていた。彼はあれほど早く石家荘が陥落してしまうとは予測しておらず、しかも敵が平漢線上の我が軍の牽制を顧みずに主力をもって娘子関を攻撃するなど思ってもみなかったのだ。その実、平漢線上の守備軍は石家荘から退くと安陽まで撤退してしまい、かろうじてzhang河南岸を守備するだけで敵軍への牽制には全く作用しなかったのだ。そのため、娘子関戦役は準備もおろそかな状態のなかで開始されたのだった。

閻錫山はしばらく考えこんでからこう答えた。「四川の鄧錫侯の集団軍が山西投入の命令を受けて先頭部隊はすでに風陵渡に到着している。渡河後、直ちに乗車して同蒲線で北に向かい、娘子関方面に追加しよう」。「間に合いますか?」私は問うた。彼はまたもや考えこんで、しばらくして口を開いた。「忻口方面を担当している部隊は現在すでに作戦に従事している。これらを抽出することはできない」

翌日、私はすぐさま陽泉に引き返し、指揮所が置かれていた陽泉煤砿局に入った。一両日後、昔陽県からの長距離電話で敵がすでに昔陽に接近しており、部隊を派遣して迎撃する必要がある旨の報告があった。敵が我々の右翼を突破したのは明らかだった。平定・陽泉(陽泉は平定県に属する)が敵の次なる進攻目標だ。

このとき(おそらく10月23日)、おりよく四川軍の先頭部隊である曽蘇元率いる一個旅が陽泉に到着した。そこで直ちに彼を平定、昔陽方面に向かわせて敵を阻止させることにした。しかし、四川軍の兵器は粗雑だ。機関銃が不足しているだけでなく、四川製の自動小銃は数十発撃つと故障する有様だ。曽蘇元の統率する部隊はその夜のうちに平定、昔陽方面に出発したが、次の日にはもう敵に遭遇し、それ以降、戦況がどうなのか全く不明となってしまった。

この時点で、私の手許には護衛隊のほかに直接指揮できる部隊はなかった。そのため、もし敵が陽泉に攻め込めばこれを阻止できる部隊はないから、太原に対する脅威になるだけでなく、正面にいる孫連仲軍と趙寿山軍の退路も断つことになる。私は正面の孫趙両軍を陽泉に退却させる決心をした。しかし実際には孫連仲は私の命令を下す前に独断で陽泉への撤退を開始していた。

翌日、孫連仲は陽泉に到着し私に報告した。敵は彼の右翼を突破した後は昔陽方面に向かって圧迫するはずで、そうなると右翼が包囲されてしまう。隷下各師はいずれも損失が大きいから、踏みとどまることは出来なかったという。私は彼に趙寿山軍の情況を聞いたが不明とのことだった。

このとき私が統率できたのは孫連仲の部隊だけだった。そこで彼には、陽泉で部隊を収容して整理し、再度の反撃で敵の太原進攻を阻止させることにした。また、私の指揮所は寿陽県城の鉄道線路南側にある半月村に移動した。ここには数日ほど指揮所を置いた。このとき、ここを通過して昔陽に前進する八路軍の劉伯承率いる部隊に出会った。彼らは夜間に行動し、迅速かつ秘密裏に敵の後方に侵入するのだ。

しばらくのちに孫連仲軍が寿陽県城に退却してきた。私は指揮所内で一晩かけて彼に情況を聞いた。彼によれば、隷下三個師のうち、馮安邦の第二十七師だけがましな状態で、それ以外の如池峰城の第三十一師と張金照の第三十師は損失がひどくて戦力にはならないという。そこで私は彼に言った。正太路上の陽泉でもし有効な抗戦ができなければ敵は一挙に太原に攻め入ることができる。我々の責任は重大だと。何があろうと馮安邦の第二十七師には陽泉での抗戦を命じなければならない。彼を撤退させることはできないのだ。

そして、ちょうどこのとき、馮安邦が電報で報告をよこしてきた。敵はすでに陽泉に接近しているという。陽泉は地形が不利なため、陽泉以西に撤退して部隊を収容してから抗戦できると言う。孫連仲は馮安邦に陽泉固守の任務を与え、なおかつ馮安邦に対して「再び撤退したら、おまえは銃殺だ!」と言った。これに対して馮安邦はこう答えた。「総司令に報告いたしますが、私の手許にはたった一連ほどの人員しかおりません。もし将兵の収容がうまくいけば、私は必ず最大限の力を発揮して任務を成し遂げます」。実は孫連仲と馮安邦は親戚同士で、孫は馮にいささか贔屓していると言われている。孫が私の前で馮に銃殺云々と言ったのは、おそらく彼が部下に対して厳命を下したことを私に見せるためにわざとやったのだろう。

その夜、四川軍を乗せた二本の列車が山西南部から楡次を経由して寿陽駅に到着した。王銘章率いる後続部隊だ。切迫した情況のなか、私は王に対し、東進して寿陽・陽泉間の鉄道線路以南の山地を占領して前方部隊の収容を援護するとともに、孫連仲の指揮下に入るよう命じた。

[3]― 太原会議と太原失陥後の混乱 ―

忻口戦場では激戦が繰り広げられていた。対峙する敵を撃滅できないだけでなく撃退することすらできず、敵は陸続と増強を続けて間断なく進攻を繰り返し、我が軍は戦陣を維持するのがやっとだった。そんななか、閻錫山から私に電報で連絡があった。このとき各総司令にも直接打電があった。その内容は太原防衛の作戦配置について議論するため、私と孫連仲に速やかに太原に帰還して会議に参加するようにとのことであった。その日の午後四、五時、私は護衛兵一班を連れて太原に到着した。指揮所の本部人員は楡次付近の鳴李村に駐屯させ、必要な時には楡次以南に撤退するように言い付けておいた。孫連仲も参謀長の金典戎とともに太原にやってきた。

会議は太原綏靖公署の会議室において閻錫山の主宰で行われた。参加者は私と孫連仲のほかに、忻口方面で作戦中の衛立煌と晋綏軍の高級将官たち、山西省政府主席の趙戴文、参謀長の朱綬光、参謀処長の楚溪春ら、主だった面々が一堂に会していた。

閻錫山は皆に太原防衛の必要性を訴えた。彼の作戦では、忻口方面より退却してきた部隊を太原北郊の既設陣地に配置するとともに、一部をもって汾河西岸の山地にある陣地を守らせる。また娘子関から撤退してくる孫連仲軍は太原以東の山地の既設陣地に配置する。そして傅作義が太原城を死守する。

会議の席上、私はこの作戦にはあまり賛成できない旨を述べた。私は太原付近に敷設された陣地を固守する必要はないと考えていた。忻口と娘子関の両方面の部隊は今まさに敗退しており、部隊が陣地を占領する前に敵が太原城付近に圧迫してくることを危惧した。それに陣地の信頼性も疑問だ。私は娘子関方面でマイナスの印象を受けていた。そして万が一守備部隊が通用しなければ敵の圧迫によって多くの群衆が殺到し、太原城区内は前も後ろもないほどに混雑する。その末路は想像するに耐えないものとなるだろう。

