黄土の大地の水田開発


荒漠たる黄土の大地に黄金色の稲穂が風にそよぎ、モンペ姿の日本女性が田植えする姿を中国人農夫が物珍しそうに眺める…。現在では思いもよらない風景が一時だが山西にあった。戦時中の山西省で日本人によって水田の開発と水稲の普及が試みられていたのだ。

山西省は年間降水量が平均330~600ミリという乾燥地帯だが、上流から流れ込む河川を利用して灌漑さえされていれば水稲は不可能ではなかった。実際に日華事変前にも省内では灌漑の進んでいた北部の桑乾河や中部の汾河一帯に稲田があったという。例えば『山西農業と自然』という研究書には、大同附近の桑乾河沿岸で畑作の前の土壌改質に水稲が利用されていることが報告されている。それは洪水時に濁流を導入して泥土を堆積させ、水稲栽培を数年続けて土壌の脱塩を行うことで蔬菜栽培地として利用するのだという。反対に黄河流域は地下水脈で井戸水利用が主だったために灌漑が進んでおらず、稲田はなかったようだ。

山西省の農村における耕作地の風景。<br>小川の渓谷に沿うように段々畑が設けられている。(山西省保徳県,1997年)

山西省の農村における耕作地の風景。小川の渓谷に沿うように段々畑が設けられている。(山西省保徳県,1997年)

中国大陸における米作は華中のデルタ地帯が中心で、山西省を含む華北では稲田は全耕地面積の6.0%とわずかだったため、米のほとんどは域外からの輸入に頼っていた。しかも中国で生産される米の多くは南京米と呼ばれた長粒種だったから、華北に日本軍が派兵されると、日本人が好んで食べるうるち米は朝鮮や内地から全量を輸入することになった。ただこの時期はまだ域外からの米輸入に支障はなかったので、北支那方面軍でも現地での米の生産拡大は緊急の課題とはなっていなかったようだ。例えば、内地で米の配給制が開始された1939年(昭和14年)に、北支那方面軍が朝鮮軍に対し、山西省における水田開発用として、わざわざ冷害に強い種を指定して種籾1.5トン分の発送を要請しているが、これも自給体制の確立を想定したものとは言えそうにない。その後に実験田の設置など具体的な処置がとられた記録が残っていないからだ。おそらく、朝鮮から中国にかけた広い範囲で深刻な旱魃に見舞われ、省内では例年の48%の収穫しか見込めないという危機的状況(種籾を食べ尽くした)での緊急輸入の部類に入るのではないか。山西省を含む華北で水田開発と水稲普及への取り組みが真剣に始まったのは、太平洋戦争が始まって米だけでなく、総じて物資全般の現地自活が要請されるようになってからだ。

1942年(昭和17年)1月に北支那方面軍がまとめた「軍需糧秣現地自活率強化ニ就テ」という文書では、精米の現地自給率を昭和16年度の十分の一から昭和17年度は十分の二へと引き上げることを目標に掲げている。この当時でもたとえ南京米だとしても華北で自給率が十分の一あったとは少し驚きだが、需給予定表からはさらに厳しい状況が伝わってくる。

別の資料だが、山西省内(晋北12県を除く)の米生産量は籾ベースでたった約12トンで、しかもこれは精米への歩留まりの悪い陸稲を含めた量だ。現在でも籾から精米への歩留まりは75%ほどだから、技術も低い当時では精米量は良くて7~8トン程度だろう。この数値は1939年(昭和14年)の調査結果から導いたもので、その後1942年(昭和17年)まで米作の奨励は行われていないから、農業人口の増加などを考えても、米生産量の変化はあまりなかったと見て良い。それに対して昭和17年度に山西省で取得すべき米の需要量は3000トンという量だった。これでも第一軍の兵力10万人からすると随分控えめな量なのだが、省内自給など夢の話であることが分かる。しかも、第一軍が野戦貨物廠に集積していた供給可能な精米の量(調辨総量)は1000トンで、すでに差し引き2000トンの不足となっていた。内地からの輸入がすぐに途絶することはないが、危機感を抱いた第一軍は各県新民会を通じて山西省内での水田開発を積極的に進めることとなった。

省内における水田の畔造りの様子

省内における水田の畔造りの様子

試験田における苗取りの様子

試験田における苗取りの様子

1942年(昭和17年)、第一軍は経済統制令を発して米の自由売買を制限するとともに、各県新民会を通じて畑から水田への転換を積極的に進めた。終戦までの間に省内全体で実際にどれくらいの土地が水田になったかは資料がないため明らかではないが、運城、臨汾、路安、介休、楡次、太原、晋祠等で開発が行われたようだ。例えば臨汾では同年に三年間で1500ヘクタールの水田開発が計画され、初年度500ヘクタールの開発に第一軍から連銀券で51万元の工事費が支出されたという(笠回想)。航空写真を基に用排水路が設けられ、水を引き入れて小麦畑が水田に変えられた。種籾には冷害に強い陸羽132号など内地の高品位種が取り寄せられて植えられた。秋の収穫期を迎えた臨汾の試験田では「眼界一面が黄金色に塗り変えられ見事」な風景が出現したという(村瀬回想)。

