書評:「朝日」に貶められた現代史―万人坑は中国の作り話だ


地道な取材を基にして書かれたレベルの高いルポタージュだ。煽情的なタイトルに似合わず、事実とそれを基にした批判が淡々と書き記されている。内容はもちろん、文章自体も感情的な政治的アピールはもちろん無駄な叙述もなく、とても読みやすい良書だ。タイトルの付け方が下品に感じてしまうほどだ。

「朝日」に貶められた現代史―万人坑は中国の作り話だ

「朝日」に貶められた現代史―万人坑は中国の作り話だ

本書は、朝日新聞が中心となって報じてきた「万人坑」と言われるものについて、正面から否定する。万人坑とは、炭坑などで”搾取”された哀れな工人達が、酷使されまたは虐殺されて捨てられた遺体放置穴で、日本の悪逆さを証明するものと中国側(中共)が主張しているものだ。白骨化した何体もの遺体が発掘された状態のままで展示され、愛国教育の拠点となっている。

本書の中で山西省の大同における万人坑も取り上げられ、明確に否定されている。私は実際に大同の万人坑を訪れたことはないが、山西省で何人もの人にその存在をたずねたことがある。中国側の主張では六万人もの死者があったされ、事実ならば省内でも最も悲惨な場所のはずだが、その存在を知っている人はほとんどいなかったことに違和感を感じた憶えがある。唯一知っていたのは、大同で炭坑関係の地質研究所に勤務していた人で、戦後世代ということもあり、万人坑は日本人のやったこと、と教わったそうだ。

中国に詳しい人ならば同じことを感じると思うが、本書を読み始めてすぐに感じたのは、万人坑の遺体は集合埋葬墓か、もしくは戦後の中共治下で犠牲になった人々の埋葬場所ではないか、ということだ。後者の疑惑については、著者も大同の万人坑の項で触れている。自国での出来事を他国(日本)の仕業にするのは厚顔無恥としか言いようがないが、彼らにとって日本は敵国なのだと考えれば別に不思議ではない。むしろそれに乗って無検証に虚報を流すマスメディアの方が理解に苦しむ。

書評に戻れば、検証の精度はもちろんだが、行間から伝わってくる著者の姿勢にも感銘を受ける。事実を追い求めることに忠実な姿が浮かび上がる。同時に、実際にヒアリングを行った人には分かる共通する苦労だとか実感も随所にちりばめられている。本筋とは関係がなさそうな証言者のちょっとした想い出、それもたった一言だが、インタビュアーを前に過去の出来事を開陳する老齢の証言者の想いを表すのに充分だ。この著者は(誰かと違い)、間違いなく”取材”を行っている。

著者の田辺敏雄氏はホームページも開設している。現代史、特に日本の”加害”に興味のある人はぜひご覧になることをお勧めする。http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000184.html

Related Posts

3 thoughts on “書評:「朝日」に貶められた現代史―万人坑は中国の作り話だ

  1. 中国山西大同陈尚士

    书评:被“朝日”藐视的现代史—–万人坑是中国编造的谎言
    土八路译自日本网络土http://shanxi.nekoyam ada.com/
    这是一篇基于脚踏实地的采访而书写的高水平的报道。它并不像标题那样,煽情斗气,而是淡淡地记录了事实和基于事实的评判。文章本身没有情感上的、政治上的呼吁,当然也就没有多余的叙述,内容自不待言,是本很易读懂的好书。只是选定的标题自然让人感到有些庸俗。
    (被“朝日”藐视的现代史 万人坑是中国编造的谎言 田边敏雄 著)
    关于以朝日新闻为中心而一直报导的、被称为“万人坑”的内容,本书从正面加以否定。所谓的“万人坑”,就是在煤矿等地被“剥削”得可怜的工人们,被任意驱使或虐待杀害后,遗体被抛弃安置的洞窟,这就是中国方面(中共)主张的、证明日本残暴的证据。(万人坑)就那么以发掘的若干具白骨化的遗体展示着,成为爱国主义教育基地。
    位于山西省大同的万人坑也被提起,在本书中被明确地否定了。我没有实地访问过大同的万人坑,但有好几个人曾在山西省寻找过它的存在。中国方面的主张是,认定死者有6万之多,如果是事实的话,那么在省内也应该是最悲惨的场所了,然而几乎没有人知道它的存在,在这件事的记忆上,感到别扭。我唯一知道的是,曾经有人在大同工作过,是在与煤炭有关系的地质研究所工作,而且往往是战后的一代人,据说教给他们的就是“万人坑是日本人干的”。
    如果是熟悉中国的人,我想他们会有相同感受的,可翻开本书一看,马上感到的就是,万人坑的遗体是不是集体埋葬墓穴?抑或是在中共统治下牺牲了的人们的埋葬场所呢?关于后者的疑惑,作者也是以大同万人坑的事项去涉及的。将自己国家的事件栽赃为别的国家(日本)所干的行为,这除了厚颜无耻之外,再也没法说其它的话了,但对于他们(中国)来说,如果考虑日本为敌国的话,并不是不可思议的事情。索性借此场所,(中国)没有对证地(采取了)将谣言流传于的大众媒介的这种处理方法,是令人难以理解的。
    返回到书评,对证的精确度当然是重要的了,但从字里行间传递出来的作者的态度来看,我也深受感动。作者忠实追求事实真相的姿态跃然纸上。同时,也到处点缀着进行了实地听取证言的人们所共同知晓的辛苦及其实际感受。与正题似乎没有关系的证言者的一点点回忆,尽管那些东西仅仅是一句话,也要充分表示这是访问记、也要充分表达要陈述过去事件的老龄证言人的思想,这位作者与某些人不同,肯定进行了“取材”。
    作者田边敏雄开设了个人网页,对现代史、特别是对日本的“加害”方面感兴趣的人,我说什么也要劝您看看。网址是:http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/

    Reply
  2. yama

    陳先生
    ご紹介いただいた映像は、こちらではうまく再生されないので断片的ですが、まだこんな内容の番組を流しているのか、といった印象です。
    書評の本は、当時、炭鉱の経営にあたっていた日本人職員にも取材して書かれています。「日本鬼子」と考える人には理解できないかもしれませんが、彼らは精一杯、日本人の感性で中国人労働者をより良く扱おうとしていました。邦人職員が最もショックを受けたのは、阿片中毒で死に至った炭鉱労働者が、死んで野晒しにされていたことです。埋葬せずに廃坑に遺体を捨てたのが万人坑の始まりでしょう。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*