閻錫山の山西統治二十数年の長きにわたって首都として機能してきた太原。太原は彼が立ち上げた軍需工業(太原兵工廠)とその他多くの工業の拠点であり、また山西省の官僚たちが長年にわたって築いてきた富が集中する場所でもある。閻にとって軽々と手放せるわけはない。むろん私も太原城を簡単に放棄すべきではないと思う。この時期、一省城の失陥は大陸全土を震撼させるからだ。しかし私は野戦による守城ではなく、守城によって野戦部隊の休息を図るべきだと考える。多くの野戦部隊を整理する時間を得る引き替えにたとえ守城部隊が犠牲となっても、それはそれで価値あることだと思う。閻錫山の作戦では、すべての部隊(守城部隊以外)を北郊の既設陣地に配置し、これらの部隊によって守城部隊を支えることになる。しかし、たとえ忻口方面より南下してくる敵に対して作戦通りに陣地で抗戦できたとしても、私の推察では娘子関方面の敵と忻口方面の敵は歩調を合わせて行動するはずだから、前進を阻むものが何もない娘子関方面の敵は一挙に太原城の東南城門に至る。そうすれば太原城と北郊陣地の野戦部隊は南北両方面より挟撃されてしまう。そうなれば想像に耐えない結果となる。

私の主張は、娘子関方面の部隊(この方面で把握できるのは孫連仲軍と後続の四川軍だけ)を寿陽県の鉄道線路以南に撤退させ、楡次以東の山地に収容して八路軍と連携することだ。もし敵が太原に直攻すれば後側面より敵を襲撃する。もし南に進攻するなら、同蒲線に沿って東側の山地を太谷、平遙に向かって逐次退却する。忻口方面の部隊は一部を北郊陣地の守備にあたらせて守城のための警戒部隊とする(必要な時には汾河以西に撤退する)ほかはすべて汾河に撤退させ、汾河以西の高台を占拠して敵を監視するとともに、機を見て側面より敵を攻撃する。このような布陣によれば、忻口と娘子関から撤退してきた部隊に休息の時間を与えるとともに、敵の太原城攻撃も牽制でき、太原城も城外の部隊による支援を受けることが出来る。

私のこのような意見に、当初、孫連仲と衛立煌はともに賛成した。しかし閻錫山は自分の作戦に固執したし、晋綏軍の将官たちはこれまで閻の作戦にあえて異議を唱えたことはない。私はさらに指摘した。忻口会戦は長期間にわたって準備を費やしてようやく実施できたのに、大撤退後のあわただしいなかでどのようにして会戦など実施できるのか? まず時間は許してはくれないはずだと。

最終的に会議は私と閻錫山が互いに譲らないなか、ほかの者は皆戦場で何日も寝ていないこともあって、会議室にはいびき声が聞こえはじめた。もはやなんの作戦であろうとなかろうと、争論しようとしまいと構わないのだ。会議は深夜一時になってもまだ結論が出せず、とうとう最後に閻錫山がこう言った。「すでに軍は行動を開始した。作戦を変更しようとしても変更のしようがない」。なるほど、閻錫山は我々に電報で会議参加を知らせると同時に、すでに各軍総司令に命令を下していたのだ。

閻錫山はこのように言うと、朱綬光と楚溪春、それに趙戴文に向かって低い声で「行くぞ」と声をかけ、会議室をあとにしてしまった。何人かはまだ寝ているというのに! 楚溪春は閻に「まだ散会を宣言してません。将官たちはまだ会議の結論を知らないのですよ!」と言ったが、閻は「かまわん」と言って出ていってしまった。そしてしばらくして突然明かりが消えた。公署全体が真っ暗になっただけでなく、太原城内すべてで停電だ。停電は三十分ほどで解消したが、このような混乱した情況は内戦でも抗日戦でも未だかつて見たことがなかったものだ。

私は蒋介石に詳細を報告しなければならなかった。そのため、暗闇のなかを手探りで長距離電話室にたどり着き、侍従室主任の銭大釣に電話した。うまいことに電話は一回で通じた。私は銭大釣に娘子関と忻口両方面での敗退の情況と太原会議の様子を告げ、蒋介石に伝えるよう頼んだ。銭は「太原はあとどれくらい持ちそうか?」と聞いてきたが、これには返事に詰まってしまった。今夜の情況を鑑みても、会議が無意味だったことはさておき、将官の多くは部隊の指揮に戻れないはずだ。このような情況は非常にまずい。私は銭大釣に直ちに太原を離れる必要があり、詳しいことは後にあらためて連絡すると言った。このとき、1937年11月4日の深夜二時。

南京への電話を終えた私は、公署正門の駐車場へと急いだ。意外な静寂が恐怖心を誘う。駐車場には私が指定された自動車が見あたらないばかりか、他の自動車もなかった。私の心はあせった。そして以前より傅作義とつきあいがあり、互いに親近感を持っていたことを思い起こした。彼は守城の任に責を負っている以上城内に居るはずで、彼を探し出せばなにか良い方法もあるかもしれない。しかしこのとき城内は真っ暗で、おまけに傅司令がどこに居るかは全く分からなかった。

私に随行していた副官の周杰英はすぐにでも城外に出ることを勧めてきた。遅れて城内封鎖によって中に取り残されれば大変なことになるからだ。私は十数人の護衛兵を連れて、暗闇のなかを南門にたどり着いた。幸いにも城門はまだ開いていた。おそらく閻錫山はまだ貴重な物品を輸送し終えていないのだろう。多くの自動車が今なお出入りしていた。

私たちは城外に出て、道路上を汾河橋(太原汾河橋は二つあり、ひとつは城南、もうひとつは城北にあった)に向かったが、ここでも大きな問題に遭遇した。汾河橋の橋幅は非常に狭く、自動車は一方通行のみ可能だった。そのため、太原より物品を満載して西に向かう車と、反対に物品積載のために太原へと東に戻る空車とが互いに譲らずに大混乱となっていたのだ。何台かの運転手は車上で寝ており、全く急ぐ気配がない。もし空が明るくなる(このときすでに深夜の三時を過ぎていた)までこのままの情況が続けば、敵機の空襲ですべて終わりになってしまうではないか!。ここにおいて戦区副司令長官である私は臨時に汾河橋の交通司令となった。私は副司令長官の肩書きを示して、指示したり誘導したり、一時間ばかりを費やした。空車は少なく、バックも比較的容易だったので、まずは空車に道を譲らせて物品を積載した車を行かせた後、彼らを行かせた。私は橋塔から護衛兵に指示を出してこの作業を行わせた。

空が明るくなってから、私は副官と護衛兵と一緒に何台かの空車に乗りこみ、太原西南数十キロの開柵村に向かった。二日目の早朝に着いた村役場で聞いて、はじめてここが交城県からそう遠くないことを知った。そして県城に着いて聞いてみて、はじめて閻錫山もここに避難してきたことを知った。あの晩の出発間際、閻錫山は私にどこへ避難するかを告げずに行ってしまったが、意識せずにここで彼と出会うことになったのだ。

