「無人区」と非難される無住地帯の実相


中共や左翼が主張する「無人区」とは、日本軍が特定地域の住民を迫害・虐殺して”無人化”を図った蛮行としているものだ。例えば、元日教組中央委員を務めた仁木ふみ子が「無人区」について書いた本のタイトルは『無人区 長城線のホロコースト』といった具合だ。確かに中共のゲリラ活動に手を焼いた日本軍は、華北において一部で無住地帯と呼ばれる工作を実施している。しかし実際は満州における集家工作を参考にした移住策で、指定地域の住民を強制移住させ、域内の立ち入りを禁止することにより、敵根拠地の壊滅と経済物資の取得途絶を目的としていた。住民を迫害するために行ったものではない。中共自身、かつては「無人区」が強制移住策であったとしていた。政治的な意図で論難しているに過ぎない。ただ、住民にとっては負担が大きく、その意味では悲劇であったことは確かだ。

無住地帯の設定は満州との国境に近い蒙彊で開始され、関係資料では1939年(昭和14年)末頃からその存在を確認できる。華北においてこれらの工作が本格化したのは、1941年(昭和16年)6月に北支那方面軍が「華北対敵経済封鎖大綱」を策定し、国府軍や中共軍の敵地に対する経済封鎖を開始してからだ。方面軍の施策では、敵地区に対する遮断壕の構築、物流制限線の設定などとともに、中共根拠地に対する遮断地帯を設定するとしており、これが一部で「無住」といった言葉で表現されている。華北においては、河北省の冀東道長城線に沿う地区、山西省の五台山付近で長大な無住地帯が設定されたという(経済封鎖月報,S17.8)。いずれも中共のゲリラ活動が活発な地域だ。

対敵経済封鎖の施策自体はあくまでも中国行政の所管で、特務機関の指導の下に、密輸品の取締りや遮断壕の工事など実作業にあたった。一方で、遮断線の設定や立入禁止措置等、警備計画の内容は各兵団に委ねられていた。そのため、各地で運用が異なっている上、無住地帯という名称自体も用語として決まったものではない。その点でも中共側の「無人区」に合わせて議論するのは少し無理がある。

一般的には、敵根拠地を囲むようにして壕や石垣による遮断線を設定し、その先の土地では人の居住と往来を禁止、農作物の栽培や家畜の飼育等も禁止した。無住地帯内の住民に対しては期限内退去を促した。満州における集家工作では、代替集落の建設や移住費用の補填などの補償を伴ったが、華北においても冀東地区で農作物の買上げなど、不十分ながら補償があったという(27D長沢氏回想)。そして実際の警備だが、厳重かつ苛烈だったと言われる。これは華北においては軍事作戦としての性格が強いことによる。

そもそも、戦場にいる兵士に、動く標的が何かを確認させる軍隊は存在しない。近代歩兵戦は、肉眼で敵兵か否か(人か動物かすら)識別できない距離での狙撃の応酬であり、戦場では全ての遮蔽物(住民の家屋など)を破壊・焼却し、動く標的に対して無差別に攻撃を行った。一般市民がいないはずの無住地帯でも、そのような仮借ない攻撃が行われたはずで、これが住民の側から見ると、儘滅作戦(三光作戦)と非難される所以である。例えば、五台山付近を所管していた独立混成第三旅団管内で宣撫官を務めた吉田は、「例の有名な”儘滅作戦”と称して敵性ありと判断される村落をことごとく家屋、畜類はもとより住民までも殺戮し、焼き払ってしまって、敵地区との間に無人地帯を設定するというかつてそれまでに経験したことのない”大作戦”に大号令がかかっていた頃で、支那側は震えあがっていた」と回想する。また、実際に山西省東部を所管していた独立混成第四旅団では、封鎖線を無断通過した者は「其ノ敵性アルト否トヲ論セス直ニ捕獲押収シ若クハ銃殺ス」というような運用方針を定めていた。当ホームページで紹介する戦争体験談(王亮さん)にも、中共ゲリラとして問答無用で射殺しようとした例がある。

