王亮さん [2]


日本軍の討伐
王さんが長兄の結婚式の日に使役に連行されてから一年近く経った1940年(昭和15年)の11月末、日本軍が王さんの村から約2キロ東にある好村に来たとの知らせが入った。この時期、中共軍の「百団大戦」(*1)で悪化した治安を回復するために、日本軍は大規模な討伐作戦を行っており(*2)、住民の受ける被害も増えていたから、日本軍の接近に村民一同緊張した。しかし、すぐ夜になるために日本軍は好村(*3)で宿営するらしく、とりあえず様子を見ることになった。

次の日の朝、王さんは夜が明ける前に起きて、五兄の王昭さん(当時15歳)とともに村を出た。また使役に連行されてはかなわないので、日本軍を避けるため、まだ暗いうちに山のなかへ避難した。山のなかを歩いてしばらくすると陽があがってきて、夜も徐々にあけていく。山の麓に着ついたときには、朝もやを通して村が一望できた。

(*1)「百団大戦」は日華事変を通じて軍事面で中共が唯一とった積極策だった。インフラへのテロを主体とし、日本側に大きな被害が生じた。詳しくは、こちらのコラム「百団大戦」の政治背景を参照。
(*2)復員局編「北支那方面軍作戦記録」によれば、この時期に王さんの暢村付近で作戦を実施していた部隊として最も可能性の高いのは、10月19日開始の第二期晋中作戦の第二次作戦に参加した、第四十一師団所属の歩兵大隊。この大隊が、呂梁山への使役の際の北平鎮駐屯部隊(白方大隊)と同一かは分からない。前掲書では「…第四十一師団ノ歩兵一大隊ハ洪洞東方地区ヨリ 夫々沁源及郭道鎭(沁源北方約二〇粁)附近二向ヒ求心的二攻撃前進セシカ 大ナル敵ト遭遇スルコトナク 沁河一帯ノ共産軍根拠地ヲ覆滅セリ 次テ各部隊ハ反転シ 一二月三日作戦ヲ終了セリ…」とあるから、この大隊所属の部隊が王さんの村に来たのなら、駐屯地に戻る途中に寄ったものと考えられる。
(*3)現在の行政区画では、王さんの村から東へ約二キロの場所に好村という村は確認できない。

火事?
山麓に着いて村を見おろすと、あさもやのなか、村から煙の上がっているのが見えた。村の住民はみな山のなかに避難しているから炊事の煙ではない。どこかの家が避難するときに火の始末を忘れて火事になったのかもしれない。村には年寄りと治安維持会の数人を残して誰もいなかったから火事なら大変だ。五兄は王さんを残して村へすっ飛んで帰っていった。後からこの火は、村に来た日本兵がつけたものと分かった。

五兄が山を降りていってしばらくすると、入れ替わるように日本軍が山のなかに入ってきた。王さんはあわててさらに山の奥へと逃げることにした。逃げる途中、同じ暢村に住んでいた雀書子さん(当時40歳)と王全管さん(当時19歳)のふたりの男性に出会った。ふたりとも日本軍が山に入ってきたために、山の奥へと逃れてきたのだった。王さんはふたりとともに更に奥へと進んでいった。しばらくすると、村に通じる谷を見下ろせる場所に洞窟があり、三人はそこに隠れることにした。

「花姑娘、花姑娘!」
洞窟のなかでしばらく待ち、日本軍の気配を窺っていると、全管さんがもう安全ではないかと言う。彼はさっき日本兵が女性を三人連れて谷をおりて行ったのを見たからだ。そこで三人は谷におりて道に出て、歩いて村に引き返すことにした。しかし、谷を降りて道にでてしばらく歩いていると、突然、王さんたち三人の前に数人の日本兵が現れた。逃げるまもなく王さんたちは捕まってしまった。

すると、そのうちの二人の日本兵が王さんたちに小銃を向けて、なにやら言っている。中国語で「花姑娘、花姑娘!」と言っているようだった(*4)。どうも王さんたちに女性のいるところまで案内させようと考えているらしい。

王さんたちは逃げてくる途中に女性には会わなかったので、女性が山のなかのどこに隠れているか知る由もなかったが、まごまごしていると撃たれるかもしれず、仕方なく三人は女性がいる場所に案内するかのように、もと来た道を引き返していった。王さんを先頭に雀さん、その次に全管さん、一番後ろに二人の日本兵が続くという順番で、山道をあがっていった。

