書評:本当の中国を知っていますか?―農村、エイズ、環境、司法


良書だ。帯に書かれた「中国ルポの金字塔」という自画自賛の言葉も(褒めすぎではあるが)嫌みには感じられない内容だ。中国本にありがちな著者の思い入れや偏見の強いアピールがなく、報道・ルポとして王道の内容であるとともに、それでいて著者の思い出なども随所にちりばめられていて、読み物としても良い出来だと感じた。

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法

著者の山本秀也氏は産経新聞社の社員として、社の名誉をかけて北京に送り込んだ中華圏専門の記者。北京大学の学士四年コースを卒業しており、高い言語能力と広い人脈が、他にはない取材力の源泉になっている。気になったのは、あのプロパガンダ教育のなかでバランス感覚を持ち得たこと。経歴を見て納得した。天安門事件前に就学している。最も自由な気風が許された時期に学んでいるのだ。

本書には、農村、エイズ、環境、司法とキーワードが付されているが、むしろ「権威政治と秘密主義」「汚職」「貧富の差」「モラルなき農業」「蔓延するエイズ」「民主なき法治」等々の方が硬派な内容を良く伝えるのではないか。本書一冊で現代中国を分かったような気になるのは危ないが、基礎知識としては十分だ。中国入門本としてお勧めできる。

所々で尖閣諸島の問題など、日中間での政治問題について”産経色”のフレーズが入っているが、その多くが付言という形で挿入されており、著者の論というよりは、編集サイドで挿入した気もする。ともあれ、第二・第三の山本を送り出すことができれば、「中国報道は産経」といった評価も不動のものになるだろう。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000123.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*