しかし、仮に無住地帯で住民に被害が及んだ例があったからと言って、中共の主張するように不当・不法なものであったとは言えない。イデオロギーではなく、まずは戦争のルール・手続きを踏んでいるかどうかで判断すべきである。戦時国際法の観点から見れば、無住地帯に居る住民へは退去勧告と不十分であっても補償が行われている以上は適法と言って良い。似たような仕組みとしては、陸戦における交戦地区宣言、すなわち戦闘地域からの一般市民の退去勧告に類する。この場合、退去もしくは非武装化を実行するのは、当該地域を実効支配する者の責任だから、中共が一般市民を退去させるか、非武装化を実施しなくてはならない論理となる。もちろん、現実にそのようなことは行われなかった。

その上で、日本軍は無住地帯の設置や攻撃前に、吉田の回想のように仮借ない攻撃を行うことをアナウンスした。それは、良民の間で妄想じみた恐怖として伝搬していき、日本軍もそれを望んだ。離村が進むからだ。だから、そのようなアナウンスは割り引いて考える必要があろう。多くの日本軍将兵が、中共軍相手の攻撃では「空室清野」が徹底しており、空撃に終わったと回想しているように、実態としては無住地帯内で犠牲になった人命はあまり多くなかったのかもしれない。そして、無住地帯で被害を被った者の多くは、敢えて禁令を破る中共ゲリラや密売人などの脱法者であり、そういった意味では良民の被害はなかったと言える。

ただ、敵地に居住しているといっても、当時の中共の支配は匪賊による略奪と似たり寄ったりだった。そのような過酷な状況にある住民が追い打ちをかけられ、不十分な補償で家を追われることは悲惨だ。そして、退去に応じなかったり、中共が退去を許さなかったりで、戦火に巻き込まれるなどした例も一部であったと思われる。しかし、それは史実的な観点からは、ある意味で些末なことである。戦争そのものが無慈悲なのである。

攻め手である日本軍兵士自身も一般市民だ。政治的信条に基づかなくとも、一般市民である彼らが同じ良民の被害に心を痛め、悔悛の情を込めて回想することは自然なことだ。それと政治的なプロパガンダとは区別されねばならない。

北支那方面軍参謀部「経済封鎖月報(第一巻)」1942年(みすず『現代史資料(13)』所収)
独立混成第四旅団「作命甲第一二七号別冊」(戦史叢書『北支の治安戦<2>』所収)
吉田回想(興晋会編『黄土の群像』1983年所収)
長沢回想(産経新聞2003年6月26日東京朝刊掲載)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000188.html

Related Posts

4 thoughts on “「無人区」と非難される無住地帯の実相

  1. イワセノボル

    北支那方面軍の「第一期晋中作戦復行実施要領」には「燼滅目標及方法」が次のように示されているのはご存知でしょうか。
    1、敵及土民を仮想する敵→殺戮
    2、敵性ありと認むる住民中十六才以上六十才迄の男子→殺戮
    現実にこのような作戦計画があった以上は、三光作戦と非難されても仕方ないではないと思いますが。

