科挙出身の”軍師将軍”趙戴文


趙戴文は、科挙出身の文官でありながら、軍の統帥にも能力を発揮した人物だ。自他共に認める「股肱の臣」として閻錫山を軍師の立場から支えたが、晩年は中共シンパとなり、閻の信頼を失って、病没するまで軟禁状態に置かれた。

趙戴文(字は字隴)は、1867年(咸豐17年、慶應3年)、山西省五台県東治鎮の農家に生まれた。幼少より秀才の誉れ高く、太原晋陽書院に学んだのち、二十七歳の時に成績トップで科挙に合格。文官としての人生を歩み始めた。

趙は文官としてのキャリアを文教畑で積んでいく。1900年(光緒26年、明治33年)には、寧武学院、次いで山西大学堂に招聘されて教壇に立っている。そして清朝の官費留学生として日本に留学すると、東京の宏文学院を経て、東京高等師範学校に学んだ。太原帰郷後は、農村学堂教員、晋陽中学寄宿舎長を務めた。趙の人生を文教官僚から軍師へと転換させるきっかけは、日本留学時に中国同盟会に入会して、閻と知り合ったことにある。

趙は留学初年に同盟会に入会、そのとき16歳年下で同郷の閻と知り合った。1907年(光緒33年、明治40年)に日本から帰国したとき、趙は閻とともに上海経由で祖国の地を踏んだが、孫文の命で爆薬を懐に秘めての帰郷だったという。そして帰郷後は文教官僚として禄を食む傍ら、同盟会山西支部で「晋陽公報」を発刊するなど革命工作に従事した。この頃に、自らを「股肱の臣」として生涯を共に送る相手である閻との親密な関係ができあがったとされる。

1911年(宣統3年、明治44年)、閻と共に太原で義挙に成功。これを機に、趙は軍師としての後半生を歩み始める。山西軍政府東路軍総司令部参謀長に就任し、娘子関戦役に参加。利あらずして戦いに破れると、閻とともに包頭へ逃れた。その後、南北和議が成立して袁世凱の命により閻が山西都督に任ぜられると、都督府秘書長、山西督軍署参謀長、将校研究所長などの職に就いて閻を補佐する。以降、閻の補佐役として、軍政両権にわたって山西ナンバー2の地位を保持し続けた。1916年(民国5年、大正5年)には袁政府より「勛五位茂威将軍」の位を受けている。

1928年(民国17年、昭和3年)、閻錫山が国民政府への服従を明確にし、北伐に協力して勢力範囲が察哈爾にまで拡大すると、趙は察哈爾省都統に就任。閻とともに同地方に影響力を保持した。翌年、蒋介石への「人質」と噂されるなか、国府の民政部長に就任。1930年(民国19年、昭和5年)に勃発した反蒋戦争(中原大戦)では、閻と蒋との交渉を取り持った。山西に帰任後、1932年(民国21年、昭和7年)に閻が綏靖公署主任として復権すると、閻の政策を強力に推進した。のち蒙古地方自治政務委員会副指導長官、山西省省長に就任している。

日中開戦前後は、閻の対日宥和に強く反対し、徹底した抗日を主張したとされる。また、山西新軍や犠盟会に深く浸透した中共の脅威を危惧する閻に対して、これに強く反対したという。いつ頃から中共シンパとなったかは分からないが、彼の息子である趙宗復が1933年と極めて早い時期に中共に入党したとの話があるから、日中開戦の時点ですでに中共の指示の下に動いていたのかもしれない(ちなみに趙宗復は山西大学学長を務めていた文革中の1967年に投身自殺している)。

このような経緯から、その後、趙は閻の信頼を失い、山西新軍事件(晋西事件)が起きた1940年(民国29年、昭和15)、陝西省秋林の官舎で軟禁状態に置かれた。軟禁生活を送ること四年近く、1943年(民国32年、昭和18年)末に秋林で病没した。享年七十六歳。病床から閻に対し、「今後の情勢がいかに変化しようとも、けしてあなたは汪精衛と同じ道を歩んではなりません」との遺言を残したと伝えられる。晩年は仏教に帰依した。遺骸は、太原近郊の竇大夫祠内にある趙戴文公館に埋葬された。文革中は一時荒らされたものの、中共シンパゆえ、今も同地で手厚く葬られている。

「太原義挙名人伝略―趙戴文」(太原市政協文史資料研究委員会編『太原文史資料』第十六輯118-122頁所収)1991年
李茂盛ほか『閻錫山全伝』(上・下)当代中国出版社,1997年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000028.html

