生物戦研究から距離を置いた石井将軍の山西勤務


「七三一部隊」を中心とした非倫理的な人体実験で知られる日本軍の生物戦研究。そのキーパーソンである石井四郎将軍は、七三一部隊(関東軍防疫給水部)を離任した際、短い間だが山西省の第一軍に軍医部長として勤務している。山西での勤務は、彼が1932年(昭和7年)に陸軍軍医学校に防疫研究室を立ち上げて以来、生物戦研究から距離を置いた唯一の公職だった。

石井四郎将軍

石井四郎将軍

石井将軍は、京都帝大医学部を卒業し、微生物研究で博士号を取得、天覧にも召された濾水機の開発者の顔を持つ陸軍軍医だったが、熱意も実績も医学者のそれよりは行政官に近い人物だった。その実行力から”軍医団の辻正信”の異名を付けられたり、彼自身も軍医初の陸軍大将になることを公言して憚らなかったと言われている。

海外視察から帰国後、全くのゼロから陸軍内で生物戦研究を立ち上げ、世界最大のネットワークにまで広げた。1955年に恩師の葬儀に参列した石井将軍は戦前に324もの研究所を作ったと自負している。それまで経理部の所管だった給水に衛生部所管の「防疫給水」という制度を成立させており、軍、師団レベルにまで設置された各地の防疫給水部、それに民間への研究費助成も一研究所とカウントすれば、あながち誇張とは言えないかもしれない。

731部隊のボイラー跡とされる廃墟。黒龍江省ハルビン郊外平房。1995年。

731部隊のボイラー跡とされる廃墟。黒龍江省ハルビン郊外平房。1995年。

七三一部隊だけで年間予算が東京帝大と同規模という潤沢な資金と、内地では不可能な人体実験も行って生物戦の研究を行ったが、肝心の兵器としての性能は芳しくなかったようだ。少なくともノモンハンと中国戦線で計四回、細菌兵器を使用しているが、いずれも失敗に終わっている。特に1942年(昭和17年)夏の浙カン作戦(せ号作戦)では、日本軍に一万人以上の戦病者を出している。同年8月、石井将軍は山西省の第一軍軍医部長に転出し、七三一部隊長の任を離れた。

森村本などで当初この人事は汚職発覚による懲罰人事とされてきたが正しくない。汚職云々は根拠が定かではない。また、浙カン作戦の責任を取らされた、というのも説得力にかける。参本の井本熊男大佐が作成した業務日誌の中に、細菌兵器使用の後始末を石井将軍が行うように指示が出された旨記載していることが傍証として挙げられるが、石井将軍自身はノモンハンでの失敗で生物兵器の使用には消極的だったので、浙カン作戦での使用は参本の主導によると考えられるし、人事異動の方が作戦発動よりも先だから作戦失敗の責任を取らされたとは言えない。そして形式論でいけば赴任先の第一軍は関東軍に比べれば格下だが、職制では軍医部長は防疫給水部長よりも格上で、定期異動での人事と考えて差し支えない。任地の山西省は閻錫山との提携で戦地としての忙しさはなくのんびりとしていた。しかもそこでの勤務はたった一年で終わり、その後、軍医学校付で実質上は復帰している。

ただ、七三一部隊長の任の重要性(と役得)からすれば、それまで順風満風でいっていた石井将軍にストップがかかった、ということは言えそうだ。1942年(昭和17年)3月の段階で、七三一部隊の研究費の使途が明確でなく、他予算からの流用禁止、研究計画の提出など抜本的解決を図ることが陸軍省から関東軍宛に命じられており(陸亜密電第159号)、ずさんな経理が中央で問題になったことは間違いなさそうだ。さらに梅津関東軍参謀長は生物兵器の開発という点で石井将軍の能力に不信を抱いていたようで、七三一部隊長からの移動は、そこら辺の含みがあったと思われる。この時点ですでに生物兵器の開発と作戦での使用の主導権は石井将軍の手を離れていたのではないか。ともあれ、彼にとって山西勤務は、生物戦研究から一時距離を置くことになったようだ。

山西勤務時代の石井将軍だが、任期が一年だったこともあって、何をやっていたのかはあまり定かではない。赴任当初は浙カン作戦の後始末で飛び回っており、実務に着いたのは秋頃のようだ。路安陸軍病院に勤務していた湯浅軍医は、石井将軍による査閲を1943年(昭和18年)秋に受けたと著書『消せない記憶』の中で述べているが1942年(昭和17年)の間違いだろう。おそらく着任早々に隷下各部署を査閲したものと思われる。査閲では、衛兵に突然飛びかかったり、罹患して苦しむ患者を自ら演じたりと噂に違わぬ変人振りを発揮しており、人体実験の映像こそなかったものの、やはりここでも石井将軍お得意の八ミリフィルムを上映したという。