私は彼に会うと昨夜の経過を概説した。彼は私に「太原はどれくらい持ちこたえられると思うか?」と聞いてきた。私はこう答えた。「分かりません。むしろ私が心配するのは、昨晩か今日のうちに城外の部隊が問題なく陣地で配置に就けるか否かであって、守城はその次の問題です」。すると彼は言った。「宣生(傅作義の雅号)は守城戦で有名だ。あの年、彼は優勢な火力と数倍の兵力を誇る奉軍から、瀦州を二ヶ月にわたって守りきった。私は城内に半年以上持ちこたえられる量の糧食と弾薬を備蓄し、太原の命運を彼に託したのだ」。私もかつての傅作義による瀦州防衛には感服している。しかし、今はあのときから十年も経ち、時代は変わった。しかも敵は勢いを益々増してきている日本軍である。瀦州のときと同じようにうまくいくだろうか。心の中では懐疑的であっても、それを口に出すのは都合が悪い。

閻錫山は私にここに留まって共に問題解決にあたって欲しいと言う。一晩休んで、翌日私は彼に娘子関から撤退してきた部隊を収容に行く旨を伝えた。彼は何も言わずにトラック一台と乗用車一台を按配してくれた。翌日朝早く、私は交城県から汾陽、孝義を経て介休県へと向かうために村を出発した。途中、二度も敵機に遭遇したが、幸いにも発見が早く、いち早く車を道路脇の溝に寄せて敵機の機銃掃射をかわすことができた。機銃掃射には遭ったものの、人も車も損害を受けなかった。

汾陽、孝義の村人たちまだ太原の情況を知らず、市場のにぎやかな往来は以前のままだった。一方、介休に着くと、ここの情況はすでに太原とあまり変わらないものとなっていた。同蒲線のあの大きな駅舎は、直前に敵機の攻撃を受けて破壊され燃えていた。駅に停車していた列車も爆撃を受けてめちゃめちゃに破壊され、兵士の遺体は見るも無惨だ。駅員はみな避難していて、北方沿線の情況を聞こうとしても聞く相手がいない。

夕暮れどきになって、私は連絡が途絶えていた護衛隊を探し出すことができた。彼らは楡次が失陥したときに徒歩で介休まで撤退してきたのだった。彼らが言うには、指揮所の人員は彼らより先に列車で南下したとのことだ。この二百人の護衛隊は、この時点で私が把握していた唯一の部隊だった。私は彼らとともに介休と離石の間にある小村で一夜を明かし、翌日に出発した。そして正午ごろ、離石城から北へほど近い道路のそばの長距離電話が引いてある小村に到着した。私はここで部隊の収容を図ったが、ここまで撤退してくる将兵は皆ばらばらにはぐれた者ばかりで将校の引率もなく、結集することはできなかった。

明らかなことは、娘子関方面の部隊はその多くが昔陽より和順方面に南進するか、楡次より太谷あるいは沁県へと南進して行ったということだ。鉄道は敵機による爆撃の対象となるため、彼らはそれを避けたのだ。私は電話で各方面と連絡をとるとともに、閻錫山に東部方面の情況を報告し、併せて太原城の情況を聞こうと考えた。このとき、閻の声はとても低く、おまけに五台訛がひどくて聞き取りにくかった。やむなく最後には、彼に代わって参謀処長の楚溪春に受け答えしてもらうしかなかった。楚溪春によれば、太原城は11月8日に陥落したとのことだ。私が太原城を離れて四日目、すなわち太原城は四日間しか持ちこたえられなかったのだ。もちろんこのことは閻錫山にも蒋介石にとっても意外だった。私だってそう長くは持ちこたえられないとは思っていたものの、こんなにも早いとは思っても見なかった。閻錫山はこのときすでに交城から隰県の大麦郊に移っており、その後の彼の行動について私は詳しいことは分からない。

ここで太原会議後の情況と北郊の戦闘、それにその他もろもろの情況について記そう。これらはすべてその後しばらくして彼ら自身が私に直接話してくれたものだ。

太原会議は深夜に至っても結論が出ず、閻錫山は彼の幕僚らとともに密かに避難した。そして私も電気が消えて真っ暗ななかを狼狽しつつ太原を後にした。その経緯は既に記した通りである。のちに孫連仲が私に話してくれた内容によれば、彼の場合、暗闇のなかをようやく城門にたどり着いたが、そのときには守城部隊は早くも城門を封鎖してしまっていたという。守城兵をさんざん説得し、ようやく障害物をどかして開門させ、城外に出ることが出来たという。もともと彼の部隊は、太原東方一帯の陣地が構築されていた高地に配置される予定だった。しかし時間がなく、部隊をどれほど収容できたかすら分からない状態のなかで、陣地を占領して敵と抗戦するなどとても出来なかったのは言うまでもない。やむなく彼は身近な人間を連れて汾河を渡河し、河西の山地をあちらこちら逃げ回ることとなった。彼は忻口より退却してきた部隊に出会ったが、この部隊も北郊の陣地を占領して抗戦することなく、西北に向かって四散していったという。また、孫軍第三十八師第八十九旅の旅長だった侯鏡如によれば、第三十軍と彼の部隊は指定された太原以東の陣地を占領する前に敵の圧迫を受けて南へ撤退したという。そして当時、忻口会戦に参加していた裵昌会師は、その晩から開始された陽曲附近の陣地構築を援護する命令を受けたものの、そこへ到着する前に南へ潰走することになった。これらの話からも、北郊陣地に拠る太原防衛計画は、あの晩の混乱からもともと実行不可能であったことが分かる。敵は北と東から太原城へ直攻して太原は陥落、華北戦場での最大の敗北を形作ることになったのである。

私は霊石に数日間滞在したものの、部隊を収容することもできず、毎日南京へ電話で報告する以外には何もできることはなかった。私は電話で銭大鈞に山西の戦局がこのような情況である以上、たとえこのままここに留まっても何も変化は期待できない。南京へ帰還させてもらいたいと言った。銭大鈞は私に、閻錫山が君に言いたいことがあるそうだという。彼は私の指揮によって娘子関方面の作戦が失敗し、それが忻口会戦に不利な影響を与えたと考えているのだ。もちろん、このような私に責任をなすりつけるような閻錫山の言い方には同意できなかったが、敢えて弁明しようとも思わなかった。銭大鈞は私に同情し、蒋介石に南京帰還の願いを伝えると言ってくれた。しかし同時に閻錫山の同意も必要だと言う。私は霊石では何もできることはないと見て、遂に臨汾に退くことにした。臨汾は晋南の比較的大きな町であり、山西省政府と綏靖公署の関係者が集合する場所だ(但し閻はまだ到着していなかった)。ここには衛立煌も撤退してきた。しばらくして、私は蒋介石の許可と閻錫山の同意を得て、専用列車に乗って山西から南京へ帰還した。以後の山西の情況については知る由もない。

全国政協晋綏抗戦編写組編『晋綏抗戦』中国文史資料出版社、1994年(258-274頁)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000030.html

