戦車

馬とタンク

華北戦線,1937年

華北戦線,1937年


写真右手に写っている兵士が両手に提げているのは飼葉桶だろうか。屋敷の前に繋がれている馬の横で珍しそうに豆タンクを眺めている姿がおかしい。馬とタンクの対比が秀逸な写真だ。
車体の形状から九四式軽装甲車だと分かる。二人乗りで軽量(横転しても人力でひっくり返せた)、機銃一丁の軽武装である九四式軽装甲車は、戦場において専用のトレーラーを曳いて弾薬補給を行うことを目的として装備された。しかし実際には、戦車隊を持たない歩兵部隊において、威力偵察や敵機関銃の潰滅など豆タンクとして重宝された。ただ、そのような活躍が出来たのも、敵の対戦車火力が非力な中国戦線とマレー戦線ぐらいだった。
日本陸軍の機械化は、大正時代の宇垣軍縮に始まる。挽馬のかわりにトラック、騎馬のかわりにタンクの装備がすすめられた。日本陸軍において馬への依存は終戦まで続いたが、それはドイツやイギリス、ソ連も同じだった。第二次大戦で完全に機械化を達成し得たのは米軍だけだった。

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000246.html