水田開発と同時に内地から農業指導者を招いた技術教育も行われた。満蒙開拓団の内原訓練所出身者を中心とした30名の日本人技術者が山西省に渡り、山西省農作改善指導班として、1942年(昭和17年)と翌1943年(昭和18年)の二回、各地で指導にあたっている。当時省内では主に直播栽培が行われていたので、収穫量の増大が見込める移植栽培の教育や、籾の固い内地米のための高度な脱穀技術の指導などが行われた。その後、1944年(昭和19年)には省内の指定地域に内地から優良農村を定着させるモデル事業も開始され、最初のケースとして晋祠に発案者の村瀬夫妻が移り住んだ。夫人も田植え仕事に汗を流したという。半世紀以上も前に、辺境の山西にモンペ姿の日本女性が田植えする姿が実際に見られたのだ。

このようにして第一軍は自給自足体制の確立のために、水田開発による水稲の普及と農業改善を進めた。しかし折からの統制経済の進行で必要資材の調達もままならず、治安の悪化もあり、水稲の普及はあまり芳しくなかったようだ。それでも、仮にうまくいったとしてヘクタール当たり1トンの収穫量と考えると、初年度の臨汾の試験田でも500トンの収穫となるから、自給体制の確立にはそこそこ寄与できたようにも思える。終戦当時の第一軍兵力は約6万人で、軍の一線部隊では米に不自由したという話は聞かない。ただ、山西省でも中国政府に勤める邦人職員が高梁などの雑穀の配給だけで栄養失調に悩まされたという。

北支那方面軍司令部「軍需糧秣現地自活率強化ニ就テ」1942年
陸軍省衣糧課「種籾追送ニ関スル件」1939年
長谷川信美『山西省農業事情調査報告書』華北産業科学研究所,1939年
錦織英夫『山西農業と自然』北京大学農学院中国農村経済研究所,1941年
笠実回想、村瀬忠雄回想(興晋会編『黄土の群像』1983年所収)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000133.html

Related Posts

  • 支那の蝗害2007年4月29日 支那の蝗害 中国大陸において、水害と旱害に並んで恐れられてきた災害が蝗害(こうがい)だ。通過した土地の草木を全て喰い尽くしてしまう蝗群の威容は、戦前に大陸に出征した日本人もよく遭遇したようで […]
  • “大黄河治水”三門峡ダムの戦前・戦後2005年8月25日 “大黄河治水”三門峡ダムの戦前・戦後 戦前は国府と日本、戦後は中共政府と、為政者は変わっても共通して黄河治水の要とされてきたプロジェクトがある。三門峡におけるダム建設だ。この壮大なプロジェクトは、終戦でデスクプランと […]
  • 中国の農村2006年10月15日 中国の農村