Related Posts

  • 成り行きで決まった山西作戦2005年3月12日 成り行きで決まった山西作戦 日華事変初期の山西作戦は成り行きで決まった作戦だった。関東軍と板垣兵団の独断専行に引きずられたが、武藤ら参謀本部の関東軍シンパも関与していた。 […]
  • 山西戦場の勝敗を決めた忻口と娘子関の戦い2005年4月29日 山西戦場の勝敗を決めた忻口と娘子関の戦い 1937(昭和12)年の山西戦場における勝敗を決めたのが忻口と娘子関での戦争だ。両地で太原攻略を目指す日本軍とこれを阻もうとする中国軍との間で激戦が繰り広げられた。 […]
  • 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携2012年7月24日 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携 日華事変初期の山西作戦で解せないのは、第五師団を率いた板垣征四郎将軍の意図だ。板垣と閻錫山との付き合いは古いが、山西作戦では敵将同士、矛を交えた。しかし、史実の断片からは、両者が […]

One thought on “黄紹竑 「娘子関戦役前後」

  1. 匿名

    国民党上将黄绍竑
    追忆抗日战争娘子关战役前后
    黄绍竑
    我去山西的经过
    七七事变发生时,我任湖北省政府主席。八月,蒋介石在南京召开会议,决定在军事委员会之下添设六个部,为保密起见称为第一、第二……第六部。最先成立的为第一部,主管作战,任我为部长。其余各部以后陆续成立,但名称不保密了。
    我被任命为作战部部长,并非因为我有什么指挥作战的才能,而是因为那时李宗仁、白崇禧尚未到南京来,蒋介石对各方面的联络还需要我戴着这个头衔去奔走,我不过是出场跑跑腿而已。九月,敌先后侵占大同等地。蒋介石要我到山西去看看,同阎锡山商量以后的作战计划。
    大约是九月二十日前后,我到达太原。那时八路军已渡过黄河开入山西增援,我在山西饭店碰见不少八路军的高级将领。阎锡山在雁门关的岭口设立行营,亲自到前线坐镇去了。我到岭口找阎。跟阎锡山在一起的有山西省政府主席赵戴文,绥靖公署参谋长朱绶光,还有一个是第二战区军法监张培梅。我把蒋介石的话转告他们,并说:“蒋委员长认为山西是多山地区,易于防守,而且晋绥军对防守也有很好的经验,务要将山西守住,控制平汉铁路的西侧面,不让敌军沿平汉铁路南下渡过黄河,进而威胁武汉。”阎说:“中央的指示,我很清楚,也很同意。我在抗战前,在山西境内各要隘及太原城北郊,都作了一些国防工事,也就是为了保卫山西。”
    他又说:“大同的撤守,是战略上的自动放弃。我同委员
    长的指示一样,要死守住东起平型关,中经雁门关,西至阳方口之线。”阎锡山还说,他认为非大赏不能奖有功,非大罚不能惩有罪,所以对放弃天镇、阳高作战不力的军长李服膺必须枪决。其实李服膺是阎的亲信,当初阎是想袒护李服膺的,但在群众愤怒要求之下,加之军法临张培梅力争,阎不得已才枪决的。
    阎锡山还说,照他的判断,敌人必先取得山西,然后沿平汉路南下。如果平汉路方面,能在保定以北(当时保定附近我军尚未南移,但前方的卫立煌、孙连仲已后撤了)挡住敌人,敌人光从大同方面进攻雁门关,尚易抵御。如果保定、石家庄不守,敌人必然进攻娘子关,从东北两方面包围山西。
    判断日军对晋北方面是主力的进攻,平汉路方面是助攻。晋北方面现在只有晋绥军和八路军,兵力尚嫌不足,不能兼顾娘子关方面。为确保山西起见,尚须加调中央军来山西协同作战。
    我同意阎的说法,答应回南京后向蒋介石去说。当然,我在回京途中的时间里,他也立刻打电报向蒋介石请求。
    临走时,阎还对我说:“我坐镇雁门关,决不后退。你报
    告蒋委员长,放心好了。”我见在那里没有什么事,也就回太
    原转返南京。在石家庄见到平汉路方面在前方指挥作战的刘峙、徐永昌(他任什么名义已忘)、林蔚(军委会高参),知道卫立煌部和孙连仲部都已沿平汉路西侧地区后撤,战事正在保定附近进行。石家庄是准备于保定失守后的又一防线,这就是战略上节节抵抗的部署吧!
    在石家庄,忽然传来了八路军在平型关大捷的好消息。这是抗战以来第一次打了胜仗!当时石家庄的人民群众,以无比兴奋的情绪庆祝这个胜利,竟然在那种时候放起鞭炮来,几乎把战机的空袭都忘记了。
    那时我仍兼着湖北省政府主席,就从石家庄直回汉口,把省政府的职务交给秘书长卢铸代理,然后乘船去南京。我把山西的情况向蒋介石报告后说:“阎百川虽决心很大,但他自己同一些老人坐镇雁门关也不是办法,应该有个长久计划,山西才能确保。”我还说:“平型关虽然打了一个胜仗,但日军还在继续不断增兵,山西以后的困难必然是很多的。”蒋介石忽然问我说:“你到山西当第二战区副司令长官,帮帮阎百川的忙好吗?”当时我想:这个问题很不简单,蒋固然是想我去山西帮帮阎锡山,其实也就是他想在山西插一手。我和阎锡山以往就打了不少交道,在这时候他不会拒绝我的。同时我也想起,作战部在蒋介石作风之下,不过是承转命令的机关而已,而且陈诚一起首就有电报反对我,说我“内战内行、外战外行”,这样做下去也没有什么意思。于是我说:“委员长考虑很是,我也愿到那里帮百川的忙,但要求委员长先征得百川的同意。”后来阎锡山回电虽同意了,但是有条件的,他推荐与他有历史关系的徐永昌继任作战部长,蒋介石也只好同意。
    娘子关战役
    我大约是一九三七年十月一日前后离开南京到山西任第二战区副司令长官的。我到石家庄时,已不是前些时听到平型关大捷喜气洋洋的样子了。敌机连日轰炸车站和市区,破坏得很历害。国民党军队由保定之线稍事抵抗即行撤退,想在石家庄以北沿着滹沱河、平山、正定、藁城之线布防(右翼至何处记不很清楚)。那条线上,据说曾做了一些国防永久工事,但因时间的关系并未完成,有些水泥尚未干燥凝固,模型板都还未拆呢!