Related Posts

  • 閻錫山2005年6月11日 閻錫山 閻錫山(1883年~1960年)は、日本に留学した知日派で、辛亥革命に呼応して挙兵。その後山西省を拠点に勢力を誇った軍閥の首領だ。モンロー主義で他勢力の侵入を許さずに内治に力を注 […]
  • 不遇の愛国者 李成林将軍2005年3月9日 不遇の愛国者 李成林将軍 戦争体験談で紹介している李献瑞さんの父である李成林(李樹森)将軍は、愛国者ゆえ、政治の世界では不遇の人生を送った。しかし国府、中共ともにその偉勲を認めている。 […]
  • 反共を貫いた殿将帥 王靖国2005年2月19日 反共を貫いた殿将帥 王靖国 閻錫山の忠臣として太原陥落の殿(しんがり)を務めた王靖国は、非転向を貫いて五十九歳で獄死した。 […]

One thought on “科挙出身の”軍師将軍”趙戴文

  1. 陈尚士

    科举出身的“军师将军”赵戴文
    赵戴文虽然是科举出身的文官,但也是个在统帅军队方面发挥了能力的人物。作为自己和别人都承认的“股肱之臣”,虽然他从军师的位置支撑了阎锡山,但晚年他却成为中共的同情者,失去了阎锡山的信任,在病死之前,他一直处于被软禁的状态。
    赵戴文,字次陇,1867年(清·咸丰17年,日本·庆应3年)出生于山西省五台县东冶镇的一个农家。从幼年起,他秀才的名誉就远播,在太原晋阳书院学习之后,27岁时因成绩名列前茅而科举合格,开始步入作为文官的人生。
    作为文官的生涯,赵戴文是在文教这块地盘上积累起来的。1900年(清·光绪26年,日本·明治33年),他先后被宁武学院、山西大学堂聘请,立身于讲坛。而且,作为清朝的官费留学生留学于日本,经历了东京的宏文学院,在东京高等师范学校学习。返乡回到太原后,担任农村学堂教员,晋阳中学寄宿学校的校长。将赵的人生由文教官僚转变成军师的契机,就在于他留学日本时加入了中国同盟会,从而与阎锡山相识这件事上。
    赵留学的第一年就加入了同盟会,那时,他与比自己小16岁的同乡阎锡山相识,1907年(清·光绪33年,日本·明治44年)从日本回到国内的时候,他和阎一起经过上海踏上了祖国的土地,不过,据说那是按照孙中山的命令,怀中秘藏炸药的返乡。并且,回乡后他一边作为文教官僚食禄,一边在同盟会山西支部发行“晋阳公报”,从事革命工作等。一般认为,这个时候他与阎建立了亲密的关系,他把自己作为“股肱之臣”,要将其一生全部奉献给阎锡山这个伙伴。
    1911年(清·宣统3年,日本·明治44年),他与阎锡山共同在太原举行起义成功。以此为契机,赵开始步入作为军师的后半生。他就任山西军政府东路军总司令部的参谋长,参加了娘子关战役。征战不利而败北后,他和阎一起逃往了包头。后来南北议和告成,通过袁世凯的任命,阎锡山一当上山西都督,赵就被任命为都督府秘书长,山西督军署参谋长,将校研究所所长等职,辅佐阎锡山。以后,作为阎的辅佐官,他涉及军政两界,一直保持着山西第二号人物的地位。1916年(民国5年,日本·大正5年),他得到了袁政府的表彰,被授予了“勋五位茂威将军”之显位。
    1928年(民国17年,昭和3年),阎锡山对国民政府已明确地表示服从,协助北伐,其势力范围甚至扩大到了察哈尔,赵就任察哈尔都统。在该地方他与阎一起保持了影响力。第二年,传说他被送给蒋介石作为“人质”,在此期间,他就任国民政府的民政部长。1930年(民国19年,昭和5年),在爆发的反蒋大战(中原大战)中,承担了阎与蒋之间的斡旋调停。1932年(民国21年,昭和7年)阎作为晋绥公署主任,恢复职权后,他也回归山西复职,强力推行阎的政策。后来,就任了蒙古地方自治政务委员会的副指导长官、山西省省长之职。
    一般认为,在日中开战的前后,赵强烈反对阎的对日的绥靖姑息政策,主张彻底的抗日。另外,中共深刻地渗透到山西新军以及牺盟会,对此威胁,阎锡山感到了恐惧,据说他强烈地反对阎锡山的这种恐惧。赵什么时候成为中共的同情者的呢?这些还不清楚,不过,据说他的儿子赵宗复,早在1933年就加入了中共,所以,在日中开战的那个时点,也许赵已经在中共的指示下展开了活动。(顺便说一下,在文革中的1967年,担任山西大学校长的赵宗复跳楼自杀)
    从这些原委来看,赵后来失去了阎对他的信任,在山西新军事件(晋西事件)发生的1940年(民国29年,昭和15年),他在陕西省的秋林官邸,被置于软禁状态。他度过了近四年的软禁生活,1943年(民国32年,昭和18年)的年底,他病死在秋林,享年76岁。据传,他在病榻上对阎留下了遗言,“不管今后的形势怎样变化,你绝不可走与汪精卫一样的道路”。赵晚年皈依佛门,其遗骸葬在了位于太原近郊的窦大夫祠内,虽然在文革中遭到了一时的毁坏,但由于同情中共,现仍被厚葬在该地。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*