One thought on “黄土の大地の水田開発

  1. 中国山西陈尚士译

    黄土大地的水田开发
    在广漠是黄土大地上,金黄色的稻穗在微风的轻拂下摆动,中国农夫感到稀奇似地望着这样一副景象,身穿裙裤的日本妇女正在插秧,…。现在,想也想不到的这一风景,曾在山西出现过一个时期。在日中战争时的山西省,水田的开发和水稻的普及,通过日本人进行了尝试。
    山西省属于年降水量平均为330—600毫米的干燥地带,不过,利用从上游流入的河川之水,只要是得到灌溉的话,种植水稻不是不可能的事情。事实上,据说在日华事变之前,在省内灌溉领先的北部桑干河以及中部的汾河一带,也种稻田。例如,在《山西农业和自然》这部研究著作中,就报道了在大同附近的桑干河沿岸,在耕种旱田作物前的土壤改良方面,就利用了水稻。据说那就是在洪水季节导入浊流,淤积泥土,通过持续数年的水稻栽培进行脱盐,然后作为蔬菜栽培地而加以利用的。相反,黄河流域是地下水脉,利用水井的水占主体地位,所以在灌溉方面好像没有进展,也没有稻田。
    这是山西农村耕地的风光
    沿着小河的溪谷而建设的层层梯田(山西省保德县,1997年)
    中国大陆的稻米收成,是为华中的三角地带为中心的,在包括山西省在内的华北,稻田仅占全部耕地面积的6•0%,所以,大米几乎都依赖从域外输入。而且,在中国生产的大米,多是被称作南京米的长颗粒,日军一往华北派兵,日本人喜爱吃的粳米,就得全部从朝鲜和日本内地输入。只是这个时期从域外输入大米还没有障碍,所以,就连北支那方面军好像也没有把当地大米的生产当成紧急的课题。例如,在日本内地开始大米配给制的1939年(昭和14年),北支那方面军专门指定耐寒的品种,用于开发山西省的水田,要求朝鲜军发送1•5吨稻种,这也似乎不能说成是假想的自给体制的确立。因为其后也没有留下设置实验田等具体的、作为处置的记录。在从朝鲜到中国的辽阔范围内,大概是遭受了严重的干旱,在山西省内,收成仅仅估计为例年的48%,在这种危机性(把稻种吃光了)的情况下,是不是把(稻种)列入紧急输入的种类了呢?在包括山西省在内的华北,真正开始致力于水田的开发和水稻的普及,是开始于太平洋战争开始以后,不仅仅是大米,总的说来,一切物资都要求做到在当地独立自给。
    在北支那方面军1942年(昭和17年)1月总结的“关于强化军需粮秣的当地自给率”的文书里,登载着这样的目标,即,将大米的自给率,从昭和16年度的1/10,提高到昭和17年度的2/10。这即使在当时,即使为南京米,在华北自给率仅有1/10,让人感到有些惊讶,从需求和供给的预定表上,透露出了更为严峻的情况。
    这是其他方面的资料,山西省内(晋北12县除外)的大米生产量,连皮在内的稻米仅仅大约为12吨,而且,这也是包括不选为精米的劣质旱稻也在内的产量。即使在今天,稻米脱皮成大米,大米仅为稻米的75%左右,所以,在技术还低下的当时,精米的数量顶好就是7—8吨左右吧。这个数值是从1939年(昭和14年)的调查结果里推导出来的,一直到其后的1942年(昭和17年),因为没有对种植水稻施行奖励,所以即使考虑到农业人口的增加等因素,也可以认为大米的生产数量没有大的变化。与此对应的昭和17年度(1942年),在山西省应该取得大米的需要量,是3000吨这个数字。由第一军的10万兵力来看,这也是相当保守的数字,不过弄明白了这样一件事情,那就是要圆省内自给之类的理想之梦。而且,第一军屯集于野战货物厂的、能够供给的精米的数量是1000吨,已经形成了差额2000吨的不足。由日本内地的输入的途径虽然没有马上就要断绝,但抱有危机感的第一军,通过各县的新民会,决定积极地推进山西省内的水田开发。
    打造山西省内的水田地埂的情形
    拔取试验田里秧苗的形象
    1942年(昭和17年),第一军发布经济统制令,在限制大米自由买卖的同时,通过各县的新民会,积极地推进了旱田向水田的转换。在到战争结束的期间内,整个山西省实际上有多少土地变成了水田,由于没有资料,现在还不清楚。不过,在运城、临汾、路安、介休、榆次、太原、晋祠等地好像进行了开发。例如,在临汾,同年规划了三年开发1500公顷水田的计划,据说在第一年度500公顷的开发上,由第一军以联银券支付了51万元的工程费(笠回忆)。用水及排水的水渠设计,是依据航空拍照进行的。引入水流,小麦旱地能够变成水田。在迎来秋季收获期的临汾的试验田里,据说出现了“放眼望去,金黄色的风景连成一片,美不胜收”的景象(村濑回忆)。
    在开发水田的同时,从日本内地招聘农业指导人员的技术培训也在进行。以满蒙开拓团的内原训练所出身者为中心的30名日本技术人员来到了山西,作为山西省农业改善指导班,于1942年(昭和17年)和翌年的1943年(昭和18年),分两次在各地承担了业务指导。因为当时在省内主要进行的是直接播种的栽培,所以还进行了期望增加收获量的移植栽培的培训,以及皮壳坚固的日本内地稻米的高难度脱粒技术的培训等。之后,在1944年(昭和19年),将日本内地迁移来的优良农村,定居在省内指定的区域,这样的样板事业也开始了运作,作为最早的个案榜样,提案人村濑夫妇移居到了晋祠。据说,夫人在栽种水稻的农活上也是汗流浃背。远在半个多世纪之前,在(日本)的边境山西,实际上是能够看到身着裤裙风采的、日本妇女插秧的容姿的。
    就这样,第一军为了确立自给自足的体制,推进依靠水田开发而带来的水稻的普及和农业的改善。但是,由于那个时候统制经济的推进,必要材料的筹措置办也不尽人意,再加上治安的恶化,水道的普及好像不太吃香。尽管如此,假设顺利进行下去的话,假设考虑每公顷的收获量为1吨,第一年度的临汾的试验田,也就是500吨的收获,所以,能够认为这是有助于自给体制确立的措施。战争结束时,第一军的兵力约为6万人,在军队的一线部队里,没有听到在大米方面不充裕的传闻。不过,即使在山西省,据说在中国政府工作的日本人职员,仅仅配给以高粱等杂粮,他们被营养失调所困扰。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*