    孙连仲部在藁城以西布防,他的右翼似是商震部宋肯堂军,孙的指挥部就在石家庄以西十多里铁路边的小村子里。我到那里去看他,并在那里吃了一顿午饭。我问他情况怎么样,能支持多久?他说他的正面现在还平靖,日军攻击的重点似在右翼,已开始炮击了。炮声隆隆,隐隐可以听见。他说右翼能经得住这轮炮击就很好了。那时孙部尚未奉命调入山西,我到入夜才乘车去太原。
    我到太原时,阎锡山已把设在雁门关岭口的行营撤回来了。他把撤退的原因告诉了我,说:“八路军在平型关打了一
    个胜仗,迟滞了敌人的前进。后来,敌人的援兵到来仍然从平型关方面突进。此外,敌人又由阳方口方面突破,虽未大力攻击雁门关正面,但已处在左右包抄的形势,我军遂不得不全线后撤,打算在忻县以北数十里的忻口镇布置战场进行决战。”他又说:“中央调来的刘茂恩、高桂滋部已到平型关前线作战,现在又调卫立煌全部和孙连仲部、裴昌会部来晋北参加忻口会战。忻口正面狭小,左右两翼都不易为敌人包抄,以晋绥军全力及中央各军当正面,八路军在敌人侧后活动,晋军的炮兵有十个团(周玳是炮兵司令),都集中在那方面使用。”照他的部署和听他的口气,必定能在忻口战场把日军予以歼灭。
    我问到娘子关方面的情况。他说,平汉路方面如能在石家庄之线守得住,敌人自然不能进攻娘子关;即使石家庄之线守不住,而平汉路正面我军能与敌人保持近密的接触,敌人如西攻娘子关,平汉路我军就侧击敌人的后方,也是有利的。他又说,娘子关以北至龙泉关之线,已调陕军冯钦哉两个师和赵寿山一个师(是杨虎城的直属师),又调中央第三军曾万钟守娘子关以南九龙关、马岭关之线(娘子关不含)。他所说这些部队的调动,都是在我上次来太原之后和我再来太原之前的时间里,由蒋介石与他直接商量决定的,所以我不很清楚。
    在忻口和娘子关战事未发生之前,我每日必同阎锡山及少数高级人员在太原的一个比较坚固的小防空洞里躲空袭。
    那时敌机每日必有一次或两次轰炸太原。每次在防空洞里,必见到一对年纪较轻的夫妇。当初我不知道是什么人,后来才知道是托派张慕陶,改姓马,是阎的参议。我心里很奇怪,阎锡山为什么与张慕陶这样亲密呢?张慕陶为什么要改姓马?我当时一直不明白。
    大约是十月五日左右,石家庄的电话不通了,而忻口大战正在部署,尚未开始,我对阎锡山说要到娘子关方面去看看情形怎样,好作处理,他很赞成。
    我同从南京带来的高级参谋陶钧、裘时杰、徐佛观等到了娘子关外井陉车站,由车站电话叫石家庄,叫不通;叫获鹿站,也不通,显然获鹿也可能被敌人占领了。我登上车站南方的高地展望,拥挤在车站附近的,有正待上车的孙连仲部队(一部已转到太原附近),和好些由石家庄、获鹿拥来避难的群众。当时群众对敌人是敌忾同仇的。有人捉获一个据说是敌人的便衣侦探,扭送到我面前来。老乡们说这人说话既不是本地口音,装束也不象本地人,而是初学说的东北话。
    我叫徐佛观用日语审讯,原来是一个日本人化装的侦探,就在高地上把他枪决了。敌人便衣侦探既到了那里,敌人的队伍也就离那里不远了。
    当晚我回太原把情况告诉了阎锡山。我说:“娘子关方面
    情况相当危险。第一是正面布置得太宽,北起龙泉关,南至马岭关,从地图上看就有一百五十余公里,只有五个师(陕西军三个师,第三军两个师),都是一线配备,没有重点,也没有机动部队。敌人如突破一点,则全线都要动摇,尤其是尚未指定统一指挥的人。我料石家庄我军南撤后,敌人必以主力向娘子关进攻,策应忻口的会战,以少数兵力压迫南撤的我军。我军在平汉线上屡次溃退,即使是少数敌人也很难对它进行反攻,以牵制敌人主力向娘子关进攻。我建议把孙连仲部调回娘子关方面,作为预备队伍。”阎同意我这意见,遂把孙部调回娘子关作为机动部队。
    阎问我这方面归谁统一指挥,我说就由孙连仲负责。阎说:“冯钦哉、曾万钟两个都是老军务、老资格,孙连仲虽然资格也很老,但对冯、曾两人平时没有很多的关系,指挥一 定有困难。”他想了想,问我可否担任娘子关方面的指挥?我当时虽然知道有许多困难,也只好答应了。
    阎锡山在山西境内的重要地区已筑有国防工事:一是以太原为中心向北以至雁门关一带各隘口;一是以大同为中心东至阳高、天镇。这些国防工事是孙楚主持设计的。一九三 六年我因西安事变,南京要我到山西去找阎锡山出来调停时,孙楚曾陪同我去参观过太原北方三十余里阳曲湾一带的工事。照我看,他们为了节省经费和材料(主要是钢筋和水泥),有些掩体都比较单薄,而且纵深也不够。正面有多宽,我不清楚,通信设备更未完成。娘子关方面的工事,在他们看来是次要的。何以见得呢?因为当雁北战局已很紧张时,而晋军新编第十团尚在那里赶筑工事。
    十月中旬,我乘车去娘子关方面指挥,除了我由南京带来的高参陶钧、裘时杰、徐佛观和两三个副官之外,还有阎锡山拨给我的无线电台和电务人员,此外由广西拨给的卫队两百多人。这个卫队的武器,步枪是军政部发的,机枪是再三向阎锡山要才给我的。我最初问他要时,他说兵工厂已停工,太原库已无存,后来给我的那九挺轻机枪据说是由临汾调回来的。
    我当晚到了娘子关,找到师长赵寿山了解情况。他说正面尚未有敌情,他这师有五个团(加上补充团为五个团),光守娘子关正面问题不大,可虑的是左右两翼,尤其是左翼冯总指挥(第二十七路军)尚未取得联络,右翼友军既不知是哪个部队,更未取得联络。我告诉他,右翼是中央第三军曾万钟部,已经把孙连仲部调了回来作总预备队。他说,这样就很好了。他把布防情形报告了我,以主力扼守关口外的雪花山,其余则布置在铁路两侧高地。雪花山守得住,也就是娘子关守住了。万一雪花山守不住,关正面仍可扼守的。
    我转回关后三十余里下盘石车站附近的指挥部。这个指挥部依山靠河(小河通出关外),军用地图上叫做磨河滩,是一个双口窑洞,是国防工事构筑的拟定的指挥地点。在那里,除了一个双口窑洞之外,一无所有,更谈不上什么通信设备了。在整个娘子关战役中,通信就赖正太铁路的电话线和一 些乡村电话线以及无线电台。
    我把那位晋绥军新编第十团的白长胜团长找来,问他这方面的工事情形。他说,这方面工事构筑的时间比太原以北晚得多,材料也欠缺,而构筑力只有他这一团,兵员名额也不足,虽然尽了全团的力量,只能做到这个地步,请副长官原谅。我听了,也无可奈何。在娘子关方面虽然筑了一些炮位,但大炮一门也没有。
