山西戦場の勝敗を決めた忻口と娘子関の戦い


1937(昭和12)年の山西戦場における勝敗を決めたのが忻口と娘子関での戦争だ。太原の北に位置する忻口は五台山と中条山の両山脈を南北に縫う隘路にあり、河北省との東部省境に位置する娘子関は太行山脈の隘路にあった。ともに嶮しい山岳地帯を背にした要衝だ。1937(昭和12)年10月、両地で太原攻略を目指す日本軍とこれを阻もうとする中国軍との間で激戦が繰り広げられた。

日本軍によって山西省北部を侵された閻錫山は忻口での決戦を決意する。太原攻略のためには、北の忻口と東の娘子関からしか侵攻することはできず、娘子関を日本軍が攻撃するためには、河北省や山東省に展開する中国軍から側面を攻撃される危険を冒すことになるからだ。閻は防衛陣地の築城を急ぎ、晋軍の火砲も全力を集中して日本軍との決戦を準備した。忻口守備軍の兵力は予備部隊を含めて九十七個団(連隊)で、閻錫山自ら戦闘司令所を開設して督戦にあたった。これに対して10月2日に忻口に到着した板垣兵団(北支第五師団)は、同日中に太原攻略を命じられたが、このときの兵力は実質たった五個連隊しかなかった。関東軍とともに独断で山西省に侵攻し、方面軍の支援を受けることが出来なかったからだ。しかし兵団長の板垣将軍は「一ケ師団あれば山西は片附け得る」と楽観的だったという。

忻口敵陣地に対して砲撃を行う第五師団砲兵隊の偽装陣地 (朝日新聞社,1937)

忻口敵陣地に対して砲撃を行う第五師団砲兵隊の偽装陣地 (朝日新聞社,1937)

)10月15日、増援に駆けつけた栗飯原部隊[歩兵第二十一連隊] (朝日新聞社,1937)

)10月15日、増援に駆けつけた栗飯原部隊[歩兵第二十一連隊] (朝日新聞社,1937)

忻口総攻撃第一日目、塹壕を飛び越えて突撃する大場部隊[歩兵第四十二連隊]兵士たち (朝日新聞社,1937)

忻口総攻撃第一日目、塹壕を飛び越えて突撃する大場部隊[歩兵第四十二連隊]兵士たち (朝日新聞社,1937

板垣兵団は、混成第十五旅団及び堤支隊等を右翼(東)に、歩兵第二十一旅団等の師団主力を左翼(西)に配置し、翌10月3日より、火砲九十五門と航空支援をもって攻撃を開始した。これに対し、中国軍は正面に十一個師、右翼に三個師、左翼に六個師の兵力を配置し、火砲九個団の支援をもって迎撃した。忻口戦は準備周到な中国軍に対して勢いに乗って山西省に侵攻した板垣兵団が大苦戦を強いられた戦いとして記憶されている。陣地に籠もる敵に対する攻撃に奇策はなく、優勢な兵力を以て攻めるしかない。劣勢の板垣兵団は戦闘開始直後から損害が続出し苦戦を強いられた。一時は日華事変始まって以来の負け戦を覚悟したようだ。戦闘は11月2日に中国軍が撤退するまでの約三週間の長きにわたって行われたが、板垣兵団の窮地を救ってくれたのは平漢線方面(第一軍)と津浦線方面(第二軍)から南進してきた北支軍だった。

閻錫山は娘子関方面を楽観視していたが責めるのは酷だ。平津地方の兵力約八万の北支軍に対して、保定から出撃した中国軍は四十万人の大兵力だった。琢州・保定から後退したとしても、徳州付近にある友軍が牽制になるはずだし、娘子関へは五個師が第一線の防衛にあたるからだ。ただし、娘子関は第一線の正面が百五十キロと広く各部隊が担任する正面が広すぎる、陣地構築が進捗していない、火砲が少ないなど、かなりの苦戦が強いられることは予想された。そして現実には友軍は牽制の役目を果たさなかったばかりか、北支軍は中国軍の裏を付いて大胆にも南の旧関方面に侵攻してきた。

