自存自衛のために華開いた中国武術


中国山西省に古来から伝わる武術を日本で教えているクラブ(心意倶楽部)があり、そこのホームページで興味深いことが書かれていた。戴氏心意拳というその武術は、山西省の祁県に代々伝わっているもので、もともとは晋商の豪族・戴一族が数百年にわたって秘伝として教え伝えてきたものだという。専門家からは名だたる伝統武術の源流に位置するものとされているという。

ところで中国の武術は民間武術とも呼ばれる。古来日本にはそのような類の武術はあまり耳にしない。日本では武を用いるものはあくまでも武士をはじめとする特権階級に限定されていたこともある。これに対して中国の武術ではそのようなことはあてはまらず、むしろ民間の高名な武術を公権力が取り入れるという構図も少なからずあったようだ。

中国で民間武術が成立したのは、日常の生活防衛に必要だったからだ。そもそも公権力による統治とは全国一律の徴税と行政サービスを実施することにほかならない。担税力に乏しい農業人口が八~九割を占める中国では、治安を維持する国税レベルでの徴税収入は塩税や関税でまかなわれてきた。税の見込めない農村を統治する者はおらず、中国の農村には公権力が入らなかった。おそらく根拠地を築きに入った共産党が農民たちにとって初めて近くに感じた政治であり、本格的な公権力の存在を知らしめたのは新中国成立後に人民公社の設立が強行されたときかもしれない。このため、かつては行政サービスも実施されることなく、中国の農村では公権力のかわりに地主や村老たちが集落を維持することとなった。匪賊から自分たちの集落を守るための治安維持は重要な柱で、民間武術もそこに華開いたのだろう。戴氏心意拳の創始者は自らの武術を編み出す前に河南で鏢局という今でいう民間の警備会社のようなものを経営していたようだ。

地主だが、借地料の徴収と治安維持のための武力の両方を有するとなると圧政へとつながりかねず、実際に村民らが反乱を起こす例もあったようだ。しかし、新中国で地主を追放する際に呼ばれた「悪覇」と、実際のイメージはかなり違う。多くの集落では中世ヨーロッパの郷紳に近い存在だったのかもしれない。ただ地主といっても千差万別で、富める村と貧しい村では「自存自衛」のための治安能力にも差が生じるのは仕方がないことだ。少なくとも、技術体系を構築しなくてはならない武術は貧しい集落では無理で、名だたる伝統武術の源流と噂される高い技術体系を持った戴氏心意拳が、豪族の家系で練られたというのはきわめて自然なことなのだろう。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000102.html

Related Posts

  • 黄河のほとりで戦死した女性漫才師2005年7月14日 黄河のほとりで戦死した女性漫才師 1941年(昭和16年)に河南省で前線部隊を慰問中に戦死した女性漫才師・花園愛子。漫才師で靖国にまつられたのは愛子だた一人だという。 […]
  • 気味の悪い写真2005年4月28日 気味の悪い写真
  • 支那の蝗害2007年4月29日 支那の蝗害 中国大陸において、水害と旱害に並んで恐れられてきた災害が蝗害(こうがい)だ。通過した土地の草木を全て喰い尽くしてしまう蝗群の威容は、戦前に大陸に出征した日本人もよく遭遇したようで […]

One thought on “自存自衛のために華開いた中国武術

  1. 山西大同陈尚士

    为了自卫自存而遍地开花的中国武术
    土八路译自日本网络http://shanxi.nekoyam ada.com/
    在日本,有个俱乐部(心意俱乐部),教习着自古以来就在山西省传播的武术,写在那里的网页上的内容意味深长。那种叫做戴氏心意拳的武术,是代代在山西省的祁县流传着的武术,据说,起初是作为晋商的豪族—-戴氏一族历经数百年的秘传而教传下来的。据专家称,它处于著名传统武术的源流地位。
    然而,中国的武术也被称做民间武术。自古以来,像这一类武术在日本就不怎么听说。在日本,用武之人说到底往往是被限定在以武士为首的特权阶层。相对于此,与其说中国的武术不适合类似情况,倒不如说,好像公共权力接受民间有名的武术的构想也多。
    在中国,民间武术之所以能够存在,是因为在日常生活防卫上是必须的。所谓的由公共权力实施的统治,不外乎是实施全国一律的征税和行政服务。在农业人口占8—9成的中国,贫穷的农民无力承担税务,在维持治安的国税水平方面的税收,一直是依靠盐税和关税来干预的。统治者是不能够估记农村税收的,公共权力也没有进入中国的农村。共产党进入根据地来建设,对于农民们来说,大概就是头一次感受到近在眼前的政治,使他们知道正经的公共权力的存在,也许是新中国成立后,人民公社被强行设置了的时候。因此,在过去,行政服务也没有被实施,在中国的农村,代替公共权力的,就成了由地主以及村里的长老来维持村落。因为由匪徒来守护自己村落的治安维持,是其重要的支柱,所以民间的武术也就在那里遍地开花了吧。戴氏心意拳的创始人,在编出自己的武术之前,好像在河南经营着镖局,用现在的话来说,就是经营着民间警备之类的组织。
    虽说是地主,不过,一旦拥有用于地租的征收和治安维持这两方面的武力,就易于向以权力压制的政治发生瓜葛,实际上好像村民们也有发动叛乱的例子。但是,由新中国流放地主的时候,称他们为“恶霸”,这与其实际的形象相去甚远。在好多的村庄里,他们也许是近似于中世纪欧洲的乡绅人物。只是虽说是地主,也是千差万别的,在富有和贫穷的村庄,在用于“自卫自存”的治安能力方面,产生了差别也是没有办法的事情。至少,必须构筑技术体系的武术,在贫穷的村落里有些勉强,被市井传说为有名的传统武术的源流、拥有很高的技术体系的戴氏心意拳,之所以由豪族的家系修练,也是极其自然的事情吧。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*