    我要无线电台向冯钦哉取联络,但一直到娘子关失败,都未联络上,原来他没有将电台架起来,所以他那方面的情形如何,无从知道。我想冯钦哉所以如此,就是要避开上级赋予他的作战任务。据我当时及事后知道,娘子关左翼是没有什么敌情的,如果敌人知道这个情形,由平山向六岭关进攻,一定不费什么气力就把太原和忻口之间截断了,比之进攻娘子关省力很多。
    大约是十月二十一日的上午,娘子关正面发现敌情了。敌人是川岸兵团,由井陉方面进攻,自然是赵寿山师首当其冲。
    我屡次打电话问赵,他都回复我“守得妆。赵师所以守得
    住,是由于赵部官兵的努力勇敢,而日军进攻娘子关正面不是主力也是原因之一。所以娘子关正面,直到右翼溃退,赵寿山师才不得不撤退了。这是以后证明的事实。
    日军川岸兵团(由第二十师团和一些特种部队组成),以一部攻击娘子关正面,而以主力向娘子关右侧循微水、南漳城前进,进攻旧关(也叫故关)。旧关方面的发现敌情比娘子关正面迟了一些。那里是赵寿山师与第三军防线的接合点,在战线上是薄弱的环节,所以日军先头一举即占领旧关。第三军也曾增加兵力反攻,以图恢复,军长曾万钟也亲到前线督战,却无能为力。那里距我的指挥部只有三四十华里,我写了一封亲笔信派高参裘时杰、徐佛观带给曾万钟,并视察战况。这封信的大意是要他鼓励官兵不惜牺牲、奋勇杀敌、恢复旧关。曾万钟虽然亲到前方指挥,屡次反攻,日军兵力虽不大,却扼险死守,终未能把它夺回来,成了暂时相持的局面。
        日军得到后续部队的增援,即再行攻击,把第三军那里的战线冲破一个缺口。敌人以一部向南压迫第三军,以主力向北,企图占领下盘石车站,截断娘子关的后路。次晨敌军已迫近我的指挥所的后山。我当时手里除了两百多名卫士之外,没有掌握什么部队。适孙连仲部尚有第三十师的一个旅,在附近车站候车运太原,而尚未知道孙部要东调的计划。我找到旅长侯镜如,要他增加上去阻止敌人。侯虽没有奉到直属长官的命令,对越级指挥的命令却接受了。侯镜如旅上去后总算把敌人顶住了。同时我命令娘子关正面的赵寿山师向井陉出击,以阻止敌人后续部队向旧关前进,扩大缺口。但赵师出击的结果不好,反而把关外的要点雪花山丢了。赵寿山向我报告,说他的部队损失很大,但决心死守娘子关和正面铁路线上的要隘。这样,敌人遂将攻势转移到旧关方面,扩大缺口,侯旅伤亡很大,亦被冲破。恰好陕军原杨虎城的教导团,由团长李振西率领到来。这个团的官兵约有两千余人,士兵有许多是青年学生,是杨虎城当时想扩充军队作为下级军官之用的。西安事变前,有些共产党员曾在这个团里当教官,所以士气昂扬,团长李振西也很勇敢。我即命令该团由下盘石后山向前进的敌军迎击,由上午八九时接触,战斗至下午四时,总算把敌人顶住了。该团伤亡很大,收容下来仅剩五六百人,团长李振西也负了伤。
        孙连仲率领第二十七师(他的主力部队)和其他部队白天乘车东运,沿途被敌机轰炸,伤亡不少,午后才到下盘石车站,当即增加上去,把这条战线稳定下来。这时我将战线予以调整,娘子关以北仍由冯钦哉负责,虽然他一直不架设电台与我取得联络,但那方面尚无敌情,也只好如此。娘子关正面,要赵寿山师缩小防线,沿铁路扼守。那时正面的敌人已转到旧关方面了,顾虑不大。孙连仲部担任旧关方面的防务,这是敌人进攻的重点,并希望孙能夺回旧关。曾万钟第三军布置于旧关之右九龙关、昔阳方面,而该方面自旧关战后就失去了联络,情况一直不很清楚。
    孙连仲部增加上去之后,首先将敌人压迫回到旧关附近,但旧关仍在敌手。那次战斗虽在某些地方把敌人压迫包围在山沟里或村庄里,但敌人不肯投降。我出了大赏,俘虏一个日本兵就赏大洋二百元,而孙部解上来的俘虏仅有两个。据说俘虏日本兵固然不容易,即使俘虏到了,稍不注意,他们就自杀,这是他们武士道教育的结果。记得有一天,一个被打散了的日本兵,乱窜到我的指挥所附近来,四周都被我军包围,他仍不投降,一面放枪一面乱跑,只好将他打死。有一次我悬赏五万元要孙连仲派一营人夺取敌占的旧关某要点,他指定第二十七师的某营担任这个任务,并宣布我的悬赏。那营长慷慨地说:“赏什么罗!军人以卫国为天职,即令牺牲了,只希望抗战胜利后能在哪儿立一块碑来纪念我们这群为国牺牲的人就满足了。”后来那个要点仍未夺回来,那营长和大部分官兵都牺牲了,剩下的不到百人。可惜那营长的姓名,我现在记不起来。
    这时冯钦哉部队仍不知消息,曾万钟方面也失去了联络,战况不明。由于孙部的增援,旧关方面的战局得以稳定了一 些日子,但是要持久仍是困难的,因此我要回太原同阎锡山商量下一步的办法,并把指挥所撤至阳泉。
    我把娘子关方面的战况报告了阎锡山。我说:“娘子关方
    面冯钦哉部显然是有意规避作战,曾万钟部情况也不明了,铁路正面虽不是敌人攻击要点,赵寿山师也已打得很残破了。攻占旧关的敌人,虽有孙连仲部暂时顶住了,但敌人必定会陆续增加。他们攻击的目标,必是孙连仲与曾万钟两部的接界点,向昔阳、平定方面突进,企图占领阳泉,截断正太路,包围娘子关和旧关的我军,威胁太原。我要求从忻口方面抽调一些部队增加娘子关方面,以免影响忻口方面的会战。”
    阎锡山把他的注意力都放在忻口战场,而对于娘子关方面起初是不很注意的。他总以为平汉路上的石家庄可以维持若干时间,娘子关方面就没有被攻击的顾虑;即使石家庄之线撤退,平汉线上的我军仍可牵制敌人向娘子关攻击。他料不到石家庄丢得那样快,更料不到敌人不顾平汉路我军的牵制,而以主力进攻娘子关。其实平汉线上的守军自石家庄一 退,就退到安阳,仅在漳河南岸防守,完全不起牵制敌军的作用,所以娘子关战役自始即处于疏忽被动状态。
    阎锡山考虑了一会说:“川军邓锡侯集团军已奉令调来山
    西,先头部队已到达风陵渡,渡河后即可由同蒲路乘车北开,
    预定是增加娘子关方面的。”我说:“时间来得及吗?”他又
    考虑一下说:“忻口方面担任正面作战的部队,是不好抽调的
    。”
    我次日即赶回阳泉,驻在阳泉煤矿局。一两日后,昔阳县打来长途电话,报告敌人已迫近昔阳,要我派军队堵击。这显然是敌人已由我们右翼突破,平定阳泉(阳泉属于平定县)就是敌人进攻的下一个目标。这时(大约是十月二十三 日)恰好川军先头某师曾苏元旅到了阳泉,我就要他向平定、昔阳方面阻止敌人。四川军队的枪械很差,不但缺乏轻重机枪,连步枪也都是川造的,打了几十发子弹就要发生毛玻曾苏元率领所部连夜向平定、昔阳方向出发,次日就遇到敌人,战况怎么样,以后一直不清楚。