(写真左)井径に侵攻した日本軍。(朝日新聞社,1937) (写真右)娘子関を突破して西進する川岸兵団。(朝日新聞社,1937)

(写真左)井径に侵攻した日本軍。(朝日新聞社,1937)
(写真右)娘子関を突破して西進する川岸兵団。(朝日新聞社,1937)

娘子関戦場における中国軍の兵力は、正面陣地に一個師、右翼に二個師、左翼に二個師、予備軍に三個師の体制だったが、左翼の二個師は連絡不通で戦力外だった。対する北支軍は川岸中将率いる第二十師団で、10月13日に井径に到着し先遣隊が一度攻撃を行ってからは、一端石家荘に集結後21日に出発、陣地構築が進んでいた新城関への攻撃を避けて、二個師が守備する南の旧関に対する攻撃を開始した。川岸兵団は昔陽支隊を含めて三個旅団の兵力だったが、野戦重砲兵連隊の配属を受けており、重砲三十六門という強力な火砲支援によって攻撃を行うことができた。そして攻撃隊の左翼に昔陽支隊を並進させて娘子関守備軍の背後を脅かすことで戦線崩壊を狙った。21日中に娘子関前面の雪花山陣地が陥落し、23日には旧関が突破され、戦線は崩壊した。

その後、中国軍は撤退部隊と四川からの増援軍で反撃を試みたが、日本軍の迅速な侵攻に防衛体制を築けなかった。川岸兵団は29日には平定、30日には陽泉、11月2日には太原の西約六十キロに位置する寿陽を占領した。また兵団の南を並進してきた昔陽支隊は同日昔陽を占領した。忻口の中国軍は後側面を脅かされることとなった。寿陽陥落の11月2日、忻口の中国軍は撤退を開始した。

近代戦での主目的は敵野戦軍の撃滅で城市の防衛は戦略上あまり意味がないが、日華事変における中国軍の常として、山西戦場でも省都・太原の”保衛戦”が企図された。11月4日、忻口から撤退した中国軍は太原北郊陣地への展開を命じられたが、部隊が展開を終了する前に、娘子関方面の敗軍を追撃してきた川岸兵団が太原城の東へ殺到した。太原攻略の華は、山西作戦を強引に進めた板垣将軍に持たせることになった。11月8日、板垣兵団を中心に日本軍は総攻撃を開始、同日中に城内に突入し、太原は陥落した。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000108.html

Related Posts

  • 成り行きで決まった山西作戦2005年3月12日 成り行きで決まった山西作戦 日華事変初期の山西作戦は成り行きで決まった作戦だった。関東軍と板垣兵団の独断専行に引きずられたが、武藤ら参謀本部の関東軍シンパも関与していた。 […]
  • 黄紹竑 「娘子関戦役前後」2005年2月19日 黄紹竑 「娘子関戦役前後」 七七事件発生時、私は湖北省政府主席の任にあった。8月、蒋介石は南京で開催した会議において、軍事委員会の下に六つの部署設置を決定した... […]
  • 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携2012年7月24日 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携 日華事変初期の山西作戦で解せないのは、第五師団を率いた板垣征四郎将軍の意図だ。板垣と閻錫山との付き合いは古いが、山西作戦では敵将同士、矛を交えた。しかし、史実の断片からは、両者が […]

3 thoughts on “山西戦場の勝敗を決めた忻口と娘子関の戦い

  1. 鳥飼行博

    太原攻略は,小磯良平「娘子関を征く」(1941年作品)に描かれています。娘子関の占領を目指して日本陸軍第五師団(板垣征四郎中将:1937年3月1日就任)の将兵が出撃する様子です。重い荷物を背負い,ゲートルを足に巻いて三八式歩兵銃を手にしています。駄馬で山砲と砲弾を運搬しているです。乾燥した大陸に精悍な日本将兵が頼もしく描かれています。苦戦した戦いが,ここでは勇敢な日本軍将兵の沈着冷静な攻勢として描かれています。
     web「日華事変と山西省」は充実した内容なので,大いに参照にさせていただいております。ありがとうございます。

