戦後の国共内戦と日本人義勇軍の山西残留

[`yahoo` not found]
LINEで送る

国力を無視して南洋にも進出した日本の無謀な戦争は、1945年(昭和20年)8月、日本政府のポツダム宣言受諾による無条件降伏という形で終わりを迎えた。八年に及ぶ日中間の戦いもここに幕を閉じた。現地日本軍は武装解除され、日本に帰還することとなった。しかし、支配の基盤が大きく脅かされていた閻錫山は、中共との内戦の本格化を視野に入れ、現地日本軍の山西残留を現地軍首脳と画策する。その結果、当初は一万人近い邦人が山西省に残留、二千六百人に及ぶ日本人義勇軍が組織され、その後四年間の熾烈な国共内戦に参加する前代未聞の事態が生じた。

しかし戦局利あらず、1949年(昭和23年)年後半には、山西省は全土で中共軍に制圧される様相を呈してきた。省都太原では中共軍の包囲によって補給が途絶、城内では食糧難で人肉食も生じる事態となった。そして翌年の1949年(昭和24年)4月、太原は陥落した。閻錫山は直前に航空機で脱出、最後まで降伏せずに籠城した閻軍将兵と残留日本人が取り残された。残留将兵らは抑留され、多くは戦犯として獄につながれた。

太原陥落で中共軍に捕らわれた山西軍首脳

太原陥落で中共軍に捕らわれた山西軍首脳

中共軍の捕虜となった日本人義勇兵たち

中共軍の捕虜となった日本人義勇兵たち

戦場となった太原東方には未だに要塞や塹壕跡が残っている(1994年)

戦場となった太原東方には未だに要塞や塹壕跡が残っている(1994年)

激戦地となった牛駄塞に造園された戦没者墓苑(1994年)

激戦地となった牛駄塞に造園された戦没者墓苑(1994年)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000164.html

Related Posts

6 thoughts on “戦後の国共内戦と日本人義勇軍の山西残留

  1. 金子 貢

    私は54歳の男子です。山西省の残留日本兵について、彼らを、義勇兵であるとは、考えていません。兵士たちは現地司令官の
    命令で残留して、戦ったという、元残留兵にあっています。 鉄道の保守と防衛を任務とする命令書の写しも見せてもらいました。元兵士たちは日本軍兵士として戦ったのであり、日本の
    軍籍を離れていたという意識はなかったということです。
    こういう人々を義勇兵という表現をすることは、誤りだと思います。

    Reply
  2. yama

    コメントをいただいたのを今日気づき、返信が遅くなりまして大変失礼いたしました。
    私にとっても残留問題は将来の研究課題ですが、正直に言って現時点の私の意識では、彼らを義勇軍と呼ぶことに、軍籍離脱を肯定することまでの深い意味は考えていませんでした。軍費が国府軍より支給されていたとはいえ、実態としては傭兵ではなく、義勇的な考え(赤匪の脅威から守るとか日本の復興のために閻錫山に恩義を売るとか)で残留をした人が多くいたことから、単純に義勇軍という名で表記しました。
    上官の命令によって残留“させられた”ケースがあることは存じ上げております。同時に、鉄道保守の軍命令書は初期の特務団編成の際の指示であって、その後南京司令部からの指示によって特務団が一度解散させられ、その際に残留者は自動的に軍籍離脱を選択したものとみなす、という経緯があったことも事実です。もちろん、その時も全く知らされていないかったと主張する方がいらっしゃることも存じ上げております。事実でしょう。しかしその時点で軍籍離脱とみなす、という国家の決定は、その方たちの主張によって違法と覆される=軍籍を認める性質なのか、というと、現時点で私にはわかりません。軍籍の有無ではなく、軍籍離脱を部下に知らせずに残留を継続した首謀者たちが詐欺罪に問われる、ということは言えるでしょう。一歩進んで、公務員である彼らが命令を下したのだから、国家行為であるとして、国の責任を認めるという論理もあるかと思います。しかし彼ら首謀者は自ら軍籍離脱をした上で残留勧誘を行っており、公務員ではない私人による行為なのだから、やはり詐欺罪だ、という考えもできます。
    勉強不足ですので言葉の足らない話になってしまいましたが、さらにご指導いただけましたら幸いです。

    Reply
  3. 小林

    こんにちは。
    今年88歳の私の祖父が3年間山西省の大原に歩兵として駐在していました。その話を最近聞き、山西省のことについて調べていたらこのサイトにめぐりあいました。
    終戦前の1年間は千葉に派遣され疎開してきた女学生たちにサツマイモ作りを教えていたそうです。なので、山西省にいたのは昭和16年から19年までの間だと思います。祖父はもともと農家で、赤札がある日突然届き召集されたそうです。一日に長い距離を歩かされたり、隣にいた戦友が鉄砲の弾に当たり戦死した話や、夜盲腸で苦しんでいた人が明かりをつけて手術をすることができずに夜が明け前に力尽きた話など聞きました。
    中国人に対しては、(日本人たちが)いじめていたので今でも反日が問題になっているのもわかると言っています。
    上のリポートを読む限りでは、戦争後日本に帰れなかった日本兵は悲惨な結末だったんですね。祖父は運よく終戦1年前に帰国し派遣先も千葉の田舎だったので生きて帰ることができました。祖父がもし中国に残留していれば生き延びていたかは疑問ですし、私は愚か私の母も生まれていなかったかもしれません。

    Reply
  4. yama

    小林様、コメントいただきありがとうございます。
    まずは山西省に出征されていたお爺さまへ、ご健康とご長寿をお祈りいたします。
    東にある日本という意味で、中国山西省は日華事変で最も西の辺境の地です。水と緑に恵まれている私たち日本人にとっては、乾燥した黄土高原の気候・風景はとても寂しいものです。
    日本と中国どちらが悪いという問題はさておき、「戦争」というものが庶民にとって異常な事態であることは確かです。そして戦場で矢面に立つ人は常に20代の青年が中心です。小林様のお爺さまをはじめ、多くの若者たちが大切な青春時代を戦場で送ることになった、それもこの辺境の地で…と、かつて郊外の広大な風景の中に立ってそのことを思い、万感胸に迫る思いをいたしました。

    Reply
  5. 中国山西大同  陳尚士

    yama さん、お元気ですか
    残留問題について城野宏の書かれた<山西独立戦記>に詳しく記録されています。元独混三旅団の老兵たちの<第一軍特務団実録>にも回想がたくさんあります。この二冊の本は拝読しました。そして後者を中国語に訳しました。

    Reply
  6. yama

    陳先生
    残留事件については、城野の『山西独立戦記』と、永富博道氏の『白狼の爪痕』で、民間人側はだいたい把握できます。問題は、現役兵の方です。最も分かりやすくまとまっているのが、「オーラルヒストリープロジェクト」
    http://www.ohproject.com/
    に掲載されている山下正男氏の回想です。ぜひご一読ください。
    現役兵の処遇については複雑な事情があり、山下氏は恩給不支給を争ってきたメンバーの一員ですから、その見解は「売軍」です。ところが、山下氏と同じ元泉旅団に属していた安井氏の回想では、自らを明確に傭兵と認識されており、見解が分かれます。
    どちらが正しいのか? 両者ともに正しいとだけ申しておきましょう。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です