    这时我手里除了一个卫士队之外,别无其他部队可以指挥。敌人如果攻占阳泉,不但威胁太原,也就将我正面的孙连仲部与赵寿山部的后路切断了。我当时决心把正面的孙、赵两部撤回阳泉。其实孙连仲在没有我的命令之前,已自行撤退到阳泉。次日,孙连仲到了阳泉,说敌人由他右翼突破,一 定向昔阳方面压迫,大部转而向他的右翼包围。他部各师伤亡都很大,不能不撤下来。我问赵寿山部的情况,孙说不清楚。
    我这时候能指挥的也就只有孙连仲这部分军队,我要他在阳泉收容整理,再从事抵抗,阻止敌人进攻太原。我的指挥所就在这时转移至寿阳县城铁路南侧的半月村。在那里驻了几日。这时遇到八路军刘伯承师的队伍,经此地向昔阳前进。他们都在夜间运动,迅速而秘密,向敌后挺进。
    孙连仲在稍后的时候也退到寿阳城里来。有一晚上,我到他指挥部里问他的情形。他说他的三个师,只有冯安邦的第二十七师尚好一些,其他如池峰城的第三十一师和张金照的第三十师,都损失很大,没有什么战斗力了。我向孙说,正太路上如不在阳泉作有效的抵抗,敌人一下就能冲到太原。我们的责任是很大的,无论如何要令第二十七师师长冯安邦在阳泉抵抗,不得后撤。适在这个时候,冯安邦来电话报告,说敌人已接近阳泉,阳泉地形不好,要撤到阳泉以西地区收容整顿才能抵抗。孙连仲要冯安邦接受固守阳泉的任务,并且对冯安邦说:“再后撤,就枪毙你!”冯安邦说:“报告总司令,我手上只剩了一连人,如果收容好了,我总尽我的最大努力就是了。”孙连仲与冯安邦是亲家,据说孙对冯一向是有些袒护的。孙当着我面说要枪毙冯,也许是做给我看的,说明他已对部下下了最严厉的命令。
    就在那天夜里,又有两列车的川军由晋南经榆次开到寿阳车站,是王铭章率领的后续部队。在那紧急的情况下,我只好令其东开,占领寿阳、阳泉之间铁路以南的山地,掩护前方部队的收容整顿,并归孙连仲指挥。
    太原会议及太原失守后的狼狈情况
    这时忻口战场经过相当激烈的战斗,对当面的敌人既无法歼灭也没击退,而敌人又陆续增加,不断进攻,我军很难维持。阎锡山打电报给我,同时也直接打电报给各总司令,要我同孙连仲即刻到太原去开会,讨论防守太原的部署。就在那日下午四五点钟,我带同一班卫士到达太原。我的指挥部人员则停留在榆次附近的鸣李村,我关照他们必要时向榆次以南撤退。孙连仲也同他的参谋长金典戎到达太原。
    会议是在太原绥靖公署会议厅举行的,由阎锡山主持。到会的除我和孙连仲之外,有忻口方面作战的卫立煌和晋绥军的高级将领,山西省政府主席赵戴文、参谋长朱绶光、参谋处长楚溪春都在座。阎锡山把必须保卫太原的理由向大家说了。他的计划是:以忻口方面退下来的部队据守太原北郊的既设工事,并派一部守汾河西岸高山的工事;以娘子关撤退的孙连仲部据守太原以东的高山既设工事;以傅作义部死守太原城。
    在会上,我提出意见,不很赞同这个计划。我并非认为太原附近的既设国防工事不应固守,而是认为忻口和娘子关两方面的部队正在败退,恐怕在还没有占领阵地的时候就被敌人压迫到太原城边来。同时,那些所谓国防工事的可靠性,亦是一个谜。这是我在娘子关方面得到的坏印象。万一那些部队站不住脚,被敌人压迫下来,这许多人马,前方后方都混杂在太原城区的锅底里,其危险的后果就不堪设想了。
    太原是阎锡山统治山西二十多年的首府,是他毕生所经营的兵工业(太原兵工厂)和其他某些工业的所在地,也是山西集团官僚们多年积聚财富的集中地点,阎是不肯轻易放弃的。
    我认为太原城固然不宜轻易放弃,因为那时候失守一个省城,全国都会震动的。但我不主张以野战来支持守城,而应以守城来支持野战部队的休息整顿。也就是说,即使守城部队都作了牺牲来换取大多数野战部队休息整顿的时间,也是值得的。如果照阎锡山的计划,用所有的部队(除守城部队之外)防守北郊既设工事,以支持守城部队,即使都能按照计划占领阵地进行抵抗忻口方面南下的敌人,但我估计娘子关方面的敌人与忻口方面敌人是配合行动的,这样娘子关方面敌人没有一些阻挡就到了太原城的东南门,由南北两方面同时夹击太原城和据守北郊工事的野战军部队,其后果是不堪设想的。
    我主张将娘子关方面的部队(那方面能掌握的只有孙连仲部和一些续到的川军)撤至寿阳县铁路线以南,和榆次县以东的山地收容整理,并与八路军联络。日军如直攻太原,则从敌人侧后予以袭击。日军如向南进攻,则沿同蒲路东侧山地逐步撤向太谷、平遥。忻口方面的部队,除派一小部守北郊既设工事作守城的警戒部队外(必要时撤过汾河以西),其余皆撤过汾河占领汾河以西的高山地区,监视敌人,从事整顿,必要时则侧击敌人。这样布置,则由忻口、娘子关撤退下来的部队,既可休整,也可牵制敌人攻击太原城,太原城也可作为城外部队的支援。
    我这些意见,孙连仲和卫立煌当初都是赞成的,而阎锡山仍坚持他的原计划。晋绥将领向来对阎的计划不敢表示异议。我更指出,忻口会战是费了很长时间的准备才能进行的,怎能在大撤退之后又再匆匆进行另一场会战呢?时间是决不许可的。
        最后会议上就剩了我同阎锡山相持不下,其余的人都是在战场上多少天未睡的,就在会议厅打起呼噜来,不再管什么计划不计划、争论不争论了。会议开到了午夜一点多钟仍无结果,最后阎锡山说:“军队已经行动了,要改变也无从改变了。”原来阎锡山打电报要我们来开会的同时,已将他的命令下达给各部队总司令了。
        阎锡山说完上面那两句话之后,就对朱绶光、楚溪春、
    赵戴文轻轻地说:“咱们走吧!”他们就离开会议厅了。有些
    人还睡着不知道呢!楚溪春对阎说:“还未宣布散会,会上的
    将领还不知道呢!”阎说:“不用管了。”不久电灯忽然灭了
    ,不仅太原绥署漆黑一团,整个太原城也没有半点灯光了。这种狼狈情况,是我在国内战争和抗日战争中所未见过的。