    Reply
  2. yama

    鳥飼先生
    コメントをいただきありがとうございます。先生のホームページを拝見させていただきました。浅学なもので、戦争画といえば藤田嗣治の「アッツ島玉砕」くらいしか知りませんでしたが、トップに掲げられている米軍の「幽霊の行軍」なども非常に迫力がありますね。
    小磯良平の「娘子関を征く」は、以前に国立近代美術館で観覧した記憶がございます。乾燥した空気、埃っぽい黄土、明るい日差しが、当地の環境を良く再現していると感じました。ちなみに娘子関攻略部隊は川岸兵団(20D)で、絵に描かれているのも川岸兵団将兵でしょう。板垣兵団(5D)は北の忻口で苦戦しました。
    ホームページには書いていませんが、山西作戦については疑問に感じる点が多々あります。閻錫山は娘子関の責任者に国府中央から派遣された黄紹竑を命じています。ですから、閻に敗戦責任は問われません。その上で、山西を追われた閻は、一省独立を可能とする経済施設と終世を共にする側近を日本軍に残しています。板垣と閻の長年の付き合いを考えると、両者は山西からの蒋排除(と中共の駆逐)で相通じていたのではないかと感じてなりません。
    参謀本部と方面軍の命令を無視して山西に突き進んだ板垣将軍が陸軍大臣に栄転していることを考えると、山西作戦は非公式に認められていたことになります。山西作戦に終始反対したのは作戦部長の石原完爾で、彼は蒋介石を交渉相手としていました。ですから、日華事変初期の陸軍中央においては、石原ら蒋擁護派と、関東軍を中心とする北支分治・蒋駆逐派とのせめぎ合いがあり、山西作戦はその政争を示唆しているのではないかと感じます。
    公式戦史は戦争画と同じで、悲惨さは表現しても戦死者に対して失礼となる政争や外政の駆け引きは表に出てきません。山西作戦は壮大な茶番劇とまでは言えなくとも、単純な敵味方分かれての戦争ではない裏での政治的駆け引きがあったように感じます。鳥飼先生からのメールで久しぶりに山西作戦について想像が膨らみました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    Reply
  3. 中国山西大同  陳尚士