    Reply
  2. yama

    イワセ様
    ご指摘の記載は、よく左派人士が取り上げるもので、出所は藤原彰氏の論文ですね。原本は防衛研究所にある独立混成第四旅団が作成した晋中作戦戦闘詳報です。「殺戮」とはインパクトのある言葉ですが、都合の良い部分だけを紹介するのはフェアではありません。藤原氏は言及されていませんが、同史料には「討伐隊ニ与フル注意」として、以下のような記述があります。
    無辜ノ住民ヲ苦マシムルハ避クヘキモ 敵性顕著ニシテ敵根拠地タルコト明瞭ナル部落ハ 要スレハ焼棄スルモ亦止ムヲ得サルヘシ
    但シ此ノ場合ニアリテモ 虐殺掠奪ニ類スル行為ハ厳ニ戒ムルヲ要ス
    実施要領はこの文脈で理解されなくてはなりません。すなわち、独混四旅の将兵は、敵地において、捕縛(保護)した住民が敵であるか否かを峻別することを要求されたわけです。よく言われている判別法は、帽子の日焼け跡だとか、手のマメの有無だとかですが、これらが果たして妥当だったか否かは別として、そのような作業が行われなければならないことを求めているわけです。ですから、この要領に基づいて行われた晋中作戦は、「三光作戦」、すなわち、組織的な根絶策(ホロコースト)ではなく、あくまで通常の軍事行動だったということになります。
    もちろん不当に住民に被害が生じれば問題です。ところが、実際には作戦中に敵地において人影を見ることは稀でした。独混四旅の戦友会誌には、作戦中に墓をあばいてまで敵兵や隠匿物資を捜していたが、あるとき本当に「仏さん」が入っていてイヤになったと回想しています。それほど、のんびりとしたものだったわけです。
    これは、史料にある晋中作戦の戦果とも一致します。手元のメモには第一期がなく、第二期の戦果(「第二次作戦総合戦果」)ですが、遺棄死体1495、捕虜258に対して、小銃だけで1236丁を押収しています。他にも重機や迫撃砲も押収しています。中共の実態からすると、遺棄死体と捕虜に対する鹵獲兵器の割合はかなり良い印象があります。殲滅されたのは非武装の住民ではなく、武装した敵兵だったわけです。

