portrait


koumoto_book
河本供述書を中心に収録した『河本大作与日軍山西「残留」』の巻頭に掲載されている写真。「押院時(収監中)」のキャプションがある。印刷や紙質が粗末なので見づらいが、仙人のように長く伸びた顎髭は、義弟の平野零児が記した内容と一致している。死去直前に撮影されたとみてよい。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000207.html

Related Posts

  • 河本大作の山西時代2005年8月9日 河本大作の山西時代 満州某重大事件(張作霖暗殺)の首謀者として知られる河本大作は後半生を経済人として生きた。満州を追われた彼が再起の地として選んだのが山西だった。山西産業株式会社社長として栄華を得た […]
  • 撫順戦犯管理所2006年9月27日 撫順戦犯管理所
  • 自願残留か軍命か―山西残留問題の争点2006年8月18日 自願残留か軍命か―山西残留問題の争点 山西残留将兵に対する国の見解は自願残留であり、一部の現役将兵は軍命があったから自願ではないという。どちらが真実なのか。結論から言えば、双方ともに都合の良い部分しか言っていないので […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*