    决定山西战场胜负的忻口和娘子关会战
    土八路译自日本网http://shanxi.nekoyamada.com/
    决定1937年(昭和12年)山西战场胜负的会战,发生在忻口和娘子关。位于太原北侧的忻口,地处五台山与中条山南北相会的关隘之处;位于与河北省接壤的山西东部的娘子关,地处太行山脉的狭路之处。二者都是背靠险峻山岳地带的要冲之地。1937年(昭和12年)10月,在以攻略太原为目标的日军和要阻止日军前进的中国军队之间,在这两个地方展开了反复的激战。
    被日军侵占了山西省北部的阎锡山决定在忻口决战。要攻略太原,除了北部的忻口和东部的娘子关,是无路可走的。日军攻击娘子关,会受到展开于河北省和山东省的中国军队的侧击,所以说是冒了很大危险的。阎加紧了防卫阵地的构筑,晋军也全力集中炮火,准备与日军决战。忻口守备军的兵力,包括预备队为97个团(联队),阎锡山设立了作战司令部,亲自督战。与此相对应的是10月2日到达忻口的板垣兵团(北支那第五师团),就在当天接到了攻略太原的命令,可此时的兵力实际上仅仅为5个联队(团),这是因为他们与关东军一起,独立进攻山西省,不可能得到方面军的支援。据说,兵团长板垣将军乐观地认为“有一个师团就能荡平山西”。
    (这是对忻口敌阵地进行侧击的第五师团士兵的伪装阵地,朝日新闻社1937年)
    (忻口总攻击的第一天,跨越战壕而冲锋的大塚部队,即步兵第42联队的士兵们,朝日新闻社1937年)
    (10月15日赶来增援的栗饭原部队第21联队,朝日新闻社1937年)
    板垣兵团将混成第15旅团以及堤支队等置于右翼(东),将步兵第21旅团等师团的主力置于左翼(西),从第二天的10月3日起,在95门火炮和航空队的支援下开始了攻击。记忆中的忻口会战,是乘势进攻山西省的板垣兵团,对充分备战的中国军队进行的一次艰苦作战。对固守阵地的敌人的攻击是没有奇计可施的,除了以优势的兵力攻取之外,别无他法。处于劣势的板垣兵团,从战斗开始起就不断出现损失,强撑着进行了苦战。在某一个时期,好像做好了七七事变以来,要打败仗的思想准备。直到11月2日中国军队撤退为止,战斗持续进行了长达三周之久,而将板垣兵团救出困境的是南下的北支那派遣军,即平汉线方面的第一军和津浦线方面的第二军。
    阎锡山虽然乐观地看待娘子关方面,可是受到的责备是极其严酷的。相对于平津地区的大约8万兵力的北支那派遣军,而由保定出击的中国军队则是多达 40万人的大部队。即使从涿州、保定退却,在德州附近的友军也应该成为牵制力量,因为派往娘子关方面的5 个师担当第一线的防卫。然而,中国军队娘子关第一线的正面广阔,长达150公里,各部队负担的防线过于松散,阵地的构筑没有进展,火炮又少,能够想象出他们勉强进行了相当艰苦的作战。而且,现实的问题是,友军不仅没有起到牵制的目的,北支那派遣军还深入到中国军队的腹地,大胆地向南侧的旧关方面发起了进攻。
    ( 攻击井陉的日军 )
    ( 突破娘子关,向西进发的日军.朝日新聞社,1937)
    中国军队在娘子关的兵力部署为:正面阵地为一个师,右翼为两个师,左翼为两个师,将另外的三个师作为预备队,可左翼的两个师因联络不通,因而没被包括在作战力量之内。与此对应的是北支那派遣军川岸中将率领的第20师团,10月13日到达了井陉,先遣队曾一度进行了攻击,20师团的另一部分在石家庄集结后,于21日出发,避开对阵地构筑良好的新城关的攻击,而开始攻击由两个师守备的南面旧关的中国军队。包括昔阳支队在内的川岸兵团共有三个旅团的兵力,不过,是配备了野战重炮联队,日军在36门重炮的强大火力支援下,进行了攻击,并且在攻击部队的左翼,让昔阳支队齐头并进,威胁娘子关守备军的背后,以促使中国军队的战线崩溃为目的。21日中午,攻陷了娘子关前面的雪花山阵地,23日突破了旧关,中国军队的战线崩溃了。
    其后,撤退的中国军队试图与来自四川的援军一起反攻,但在日军的迅速进攻下,中国军队不能够构筑起防卫体系。川岸兵团29日占领平定、30日占领阳泉、11月2日占领了太原以东大约60公里处的寿阳。另外,在南面并进的昔阳支队也在同一天占领了昔阳。忻口中国军队的后侧遭到了威胁。日军攻陷寿阳的11月2日,忻口的中国军队开始了撤退。
    近代战争的主要目的是歼灭敌野战军,城市的防卫在战略上是没有多大意义的。可是作为“七七事变”后中国军队的惯例,即使在山西战场,也企图在省会太原进行“保卫战”,11月4日,从忻口后撤的中国军队,奉命在太原北郊的阵地上展开,可就在展开之前,追击娘子关方面败军的川岸兵团就已经杀到太原城东。攻击太原的桂冠,就让强行进行山西作战的板垣将军带上了。11月8日,以板垣兵团为中心的日军总攻击开始了,同一天中午,突入了城内,太原陷落了。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*