    Reply
  3. 中国山西大同 陈尚士

    被责难为“无人区”的无人居住地带的真相
    土八路译自日本网络 http://shanxi.nekoyamada.com/
    中共以及日本左翼主张的所谓“无人区”,指的就是日军迫害、屠杀特定地域的居民,策划“无人化”的野蛮行径。例如,原担任日教组中央委员的仁木文子,就“无人区”而著作的标题,说的就是这种情形,“长城沿线——无人区”。对中共游击活动感到棘手的日军,的确在华北的某一部分实施过被称为无人地带的作业,但是,实际情况是参考了满洲并屯作业的移民政策,强制指定地域的居民移民,禁止其进入该地区,以此达到毁灭敌根据地,断绝敌经济物资获取的目的,并不是为了迫害居民而进行的作业。中共自身曾经认为“无人区”是强制移民政策,这不过是以政治的意图诘难而已。不过对于居民来说,负担的确是巨大的,在这种意义上说,这是一场悲剧。
    无人地带的设置,开始于蒙疆(距与满洲接壤的边界较近),根据相关资料能够确认,从1939年(昭和14年)年末起,就存在着无人地带了。在华北这项工作的正式化,开始于1941年(昭和16年)6月,北支那方面军筹划制定了《华北对敌经济封锁大纲》,对国民政府军以及中共军的领地进行经济封锁之后。方面军实施的政策,在进行对敌占区封锁沟的构筑、物流限制线等设置同时,也设定了对中共根据地的封锁地带,就是以“无人”这一措辞,表现于一部分地区的。据说在华北的河北省,在冀东道沿长城一线,在山西省五台山附近,设置了宽阔的无人地带(经济封锁月报 S17.8),不管哪里,都是中共游击活动活跃的地区。
    实施对敌经济封锁政策的本身,也一直由中国行政主管,在特务机关的指导下,实施了走私品的取缔、封锁沟作业的施工等。另一方面,封锁线的设定、不许进入该地等措施,以及警备计划的内容都委托给各兵团了,因此各地在运作政策上存在着差异,而且并没有决定把“无人地带”这一名称本身作为用语。在这一点上,附和着中共方面的“无人区”开展讨论就有些勉强。
    一般情况下的设置,是通过深沟以及石墙来达到包围敌根据地的目的,禁止那些地区的人员居住和往来,也禁止农作物的栽培以及家畜的饲养,对于无人地带内的居民,督促其在规定的期限内离去。满洲的并屯作业,同时有新村落的建设以及移民费用的补偿等,可是在华北的冀东地区,据说收买农作物等价格虽然不充分,但还是有补偿的(27D长泽氏的回忆),并且认为实际警备也是严厉而苛烈的,这在华北作为军事作战的性质是强硬的。
    毕竟不存在让处于战场上的士兵确认移动的目标为何物的军队,近代的步兵战在肉眼不能识别是否为敌兵的距离内是要应对以狙击的。在战场上,破坏、焚烧一切遮蔽物,对于移动的目标进行了无差别的攻击。即使在没有一般市民存在的无人区,也是应该进行那种毫不宽恕的攻击的。这在居民方面来看,这就是被责难为尽灭作战(三光作战)的原因。例如,在所辖五台山附近的、独立混成第三旅团管区以内担任宣抚官的吉田回忆说,“那个叫做有名的‘尽灭作战’就是要把判断为具有敌对性的村落,烧光其一切房屋,家畜自不待言,甚至连居民也要杀光,将与敌接壤的地区设定为无人地带,这一史无前例的作战号令下达的时候,支那方面发抖了”。另外,实际管辖山西省东部的独立混成第四旅团还规定了这样的运作方针,即对于擅自通过封锁线者“不论其是否具有敌对性,要立即抓获收押,或射杀”。在本网页介绍的战争体验谈里(王亮先生)也谈到,若是中共的游击队,无需问答,也有直接射杀的例子。
    但是,即使有伤害波及到无人区居民例子,也不是像中共所主张的那样,不能说成是不正当的、违法的。不管意识形态如何,而首先是应该判断是否践踏了战争的规则、手续。从战时国际法的观点来看,对于居住在无人地带的居民,即使劝告离去的工作做得不扎实,既然实施了补偿,也可以说是合法的。作为类似的情形,陆地交战地区的通告,即类似于劝告一般市民离开战斗地域。在这种情况下,离去或实施非武装化,是实际统治该地域者的责任,中共让一般市民离去吗?这成为不实施非武装化的依据。当然,现实的情况是中共并没有作那样的工作。
    而且,就像吉田回忆的那样,日军在设置无人地带以及攻击前,就将进行没有宽恕的攻击作了通告,这些通告在良民之间,似乎产生了胡思乱想的恐怖,纷纷搬迁离去,这也正是日军所期待的。正因为这样做,使人们离村行动有了进展,所以,那样的通告有必要打折扣地加以考虑吧!就像很多日军将士回忆的那样,在与中共军为对手的攻击中,中共军的“坚壁清野”做得很彻底,往往以扑空而告终,作为实际情况,牺牲于无人地带内的人命也许不是很多。而且,在无人地带蒙受伤害的多数人,是那些敢于破坏禁令的中共游击队以及逃避法令的走私者,在这种意义上,可以说是没有良民遇害者的。
    不过,(百姓)虽说居住在敌人领地,可在当时中共的统治下,过着类似或接近于遭受土匪掠夺的生活,处于这么过分悲惨状况的居民,又被驱赶,以不充分的补偿忙于安家是悲惨的。而且一般认为,也有因不肯离去或中共不容许离去而被战火卷入的事例。可是,这用史实的观点来看,在某种意义上说,是些琐碎的事情,因为战争的本身就是不仁慈的。
    作为攻击一方的日军士兵本身,他们也是一般市民,即使不因政治上的信条,作为一般市民的他们,对于同样为良民的遇害也会感到痛心,充满后悔之情的回忆也是自然的。这与政治上的宣传必须区别对待。

    Reply
  4. 初めまして

    先日読んだ「証言・南京事件と三光作戦」(河出文庫)には、ご批判される「無人区の虐殺」について当事者の証言が書いてありました。他方、近所の中華料理屋でアルバイトをしている中国人留学生(20代の女性数人)からは、「山西省ではあまり日本軍の残虐行為はなかった」と聞いたことがあります(もちろん、他では残虐行為があったという意味ですが)。
    どちらを信じてよいのかよく分かりませんでしたが、このサイトを見て、なんとなく事実がわかったような気がします。
    犠牲者の数が喧伝されているよりも少ないからといって、日本人の行為が許されるとはまったく思いませんが、他方、日本人だけが欧米や他のアジア人に比べて極端に残虐だとも思えません。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*