    但我对蒋介石应有一个交代,便摸到长途电话室打电话给侍从室主任钱大钧。巧得很,电话一挂就通了。我把娘子关和忻口战场两方面的溃败情形和太原会议情形告诉了钱大钧,要他转报蒋介石。钱问我太原能守多久?我说很难说,如果照今晚的情形来看会议无结果姑且不论,而高级将领多半不能回到部队去指挥,这样混乱是很不妙的。我告诉钱大钧我立刻要离开太原了,要他听以后的消息。那是一九三七年十一月四日的深夜两点钟。
    我打完南京的电话,走到绥署大门停车的地方,竟然静寂得怕人。指定给我使用的汽车找不见了,更没有其他的汽车,真使我心里着急。我想起傅作义以往和我打过不少交道,有相当的感情,他负守城的责任,当然还在城里,去找他或许还有办法。但当时满城漆黑,也不知道傅的司令部在哪里。
    我的随从副官周杰英劝我赶快走,迟了怕被封锁在城里就不好办。我带着十多个卫士摸到南门,幸城门还开着。这大概是因为阎锡山还有许多贵重的东西没有运完,汽车仍在进进出出。
    我们出城由公路走向汾河桥(太原汾河桥有两座,一在城南,一在城北),在桥上又遇到了很困难的问题。汾河桥桥面很窄,汽车只能单行。很多由太原满载物品的汽车要向西开,而那些回太原运东西的空车却要向东行,彼此不肯相让,闹成一团。有些司机已在车上呼呼睡着了,一点也不着急。我见这样情形,如果相持到白天(那时已是深夜三点多钟了),敌机一来轰炸,岂不都完了吗!于是我这个战区副司令长官就暂时充当汾河桥的交通司令。我拿出副司令长官的名义向那些空车司机说理,连劝带骂,弄了一个多钟头,要他们向后退让,因回空的车占少数,后退也比较容易,让那些载重的汽车过完,然后过去。我还在桥头派我的卫士执行这个任务。
    天快亮了,我同副官、卫士截住一部回空卡车,乘着来到太原西南数十里的开栅村停下来。第二日早晨到乡公所查问,才知道这地方离交城县不远。我们到县城打听,才知道阎锡山也到了那里。阎锡山那晚临走的时候,并未告诉我他将到什么地方去,在这里是无意中遇到他的。我去见他,把昨夜出城的经过概况说了。他问我:“你看太原能守多久?”我说:“很难说。我很担心城外的部队昨晚和今天是否能进入阵地站得住脚,守城还在其次。”他又说:“宣生(傅作义号)是守城有名的。那年他守涿州两个多月,抗住了数倍的奉军和优势炮火。我在城里储备了半年以上的粮食和弹药,太原的命运就寄托在他的身上。”我对傅作义过去的守涿州也是钦佩的,但是当时我想,相隔十年,时代不同了,而敌人又是气势方张的日军,是不是能同守涿州那样守得住,心里很怀疑,只是口里不便说什么。
    阎锡山要我住在他那里,好遇事商量。我住了一夜,告诉他娘子关撤退下来的许多部队还得去收容。他不说什么,随叫交通拨给我一辆卡车和一辆小轿车。次日一早我坐汽车由交城经汾阳、孝义向介休进发。在路上两次遇到敌机,幸而发现得早,不待扫射我已躲进路旁的沟里去了。虽然遭到扫射,人车都未受损。汾阳、孝义的老乡们还不知道太原的情形,仍然是熙熙攘攘来赶市集。我们到了介休,情形就不大相同了。那是同蒲铁路的大站,刚被敌机轰炸,车站毁了,正在燃烧着。停在站上的列车也炸得乱七八糟,死亡的士兵尸体不堪触目。车站的人员都逃散了,打听不到以北沿线的消息。在黄昏的时候,我找到了失去联络的卫士队,他们是在榆次将失陷的时候步行退到介休的。他们说,指挥部人员比他们更早些时候已乘火车南下了。这个卫士队就是我当时唯一能掌握的二百多人的部队了。我同他们在介休、灵石之间一个小村里住了一夜,次日出发,傍午到了灵石城稍北公路上靠近长途电话线的小村里。我就在那里进行收容,但是退到那里的都是零星失散的士兵,没有官长率领,集合不起来。
    显然可以料到,娘子关方面的部队,多半是由昔阳向和顺方向南进,或者是由榆次向太谷,或者是向沁县南进。铁路是敌机轰炸的目标,他们是要避开的。
    我用电话向各方面联络,想找阎锡山说话,报告东面的
    切和探问太原城的情形。阎的声音很低,五台话也难听懂,最后只好由参谋处长楚溪春代为答话。楚溪春说太原城于十
    月八日丢了。这是我离开太原城的第四日,也就是太原城只守了四天。当然这是出乎阎锡山和蒋介石的意外,就我来说,虽意料守得不会太久,但也料不到会丢得这样快。阎锡山本人那时已由交城移到隰县的大麦郊,此后的行动我就不清楚了。
    在这里,还得回过笔来补写一些太原会议后和北郊战事以及其他的情况。这些材料是根据曾经亲预其事的人事后告诉我的。
    太原会议到深夜无结果,阎锡山同他的幕僚偷偷地溜走了,电灯也黑了,我狼狈逃出太原已如上述。据孙连仲后来告诉我,他摸到城门时,守城部队快要把城门堵塞了,说了许多好话,守城兵才肯把城门的堵塞物弄开了让他走出来。他的部队原指定是占领太原东边一带设有工事的高地,但由于时间急迫,部队收容了多少都不知道,更谈不上占领阵地抵抗敌人了。于是他只好带领在身边的一些人渡过汾河在河西山地上乱跑乱窜。他遇到由忻口退下来的部队,也不占领北郊工事从事抵抗,而是向西北乱窜。又据孙部第三十师八十 九旅旅长侯镜如说,第三十军和他的部队也未能占领太原以东指定阵地,就被敌人压迫向南撤退。当时未参加忻口会战的裴昌会师,虽奉命当晚开到阳曲湾据守既设工事作为掩护,也未到达就溃乱南撤了。所以原定据守北郊既设工事保卫太原的计划,由于当晚的混乱,根本不能实施。敌人从北面、东面直迫太原城,太原从而失陷,造成华北战场的最大损失。
    我在灵石住了几天,没有什么部队可收容,每日除了打电话给南京报告之外,就没有什么事可做。我在电话中同钱大钧说,山西的战局就是这样,我再在这里已没有什么作用,想要蒋介石把我调回南京。钱大钧还告诉我说,阎锡山对我很有意见,他认为忻口会战是由于娘子关方面的作战不力而致溃败失利的。我当然不同意阎锡山这种推卸责任的说法,但也不想辩什么。钱大钧同情我的处境,答应转报蒋介石,但说也须征求阎锡山的同意。我见在灵石没有什么事可办,遂决定退往临汾。临汾是晋南比较大的地方,山西省政府和绥靖公署的人都退集在那里(但阎尚未到)。在那里,我见卫立煌也退下来了。不久我得到蒋介石的核准和阎锡山的同意,乘专车离开山西回南京。山西以后的情形我就不知道了。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*