七旦大捷記念碑


山西省平定県七亘村。1997年。

山西省平定県七亘村。1997年。


太行山脈の山深い山村に建つ。碑文は、当時第百二十九師の副師長を務めた徐向前の筆。規模こそ小さいが、北の”平型関”と同じく、中共軍が日本軍を攻撃撃破したとして、その武功を喧伝するために建てられた。実情は非武装に近い補給部隊への奇襲攻撃で、その戦功もたいしたものではない。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000198.html

Related Posts

  • 「七亘大捷」の実相2005年2月19日 「七亘大捷」の実相 「七亘大捷」は平型関につぐ中共軍の勝利とされる。しかし実情は平型関と同じく、非武装に近い補給部隊への奇襲攻撃で、その戦功もあまり大きなものではない。 […]
  • 誇張された「平型関大捷」2007年1月19日 誇張された「平型関大捷」 中共が抗日戦争を語るときに必ず挙げるのが平型関における戦いだ。平型関では日中両軍が激戦を繰り広げたが、日本軍と戦ったのは国民政府軍(山西軍)であって、中共が参戦したのは一局面に過 […]
  • 中国共産党の”抗日救国”2007年7月7日 中国共産党の”抗日救国” 日華事変において、中共こそが救国を担ったという主張が長年にわたって流布されてきた。しかし、それは嘘である。八年間にわたる「抗日戦争」で日本軍の矢面に立ったのは国府軍で中共ではなか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*