閻錫山


閻錫山は、戦前の中国大陸で山西省を拠点に勢力を誇った軍閥の首領だ。日本に留学した知日派だった。字は伯川、号は龍池。1883年(清朝光緒9年、明治16年)に山西省五台県河邊村で牛農牛商の家に生まれた。19歳のとき、太原にある国立山西武備学堂に入学、1904年(光緒30年、明治37年)、21歳のときに日本に留学、陸軍士官学校と東京振武学院に学ぶ。留学した翌年、孫文率いる中国革命同盟会に加入した。弘前歩兵第三十一連隊勤務などを経て、1909年(宣統元年、明治42年)に帰国、山西陸軍第二標の教官、標統に着任する。そして1911年(宣統3年、明治44年)、辛亥革命に呼応して太原で挙兵し、国民政府成立後、袁世凱の命により山西都督に就任した。

閻錫山 (1883-1960)

閻錫山 (1883-1960)

都督に就任した閻錫山は山西省の軍政両権を握り、民国初年から中央政府と不即不離の関係を維持。「保境安民」(山西モンロー主義)を唱えて内治に力を入れる。豊富な資源を利用して早くから工業化に力を入れ、内陸部の山西省を優秀省に育てた。鉄道建設、教育機関の充実などの功績は高く、現在でも山西庶民の間で評価されている。

1927年(民国16年、昭和2年)に国民革命軍北方総軍司令に就任して国民政府の北伐に協力。国府中央の党中央政治会議委員、政府軍事委員会常務委員を任ぜられ、翌1928年(民国17年、昭和3年)には党中央執行委員に当選した。第三集団軍総司令、太原分会主席、平津衛戌総司令、陸海空軍副総司令などの要職を歴任し、勢力を山西省から綏遠・察哈爾、河北、北津へと広げた。しかしその後、モンロー主義を放棄して二度の反蒋戦争に参加したが破れ(中原大戦)、大連に逃れた。ここで日本の庇護を受けたとされる。のちに国民政府に帰参し、1932年(民国21年、昭和7年)に太原綏遠公署主任を任ぜられて復権した。

1936年(民国25年、昭和11年)の綏遠事件では、晋綏軍が日本の支援を受けた内蒙軍を撃退。抗日意識が高まるなか、西の陜西省から侵攻してきた中共と妥協し(犠牲救国同盟会の成立)、反共から「連共抗日」路線への転換を余儀なくされた。

翌1937年(民国26年、昭和12年)、日華事変による日本軍の進攻で大打撃を受けた。戦争中は第二戦区司令官に就任するが、日本軍、国府中央軍、中共軍の進出で支配の基盤が動揺した。1939年(民国28年、昭和14年)には、勢力を増大させた中共との間で衝突(晋西事件)も起きた。1941年(民国30年、昭和16年)9月には日本の「対伯工作」を利用して現地日本軍と停戦協定を締結し、兵力を温存した。

戦後は国共内戦のなか残留日本人義勇軍(暫編独立第十総隊)を使って中共軍と戦った。しかし、1949年(昭和24年)3月、中共軍によって太原が包囲されると閻錫山は飛行機で太原を脱出、南京、広州を経て台湾に逃れた。翌1950年(昭和25年)まで行政院長兼国防部長を勤めた。辞任後は総統府資政、国民党中央評議員に就任、清廉質素な生活を送るなかで、反共著述に専念した。1960年(昭和35年)5月に台北北部陽明山にある居宅で死去した。74歳だった。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000111.html

Related Posts

  • 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携2012年7月24日 閻錫山と板垣征四郎の”反蒋”提携 日華事変初期の山西作戦で解せないのは、第五師団を率いた板垣征四郎将軍の意図だ。板垣と閻錫山との付き合いは古いが、山西作戦では敵将同士、矛を交えた。しかし、史実の断片からは、両者が […]
  • 科挙出身の”軍師将軍”趙戴文2006年3月19日 科挙出身の”軍師将軍”趙戴文 "軍師将軍"とも言える立場で、閻錫山の「股肱の臣」として活躍した趙戴文。晩年は中共シンパとなり、閻の信頼を失って、病没するまで軟禁状態に置かれた。 […]
  • 反共を貫いた殿将帥 王靖国2005年2月19日 反共を貫いた殿将帥 王靖国 閻錫山の忠臣として太原陥落の殿(しんがり)を務めた王靖国は、非転向を貫いて五十九歳で獄死した。 […]

2 thoughts on “閻錫山

  1. 匿名希望

    我が家には、亡き祖父が残した、短剣があります。短剣には「閻錫山贈」とあり、中国の偉い軍人さんから貰ったものだと、聞いております。
    聞いたと言っても、祖父は私が生まれる前に他界しており、私は父から聞かされていたものです。その父も他界した現在、遺品として私が管理しています。
    短剣も飾り短剣のようなもので、短剣に刃は無く、刃をつけられるものでも有りません。この場では、写真の添付を出来ませんが、もし、何か分る事があれば教えて下さい。
     
    短剣の柄の部分に「閻錫山贈」「主張小道」と記されています。鞘付きの短剣です。

    Reply
    1. yama Post author

      こんにちは。
      「主張小道」は、おそらく「主張公道」でしょう。日中戦争が始まる前の1930年代に、省内改革を目指して閻錫山が推進した事業でのスローガンです。
      なんとも訳しにくいのですが、「天下為公」をひねったものと考えると良さそうです。
      ご祖父様は、山西省に関係のある方だったと思います。遺品として、貴重な歴史遺物として、大事になさってください。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*