SさんとHさんのこと―”対日協力者”の戦後


終戦時、国民党は親日政府の政治家や官僚を中心に”漢奸”への裁判を行い、重罪とされた者は処刑された。ところがそれから四年後、新中国が成立すると、終戦時とは比較にならない遙かに大規模で苛烈、そして長期的な嵐が”対日協力者”たちを襲った。

山西省で私が出会ったSさんとHさんは、戦前に日本語を習った人だった。二人とも、日本人が新しい支配者としてやってきたとき、十代の若さで日本語を学んでいた。二人に出会って驚いたことが二つある。ひとつが、今でも日本語を忘れていないということ。青春時代の経験がいかに大きなものかを感じさせられた。ふたつめが、日本人と関係を持った彼らが、戦後に”対日協力者”として過酷な人生を課され、今でもその重荷を背負っているということだった。

Sさんは、中学卒業後に治安関係の日本語学校に入校、卒業後に日本軍や親日政府の警備隊に通訳として勤務していたという。Hさんの方は戦前の話を聞く機会がなかったが、同じように親日政府で日本語を使う仕事をしていたようだ。二人に会った当時、Sさんは日本語学校の講師をしており、Hさんは戦後勤めた公安関係の職場を退職して、老後の生活を送っていた。

日本語学校で講師をしていたSさんは普段日本語を教えていることもあり、日常会話がまったく不都合なく話すことが出来た。初めて会ったとき驚いたのが、外国人が日本語を話す際のイントネーションの癖が全くなかったことだ。大きくハキハキした声で快活にしゃべるその日本語は、田舎のお爺さんと話しているような錯覚さえ覚えた。一方のHさんは、戦後日本語を話す機会がなかったためにあまり流暢ではなく、私と話す際には中国語を基本に、時たま日本語を挟む程度だった。しかしSさんと同じように、たまに出てくる日本語は、やはり中国の戦後世代が話すのとは異なり、日本人のそれだった。人生で最も多感な時期に日本人から直接吸収した言葉が、六十年経た今でも彼らの身体の中で生き続けていた。

SさんとHさんは互いに面識はなかった。これからも互いが会うことはないだろう。しかしふたりには日本語以外に共通項があった。少なくとも私にはそう感じさせた。戦後の猛烈な迫害を生き延びた人間の共通の姿がそこにあった。その点で言うと、戦争体験談で紹介している孫東元さんも同じだと思う。失礼なのを承知で言えば、彼らは共に精神を病んでいたと思う。戦後に”対日協力者””右派分子”として受けた迫害が精神を蝕んだのだ。

日本語を話すとき、Sさんは突然大声になり、人が話す暇を与えずに延々と話続ける。戦前の話になると、声はより大きくなった。一度だけ、日本語学校や警備隊での想い出話が出た。当時自分をかわいがってくれた日本人との想い出を、控えめだが楽しそうに、静かな口調で話してくれた。彼が唯一大声で話さなかった日本語だ。

Hさんも随分とおかしな行動をする人だった。戦後に中共によって取調を受けた際に坦白(タンパイ=自白)した供述を基に自分が書いた論文をコピーしてくれたが、人通りの多い街中でキョロキョロと尾行を気にするそぶりを見せながら私にそのコピーを渡すと、スパイまがいに、人に見られてはいけないから早く隠せという。そしてこのことは絶対に他人にしゃべってはいけないと、不気味な笑いで念を押すのだった。

その後、ふたりが共に政治犯収容所での強制労働をはじめ、日本とのつながりのために、いかほどの迫害があったかを人づてに聞いた。新中国の成立後、「階級の敵」として殺された人の中には、他人より少し持ち物や土地が多かったというだけの人も多くいたという。”対日協力者”とされた彼らへの迫害がいかに苛烈だったかは想像するに余りある。そして今の生活が苦しいことも知った。老齢になっても経済的に困窮している点で、迫害は続いていると言って良い。

青春時代の想い出を楽しく話してくれた彼らの顔を思い出し、割り切れない思いにかられた。彼らにとって、戦前の青春時代は、中共治下にあっては恥ずべき、誤った時代であると断罪されているのだ。もし私が彼らと同じ老齢に達したとき、楽しかったはずの青春時代が為政者の都合によって全否定されるだけでなく、人生・実生活を悲惨の淵に追いやるものであったならどうだろうか。

歴史の波に翻弄されてきた中国人は独特の歴史観を持つと指摘する人がいる。風に飛ばされる木の葉のような自分の運命を達観しているという。あまりにも無慈悲な言葉だ。”達観”できる人などいない。本当の苦しみを負わされた人は収容所で力尽きる前に自殺するか廃人となるのだ。生きて帰ってきたSさんやHさん、孫東元さんは、強い人間だったのかもしれない。しかし彼らも精神を蝕まれて、かろうじて生きてきた、というのが実情なのだ。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000138.html