また、石井将軍が腕を振るい、省内の給水事情が劇的に改善された、というエピソードもいくつかの書籍で散見されるが、いずれも石井式濾水機の生みの親というプロフィールから生まれた噂話に過ぎないと思われる。石井将軍が赴任してきた前後で、太原をはじめ省内各地で軍医部と特務機関の主導による上水道建設が行われており、住民に非常に感謝されたのは事実だが、関係者の回想で石井将軍の名は出てこない。彼の関与はなさそうだ。

1943年(昭和18年)8月、石井将軍は山西省を離れて軍医学校付として内地に帰還、生物戦研究の第一線に復帰した。しかしその後も終戦の年まで目立った動きはない。後任の北野将軍の下で七三一部隊は新たに爆弾投下方式の撒毒方法を実用化したほか、流行性出血熱についても解明するなど成果が上がっている。石井将軍が七三一部隊長に復帰するのは、敗色濃くなった1945年(昭和20年)3月で、彼は着任早々、細菌の量産体制突入を宣言している。

近年公開された史料によれば、戦後、人体実験のデータを含む七三一部隊の研究成果を入手した米軍は、本国の研究機関で精査したが、科学的にはあまり価値がないと判断したという。また常石氏によれば、七三一部隊で最も意義のある研究は流行性出血熱と凍傷の研究ぐらいで、石井式濾水機も当時の宣伝文句のような細菌を濾過する能力はなかったという。そして先に見たように、1942年(昭和17年)の段階では、すでに生物戦の主導権は石井将軍の手を離れていたと思われ、悪魔像となった石井将軍も昭和陸軍という巨大な組織の一構成員に過ぎなかった感がある。凄惨で闇にあった七三一部隊の活動内容と、石井将軍一流のパフォーマンス(時に虚言)が、これまで内外ともに虚像を増幅してきたと言えそうだ。史料、証言等、ほぼ出尽くし感のあるいま、ようやく等身大の姿が見えてきたと言えそうだ。

常石敬一『消えた細菌戦部隊』筑摩書房,1993年
秦郁彦『昭和史の謎を追う(上)』文芸春秋,1999年
吉開那津子『消せない記憶―湯浅軍医生体解剖の記録』日中出版,1981年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000185.html