(*4)「花姑娘」hua gu niang(フォア グーニャン)と発音する。本来、「姑娘」は一般に未婚の若い女性を指し、「花姑娘」は妓女を指す。日本兵は若い女性の意味で使った。

「ゴーシテヤル!ゴーシテヤル!」
なるべくゆっくり歩いて時間を稼ごうとする王さんたちに、彼らはしきりに小銃でこづきながらせき立てる。これから一体どうしたらよいか、一番先頭を歩く王さんは不安を募らせながらも、とにかく前に進んでいった。

しばらく坂を上がっていると、日本兵が王さんたち三人を呼び止めた。王さんは何だろうと歩みをとめて後ろを振り返った。すると、いきなり一人の日本兵が小銃を構えたかと思うと、全管さんの後頭部に向けて引き金を引いた。パンッという乾いた銃声が響いた瞬間、弾は全管さんの頭を貫通して彼の顔半分を吹っ飛ばした。さらに弾は、そのまま前にいた雀さんの首にあたった。一発の銃弾で、一瞬のうちにふたりがその場に崩れ落ちた。

びっくりして立ちすくむ王さんに日本兵が近づき、王さんを突き倒した。王さんは、ちょうど左足を折り曲げて、足が左腹の前にくる形で俯せに倒れた。すぐ後ろで日本兵が「ゴーシテヤル!ゴーシテヤル!(殺してやる!殺してやる!)」と言っている声が今でも耳に残っている(*5)。そしてその言葉が終わるか終わらないかのうちに銃声がした。その瞬間、右腹に激痛が走り、腹の内部が火傷したように熱くなった。

日本兵の撃った弾は、肝臓の上のあたりの右腹から入って王さんの身体を貫通し、左腹から抜けていた。さらにそのあと、左腹のあたりに曲げていた左の太股も貫通した。弾は倒れていた雀さんにあたった。たとえようもないほどの激痛で、弾の通った腹の内部が熱く、火傷をしたような感じがしたという。

左腹の銃創痕を見せる王亮さん。(山西省太原,1994年)

左腹の銃創痕を見せる王亮さん。(山西省太原,1994年)

しかし幸いにも撃たれても意識ははっきりしていた。痛みに耐えながら何とか死んだふりをした。王さんを撃った日本兵は血を流して倒れている王さんを死んだものと思ったようだった。もう一人の日本兵が、この時点ではまだ生死は不明だった雀さんの身体を足でけっ飛ばして坂の下へ転がした。死んでるかどうか確かめたようだ。同時に何人かの村人が山のなかに隠れているらしく、女の人が泣いている声や茶碗の割れるような音が山からしてきた。日本兵は音のする方向へしばらく小銃を向けていたが、そのうち銃をおろすと、もう一人の日本兵に「オー、ダーゴグレ(おい、タバコくれ)」と言って一服しはじめた。二人の日本兵はタバコを一吸すると、何事もなかったかのようにもと来た山道をおりていった。
(*5)王さんは日本語を解さなかったが、その時の声はずっと耳に残っていて、のちにその意味を調べて分かったという。実際、王さんは「ゴーしてやる」「オー、ダーゴグレ」と口まねをしてくれた。

瀕死の帰宅
日本兵が去ったあとも、王さんはなおも死んだふりをしていた。どれくらい時間が経ったのだろうか。日本兵が戻ってきそうにないため、王さんは村へ戻ろうと、痛みをこらえて立ち上がった。腹にできた傷口を見ると、弾の出口が黒っぽく焦げたようになっていた。後ろをみると、すぐそばに全菅さんが倒れていた。顔の半分がなくなっていた。坂の下の方には、首を撃たれた雀さんが倒れているのが見えた。

王さんは、村に向かって山道を歩き始めた。両手でそれぞれ弾の入り口と出口を押さえながら、そろりそろりと歩き始めた。この時、腹の傷の余りの痛みのために、最初は左太股にも弾があたったことに気付かなかったという。

一キロぐらい歩いただろうか、ふっと左足を見ると、太もものあたりから出血していて、足が異様な太さに腫れてるのに気付いた。太ももなどは普段の二倍くらいの太さになっていた。このとき、はじめて弾が腹を貫通して左太股にあたったことに気付いた。すると、今まで何とか歩いて来たのに急に歩けなくなってしまった。