Related Posts

  • 日本語通訳を襲った悲劇2005年2月19日 日本語通訳を襲った悲劇 新しい支配層として日本人がやってきたとき、生きるために、より良い生活を得るために日本語を一生懸命勉強した人たちは、その後の人生を完全に破壊されてしまった。 […]
  • “兵隊太郎”曹石堂さん2006年4月12日 “兵隊太郎”曹石堂さん
  • 孫東元さんの人物像―安藤彦太郎『虹の墓標』批判2005年11月1日 孫東元さんの人物像―安藤彦太郎『虹の墓標』批判 文革を評価した親中派の論客・安藤彦太郎は、自著『虹の墓標―私の日中関係史』の中で孫東元さんとの思い出を披露している。しかしその記述は、このホームページで紹介している事実と異なって […]

One thought on “SさんとHさんのこと―”対日協力者”の戦後

  1. 中国山西大同 陈尚士

    对日合作者的战后生涯——关于S先生和H先生
    土八路译自日本网络 http://shanxi.nekoyamada.com/
    战争结束时,国民党对以亲日政府的政治家以及官僚为中心的“汉奸”进行了审判,重罪者被处以刑罚。而过了4年,新中国一成立,又发生了与战争结束时没法相比的、规模更大的、而且是长期的政治风暴,再次袭击了“对日合作者”。
    我在山西省碰到的S先生和H先生,就是战前学习了日语的人,这两个人都是在日本人作为新的统治者来到的时候,在十多岁时学的日语。与这两个人相见时让我吃惊之处有两点,一个是至今还没有忘掉日语,让我感到青春时代的经历是多么重要的阿!在再一个就是与日本人有关系的他们,战后作为“对日合作者”被科以过于残酷的人生,即使在今天,据说仍背负着沉重的负担。
    S先生中学毕业后,进入了与治安有关的日本语学校,毕业后作为翻译,供职于日军以及亲日政府的警备队。H先生在战前好像没有听取会话的机会,不过同样在亲日政府里从事使用日语的工作。我与这两个人见面的时候,S先生在日语学校当老师,H先生已从战后公安系统的岗位上退休,过着晚年的生活,
    在日语学校担任讲师的S先生,平时在教授日语,能够毫不困难地说出日常会话,我初次与他会面感到惊讶的是,他完全没有外国人讲日语时的语调毛病。那些以高声爽朗的声音谈吐的日本语,甚至让我产生了好像是与乡下的老爷爷在交流的错觉。另一位H先生,因为在战后没有讲日语的机会,所以不太流利,他与我讲话的时候,基本上用汉语,偶尔夹杂些日语,不过,他与S先生一样,偶尔说出的日语,还是跟战后的那些中国人有所不同,还是日本人的那些东西。在人生最多愁善感的时期,从日本人那里直接吸收的语言,即使经过了60年,仍继续存活在他们的头脑中。
    S先生和H先生相互并不认识,今后也不会相互见面的。不过,他们两人除日语以外,还有共同点,至少让我感觉是这样的。即战后残酷迫害下的人性共同态度就在于此。从这一点上讲,我认为介绍了自己的战争体验的孙东元先生也属于此类。请允许我说句失礼的话,我觉得他们都患有精神病。战后作为“对日合作者”、“右派分子”而遭到的迫害,侵蚀了他们的精神。
    在用日语说话时,S先生突然提高嗓门,滔滔不绝地讲了起来,也不给别人留下说话的空暇,一说到战前的事情,声音变得更大,仅仅一次说起他自己在日本语学校以及警备队的往事,他虽然小心谨慎,但似乎快乐地以平静的口吻告诉我,当时日本人对他的关照,这些是他唯一低声说出的日本语。
    H先生也是个行为怪异的日人。战后他受到中共的调查,他以当时坦白的供述为基调,写了篇论文,他在行人很多的街上,慌慌张张地尾随着我而行,我见他一副生怕别人介意的样子,将那个论文交给了我,就像间谍似地对我说,不要让人看见,赶快藏好。并且狞笑着嘱咐我,这件事绝对不要对别人讲。
    后来,我从别人那里听到,他们两人都在政治犯收容所进行过强制劳动,就因为他们与日本有关系而受到怎样的迫害呢?新中国成立后,在被作为阶级敌人而杀掉的人里,据说有很多人仅仅是因为财产以及土地比别人稍多,对于作为“对日合作者”的他们的迫害,我想象不出是多么的苛烈。而且我还知道,他们现在的生活也是痛苦的,即使到了老龄,经济上还处于贫困,就这一点也可以说,迫害还在继续。
    我被割不断的思绪趋使,回想起他们愉快地告诉给我的、回忆他们自己青春时代的神态。对于他们来说,在中共的统治下,他们战前的青春时代,就是被判罪为应该羞耻的时代、错误的时代。假如我到达了与他们一样老龄的时候,本应为快乐的青春时代,不仅因为执政者的关系而被全盘否定,而且,还把我的人生以及实际生活驱赶到了悲惨深渊的话,我会有怎么的感受呢?
    有人指出,被历史波涛玩弄的中国人,具有独特的历史观,他们对像被风吹起的枯叶似的自己的命运看得开,这是过于没有慈悲的措词。事实上没有能够“看得开”的人,收容所里背负正真痛苦的人,在精力耗尽之前,或自杀或自残。活着回来的S先生、H先生以及孙东元先生也许是意志坚强的人,但是他们的精神遭到了伤害,勉强活到今天也是实际情况。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*