Related Posts

One thought on “生物戦研究から距離を置いた石井将軍の山西勤務

  1. 山西大同陈尚士

    石井将军在山西—与生物战研究隔开了距离的工作
    土八路译自日本网络
    http://shanxi.nekoyamada.com/
    世人所知的日军生物战研究,是以“731部队”为中心的惨无人道的人体试验而闻名的。其关键人物石井四郎将军,在离开731部队(关东军防疫供水部)岗位后,尽管时间短暂,又在(日军驻)山西省的第一军,作为军医部长而工作。在山西的工作,是他1932年(昭和7年),在陆军军医学校开始着手于防疫研究室的工作以来,与生物研究隔开了距离的唯一公职。(石井四郎将軍)
    石井将军毕业于京都帝大医学部,在微生物研究方面取得了博士的称号,他是具有被天皇召见过经历的、有头有脸的滤水机的开发人。一般认为,比起医学专家来,他的热情和实绩更接近行政官员。他的实践能力被人冠以“军医界的辻正信”的绰号,他本人也毫无顾忌地公然声称,一介军医破天荒地成为陆军大将。
    他从海外回国后,完全从零起步,在陆军里着手生物战的研究,以至扩为展成为世界上最大的研究网络。1955年,石井将军参加了其恩师葬礼活动,他为自己在战前创建了多达324个研究所而感到自负。此前,供水部是军需部门所管辖的,后来达成了这样制度,即由卫生部门管辖“防疫供水”,如果计算设置于军、师级水准的各地的防疫供水部,再加上把对民间的研究补贴费用也算成在一个研究所的话,那么324个研究所这个数字,倒不一定是夸张吧。
    (这个废墟是731部队的锅炉房旧址 哈尔滨郊外的平房,1996年)
    仅仅一个731部队,一年消耗的预算,就等同于东京帝国大学那样规模的雄厚资金,731部队虽然也进行了在日本内地不可能进行的人体试验、进行了生物战的研究,可是作为重要兵器的性能好像不是很好的。至少在诺门坎(ノモンハン)和中国战线,共计四次使用了细菌武器,可无论哪次都以失败而告终。特别是1942年(昭和17年)夏季的浙赣作战(せ号作战),在战争中,日军自己的发病者,就付出了超过一万人以上的代价,同年8月,石川将军调职于山西省第一军军医部长,离开了731部队的长官之职。
    当初的这一人事调动,一直被认为是因为森村本等贪污事件被发现,而进行的人事惩罚,可这是不正确的,说是贪污,证据不确切。另外,说让他承担浙赣作战的责任,这一说法在说服力上,还是粘边的。参谋本部的井本熊男大佐,虽然在他的制作的业务日记中,记载着作为旁证而列举的、石井将军发出的指示,即在使用细菌武器后,要进行善后处置。可是,由于在诺门坎(ノモンハン)的失败,对于生物武器的使用,石井将军本身的态度是消极的。所以细菌武器使用于浙赣,可以考虑为是由于参谋本部的主导而造成的。与发动的作战相比,人事调动在前,所以说让他承担作战失败的责任这一说法是不能成立的。而且从形式逻辑来看,赴任地的第一军(山西)与关东军相比,级别是低下的,可是在组织制度上,军医部长(山西)比防疫供水部长的职位要高,这不妨考虑为定期的人事调动。因与阎锡山的合作关系,他在作为战地的赴任地—山西,并没有繁忙的工作,而是悠闲自得,而且在那里的工作仅仅一年就结束了。再往后,他附属于军医学校,实质上恢复了原职。
    只是从731部队长官的重要性(和利益)来说,此前一帆风顺的石川将军遇到了麻烦,似乎可以说成中途不顺。在1942年(昭和17年)3月的那个时期,731部队研究费用用途不明,为此,陆军省命令关东军(陆亚密电159号),对于诸如禁止挪用预算于其他方面、对于提出的研究计划等问题,希望求得彻底的解决。在管理中枢,不周密的经营管理已经成了问题,这件事似乎是确凿无误的。况且,关东军参谋长梅津,在生物武器的开发这一点上,对于石川将军的能力,似乎抱有不信任感,一般认为,从731部队的长官位置上调离了石川,就含有这方面的意思。在这一时期,生物武器的开发以及在作战中使用的主导权,已经不在石川将军手里了。不管怎么说,对于他来说,山西的工作好像与生物战研究暂时隔开了距离。
    在山西工作时期的石川将军,任期长达一年,他干了些什么呢?目前还不太清楚,当初赴任时,他因浙赣作战的善后之事,飞来飞去忙于东奔西走,实际到任时,好像已经到了秋凉的季节。曾在路安陆军医院工作的汤浅军医,虽然在其撰写的《消除不了的记忆》里,记述了1943年(昭和18年)秋,他们受到石井将军的检阅,但他弄错了吧,那一年应该是1942年(昭和17年)。这被看作是他上任后,很快就对隶下的各个岗位进行的检阅。据说在检阅的时候,他或者突然扑向卫兵,或者亲自扮演患病后痛苦的病人,施展了他的与传说不一样的、性情古怪的情形,虽然没有人体实验的影像,但在这里还是上映了石川将军所得意的8毫米的影片。
    另外,还有石川将军施展其才能,戏剧性地改善了省里的供水情况,像这样的小故事,散见于几本书里,不过,不管哪个故事,都不过是把他当成“石川式滤水机”之父,而派生出来的市井传说。就在石川将军上任的前后,在以太原为首的省内各地,正在进行着由军医部和特务机关主导的上水道建设,对此,居民们非常感谢也是事实,在当事者的回忆里,并没有出现石川将军的名字,这件事似乎与他没有关系。
    1943年(昭和18年)8月,石川将军离开山西省,作为军医学校的榜样,回到了日本内地,回到了生物战研究的第一线。但是,直到战争结束,回国后的他再也没有引人注目的活动。731部队在他的继任者—北野将军的领导下,发明了新的撒毒方法,即把炸弹投下的方法被实用化了。此外,还取得了阐明流行性出血热机理的成果。石川将军恢复731部队长官的时候,已经是战败迹象渐浓的1945年(昭和20年)的3月了,他上任后,很快就宣告:毅然进入了细菌的大量生产。
    根据近年公开的史料来看,战后,包括人体实验资料在内的、731部队的研究成果落到了美军之手,据说美军在本国研究机关进行了仔细调查之后做出判断:在科学上没有多大的价值。另外,按照常石氏的看法,在731部队,最有意义的研究,就是流行性出血热和冻伤研究的那一点点成果,据说石川式滤水机也是没有能力滤过当时宣传用语所讲的那些细菌的。这样一来,就像您前边看到的那样,在1942年(昭和17年)的那个时候,生物战的主导权已经不在石川将军手里,我觉得成为恶魔象征的石川将军,也不过是昭和陆军这一巨大组织的一员而已。似乎可以这样说,此前国内外都把凄惨而隐蔽的、731部队的活动内容和石井将军一流的能力(有时是谎言)这些虚像给放大了。今天,我觉得史料、证言等大致都浮现出来了,似乎可以说,这才好不容易看到了他本来的面目。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*