廬溝橋


廬溝橋 (1992年)

廬溝橋 (1992年)

1937年(昭和12年)7月7日、条約に基づき北京に駐留していた日本軍は、盧溝橋付近で夜間演習を実施した。その際に起きた発砲事件を機に、日中両軍の間で武力衝突が発生した。俗に言う「廬溝橋事件」である。
その後八年間に及ぶ日中間の戦争は、この廬溝橋から始まったとするのが通説だ。ただ、日本軍は北京・天津一帯へ軍を派遣したものの、現地では停戦協定が成立し、日本国として戦争決意はなかった。戦争を決意していたのは蒋介石で、日本と妥協しようとする華北首領に督促している。
蒋介石は、この年の11月には対日戦に打って出ようと考えていたようだ。計画では5月までに国軍の整備を終え、各地で陣地構築を進めていた。廬溝橋事件が偶発か否かは分からないが、少なくとも蒋介石は側近に準備不足を示唆しながらも、廬溝橋事件をきっかけとした日中開戦に邁進している。
「日中戦争」を日本の侵略戦争と理解することは、満州事変以降の非戦期も含めた「十五年戦争史観」を前提としなければ成立せず、それは当時の国際法上の観念からして、また実際上においても見当違いも甚だしい。満州事変と違い、日華事変で戦争を起こしたのは中国側、蒋介石だった。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000211.html

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*