党籍証明の有無が分けたその後の人生


戦争体験談で紹介している李樹徳さんは、戦前の早い時期から中共に入党し、山西軍・親日政府軍内で中共の浸透に務めた党に功績のある者のはずだった。しかし戦後、彼の働きは忘れ去られた。彼は戦後の長い間、閻軍・偽軍(親日政府軍)に身をゆだねた者として、西安のとある工場の一工員に甘んじた。彼の名誉回復がなされたのは1987年だ。

李樹徳氏(1997年)

李樹徳氏(1997年)

当時、中共への入党手続き、特に国民党軍や親日政府軍内部での入党に際しては、党員と入党希望者との一対一の相対で行われ、正式な文書などによるやりとりは一切なかったという。これは証拠を残さず、縦の関係のみを構築することで情報漏洩に備えるためだった。そのため、例え同じ職場でも党員同士としての面識はないことが多かったようだ。これは中共が非合法とされた時代から、日華事変後に第二次国共合作が成立した後も変わらなかった。

このため、党員の身分は自分を中共に引き入れた人や、何らかの形で党員として共に活動した仲間のみが証明できることになる。身分証明できる人が全て亡くなってしまうと、自分の党籍を証明することは極めて難しくなる。李さんの場合は、第二次大戦と国共内戦で身分証明できる人は亡くなってしまい、新中国成立後に党籍を主張したものの一顧だにされなかった。戦前に共に戦った戦友が党や政府の重要ポストに就いて社会的に恵まれた地位にあったのに、彼は長年、工員としての人生を送り、経済的に苦しい生活を余儀なくされた。

彼の戦前の功績が認められたのは、文革の混乱が収まり、党主導ではあるが、ようやく過去の歴史を掘り返す作業が始まった1980年代半ばになってからだ。第一軍の捕虜収容所である「工程隊」内部における地下活動の実態が明らかになってくる過程で、そこでの中心人物のひとりが彼であることが判明した。すでに齢七十歳を迎えた1987年、ようやく名誉は回復された。人知れず不遇の人生を送って亡くなっていった人に比べれば、生きているうちに名誉回復がなされた彼は幸運なほうだろう。名誉回復から十年たった1997年末、老衰で亡くなった。八十歳だった。中国では長生きだ。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000034.html

Related Posts

One thought on “党籍証明の有無が分けたその後の人生

  1. 中国 山西 大同 陈尚士

    党籍证明的有无,裁决划分了其后的人生
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    在上两期战争体验谈里介绍的 李树德先生,他在战前的早些时候就加入了中共,在山西的阎锡山军和亲日的政府军里(伪军),致力于中共的渗透工作,对党应该是一个有功绩的人。可是,战后他的功劳被遗忘了。作为长期委身于阎军、伪军的一个人,战后他心甘情愿在西安的某工厂做一名个人,他的名誉被恢复的时候是1987年。
    李树德先生(1997年)
    当时加入中共的手续,特别在国民党军以及亲日的政府军内入党的时候,据说是以党员和要求入党者一对一的形式进行的,一概没有正式的文书交流。这样做就不留下证据,只是通过构建纵向的关系,来防备情报的泄露。因此,即使在同一个工作岗位,很多情况下,党员们彼此之间好像互不认识。这些做法从中共被作为非法的时代起,直到日中事变、国共达成第二次合作之后也没有改变。
    因此,只有把自己介绍到中共的人,或者以某些形式作为党员,一起进行了活动的伙伴,才能够证明自己的党员身份。一旦能够证明身份的人不幸死去,证明自己的党籍就变得十分困难。李先生的情况是,在二战和国共内战中,能够证明自己身份的人都不幸死去了,新中国成立后,虽然主张看重党籍,可是他却被置于不屑一顾的境地。战前共同战斗的战友在就职于党和政府的重要岗位,在社会上处于受恩惠的地位,而他却长年度过了作为工人的人生,在经济上不得不经受艰苦的生活。
    李先生战前的功绩被认可,是起自于1980年中期以后的事情了,文革的混乱结束后,尽管还是在党的领导下,但挖掘过去历史的工作好不容易启动了。在日军第一军俘虏收容所的“工程队”内部,在进行地下工作的实际情况明朗化的过程中,判明了他是那里的中心人物之一。在已经迎来70高龄的1987年,他的名誉好不容易被恢复了。他与不为人知、度过遭遇不佳的人生而死去的人相比,能够在有生之年被恢复名誉,算是幸运的了吧。从恢复名誉起,到了十年之后的1997年,他因衰老而去世了,终年80岁,在中国算是长寿的了。
    相关文章:李树德先生(1)
    李树德先生(2)
    太原俘虏收容所里的“工程队”

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*