文化財保護

文化活動に力を入れた山岡部隊

1940年(昭和15年)~1944年(昭和19年)にかけて、東京の出版社から『山西省大観』という本が出版された。六分冊のその本は、すでに当時は蒙彊政権の統治下にあった晋北13県を含めた山西省全域105県について、各県毎に歴史・経済・宗教・文化・風俗習慣を詳しく紹介した地誌だった。

(写真左)『山西省大観』の表紙。写真の第六巻は総論と題され、省誌としての内容をもつ。 (写真右)巻頭に掲載されている山岡重厚将軍の題字。

(写真左)『山西省大観』の表紙。写真の第六巻は総論と題され、省誌としての内容をもつ。
(写真右)巻頭に掲載されている山岡重厚将軍の題字。

この『山西省大観』は、監修に参謀本部とあるように兵要地誌の調査結果を元原稿にしたものだ。兵要地誌を元に本を出版する例は稀にあったようだが、この本は現在でも戦前期山西省の基礎資料として高い価値を持っているように、中国一省の地誌としては稀に見る内容充実した大部だった。装丁もしっかりしており、今も国内各地の図書館で収蔵されているのをみても刷り部数もそこそこあったようだ。当時としてはとても珍しいことだ。

おもしろいのは中部地方の一、二巻と北部地方の五巻、それに総論の六巻に、”陸軍山岡部隊”が編者として記されている点だ。兵要地誌の調査にあたった部隊だが、他の地域の調査にあたった組織名が書かれていないのを見ても存在感をアピールしている。

山岡部隊とは、1937年(昭和12年)末の太原陥落後に侵攻部隊にかわって警備についた第百九師団で、師団長は山岡重厚将軍が務めていた。山岡将軍は高知県出身の陸士15期・陸大24期、陸軍省軍務局長を務めたエリート官僚だったが、無類の刀好きという点と、余人をして真似できないその”型破り将軍”ぶりが旧軍のなかでも際だっていた人だ。実は山岡部隊名による出版物は他にもある。「山岡部隊本部内山西文化保護会」なる名で『太原博物館案内』というパンフレットも発行しているのだ。

『太原博物館案内』

『太原博物館案内』

パンフレット自体はタイプ打ちされた解説文が載る10ページほどの小冊子で、出版も現地のみのようだが、陸軍の名で博物館案内を出したのは旧軍史上他に例がないのではないか。

パンフレットで紹介されている太原博物館は当時城内にあった文廟で、辛亥革命後の1919年から山西省教育図書博物館として開館されていた由緒ある博物館だった。閻錫山治世下の1933年からは民衆教育館として利用されていた。古典籍を中心に収蔵していたが、戦争の混乱で一部に被害が出たようだ。戦後に国府が掠奪文物の返還を日本政府に求めた際の目録に数点の文物が被害に遭ったと記載されている。

博物館前の路地。今も往時の面影を残している。(2001年)

博物館前の路地。今も往時の面影を残している。(2001年)

パンフレットの序文には「即ち我山岡兵團此地に入城するや、旬日を出でずして『山西文化保護會』を組織し、散佚湮滅せんとする文物を保護し、山西文化の再興に力を致せり」とある。外務省の記録でも、山岡部隊が「博物館ヲ假設シテ書籍、古物、標本類ノ散佚防止ニ努力シタ」とあり、その業績はあの雲崗石窟保護にも並び賞賛されるところだという。大したものだ。山岡部隊の手で復興された太原博物館は、国共内戦や文革の荒波を生き、今も旧城内で公立の山西省博物館として運営されている。

ちょうどパンフレットが出版された1938年(昭和13年)8月は山西省公署が成立した頃で、初代省長には閻錫山の側近の蘇体仁が就任している。彼は教育に熱心だった閻の下で山西大学予科学長を務め、のちに華北政務委員会教育総署督辨に就任する文教出身官僚だった。博物館の整備とパンフレットの出版という一連の活動も、この人事と関係ありそうだ。ただ、新政府に関する政務一般は太原特務機関の所管で、山岡部隊はあくまで太原警備が任務だったから直接の関係はない。山岡将軍が師団長として太原にいたのは1937年(昭和12年)末からのおよそ1年間だが、その間部隊は作戦らしい作戦をほとんど行っておらず、任地では相当に暇だったと思われる。当時師団には宣撫班が配属されていたこともあり、山岡将軍は所管違いも気にせず首をつっこみ、好きな(?)文化方面ということで精を出したのかもしれない。

そう考えると、前出の『山西省大観』についても山岡色が反映されていそうだ。第1巻の表紙をめくると山岡将軍の揮毫が目に飛び込んでくるのは良いとして、わざわざ編者に山岡部隊名を冠しているところを見ると山岡将軍の強い意向があったのではないかと勘ぐりたくなる。ただ出版がどのように進められたかの経緯は判然としない。出版元の生活社は東京の小さな出版社で、他にもあまり売れそうにない中国関係の専門書を多数出版していた。

揮毫の後には澤田茂参謀次長の推薦の辞があり、そこには「山西省各縣別の貴重なる地誌として同地の建設に寄與するところ少なからぬものと信じて…」とある。第1巻が出版されたのは1940年(昭和15年)で、最後の第6巻が終戦前年の1944年(昭和19年)だ。立派な書籍をこの時期に全巻刊行した点を考えると、閻錫山の懐柔工作(対伯工作)の流れで、現地への投資誘致などの目論みがあったのかもしれない。

日華事変で動員された陸軍の中では、珍しく文化活動に力を入れた山岡部隊。強烈な個性を持つ山岡将軍のキャラクターゆえと感じるが、残念ながらそれについて書き記した資料は今の所ない。山岡将軍は回顧録を出していたようだが、一年ほど方々で探したものの見つからなかった。その山岡将軍だが、1938年(昭和13年)末に中国から帰国、翌年初めに召集解除で軍を引退している。その後、靖国刀匠会の会長を務めた。戦後は刀の目利き本を出版している。旧軍人のなかでもこれほどストレートに趣味に生きた人も珍しい。

陸軍山岡部隊編、参謀本部監修『山西省大観』生活社,1940年~1944年
山岡部隊本部内山西文化保護会『太原博物館案内』1938年
外務省文化事業部「北支那ニ於ケル史蹟ノ現状並其ノ保存ニ就テ」1939年
中華民国政府教育部発行,外務省特殊財産局訳『中華民国よりの掠奪文化財総目録』(復刻版)不二出版,1991年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000132.html