太股の銃創痕を見せる王さん。左腹の傷は消えかけているのに対し、太股の傷跡は今でも痛々しい。(山西省太原,1994年)

太股の銃創痕を見せる王さん。左腹の傷は消えかけているのに対し、太股の傷跡は今でも痛々しい。(山西省太原,1994年)

道の真ん中で歩けずにうずくまっていると、たまたま叔父の息子にあたる男性(当時30歳)が他の村人とともにやってきた。王さんの傷にびっくりした彼らは、急いで近くの民家に行き、そこの住人に断って戸板を外してきた。担架代わりにするためだ。彼らは重傷の王さんを急ごしらえの”担架”に乗せると、村へと急いだ。

戸板に乗せられて王さんが村へ帰ってきたとき、村はほとんどが焼かれていた。日本軍が敵性部落として村のすべての住居に火を放っていったという。王さんの家も焼け崩れたようだった。しかし幸いにもひとつだけ部屋が焼け残っていた。王さんはその部屋に運ばれた。

部屋に寝かされた王さんは、塩を溶かしたお湯で傷口を消毒したのち、自家製の漢方薬を傷口に塗ってもらった。冬の季節を迎えるためにとっておいた食料も奪われ、残りもすべて火をつけて焼かれてしまっていた。唯一残っていたのが、万が一のために土のなかに隠していたじゃがいもだった。王さんはそのじゃがいもを食べながら、漢方薬を塗って紙をはり、半日経つとはがして塩湯で洗ってからまた漢方薬を塗りなおす手当を受けた。漢方薬を塗り直すときに乾いた紙を剥がすときの激痛は今でも忘れられないという。最初の頃はあまりの痛さに夜も眠れず、阿片を服用して痛みを押さえたそうだ。

農作業のできない冬の季節に入ったばかりのこの時期に家を焼かれ、備蓄していた食料を焼かれたことは、王さん一家にとって(村のほかの住民にとっても)大きな悲劇だった。働き手のひとりである王さんも重傷で動けない。王さんの父は冬の間、行商を行うことにした。今まで農民一筋だった父のにわか仕込みの商いでは売れる量もたかが知れている。やくざ者の嫌がらせもある。それでもなんとか一家を養っていくためには物売りしかなかった。父は冬の間、遠く他県まで行商に行って、数週間帰らないこともしばしばだった。

足の傷は完治するのに四カ月ほどかかった。一方で、腹の傷は二カ月ほど経つと饅頭ぐらいの大きさの腫瘍ができ、ある日それがぽろっととれて傷が治ったという。(*6)

(*6)足と腹それぞれの銃創傷の完治する期間が二ヶ月近くも違ったのは、一度、身体の内部を貫通した弾が変形ないし破損した形で左太股に入ったために、内部の傷の度合いが腹よりもひどくなったものと思われる。実際、写真を見ても分かるように、未だ王さんの身体に残る傷跡は、左腹の部分はほとんど消えかけているのに対し、太股の方がよりひどい。のちに見るように、1943年(昭和18)冬に撃たれた時は、王さんの肩を貫通した弾が、後ろにいた女性(李改香さん)の腕に命中し、腕が付け根の部分から吹き飛んで切断されてしまったが、これも弾が変形したことによると考えられそうだ。

→Next // 王亮さん [3]

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000016.html

Related Posts

  • 王亮さん [1]2005年2月26日 王亮さん [1] 1940年(昭和15)2月、沁源県の自宅で長兄の結婚式を行っていた日に、親戚女性三人が日本兵に乱暴され、王さん自身は兄弟とともに約二週間の使役に狩り出された。 […]
  • 王亮さん [3]2005年2月26日 王亮さん [3] 1943年(昭和18)冬、中共党員としてゲリラ活動中に兄と仲間四人とともに日本軍に発見され、左肩を撃たれて全治一ヶ月の重傷を負った。女性一人は左腕を撃たれ、兄は銃剣で刺された。 […]
  • 李献瑞さん [2]2005年2月19日 李献瑞さん [2] 太原での生活の再開 平遥から列車に乗って李さん一家は太原に無事到着した。しかし、一年ぶりに戻った一人巷の自宅は、親日新政府に接収され、日本人が住んでいた。昔ながらの四合院建築の […]