文化財保護

雲崗石窟と日本人

山西省北部の街・大同。この大同の西にある武周山の南壁に、大小様々な石仏群が約1キロにわたってある。仏教遺跡として名高い雲崗石窟だ。この1600年前の北魏時代に造営された雲崗石窟は、砂岩の岩肌を洞窟状にくりぬいて彫り出した石仏を極彩色で彩った石室内に安置している。最も大きなもので高さ17メートルという石仏群は、信仰や宗派を問わず訪れた人すべてを感嘆させる素晴らしい遺跡だ。この雲崗石窟は戦前の日本人と深い馴染みがあった。

photo by Mr.Nishishita

photo by Mr.Nishishita

雲崗石窟を初めて世界に紹介したのは建築家の伊東忠太だ。伊東は1902年(明治35年)に中国旅行中に立ち寄った大同で雲崗石窟を発見し、その存在を世界で初めて発表した。世界中で雲崗石窟への関心が高まり、多くの外国人が遺跡を訪れるようになった。しかし仏教が衰えたこの時代に保護の手がさしのべられることもなく、雲崗石窟は廃寺同然だった。石仏には塵が厚く積もり、石室の多くは農民の物置や便所などに使われていたという。また動乱の時代ゆえ多くの石仏が奪われ、世界に散逸していった。中国側の調査によると、1930年(昭和5年)の時点で、すでに96個もの仏頭が盗掘されていたという。参観路の東西両端に向かえば、露天に晒された空洞の無数の石室跡がいまも無惨だ。欧米の美術館には今も雲崗から持ち出された石仏が陳列されている。いち早く研究と保護が進んだ敦煌との差は何だろうか。異民族の地にあるのではなく、漢族の地にある異民族の遺跡だからか。

戦争は破壊をもたらすが、雲崗石窟にとってはプラスに働いた。日華事変の勃発によって、雲崗石窟は日本人の手で保護されることとなった。雲崗石窟が中国の文化遺産として位置づけられ、観光資源としての価値が高まったきっかけは、日本軍の占領下で熱心に調査にあたった日本人研究者たちの活動による。

雲崗石窟の調査は、水野清一ら京都大学の研究者たちによって完成された。水野たちはすでに排日運動が盛り上がっていた1936年(昭和11年)に初めて華北を訪れたが、当時は官憲の許可もなかなか下りず、身の安全を心配しながらの調査だったという。しかし翌年、水野たちにチャンスが訪れた。日華事変の勃発だった。日本軍が大同一帯を占領し、日本人が行動できるようになったからだ。

日本軍は1937年(昭和12年)9月に大同を占領するとただちに雲岡石窟の保護にあたっている。当時の報道写真で、石仏寺の楼閣に「雲崗石佛寺ハ世界的ノ名跡ニシテ軍ハ之ヲ愛護保有ニ勉ム 若シ破壊、掠奪等ヲナスモノアラバ日本軍ト雖軍法ニ照シテ厳重ニ處断ス」との札が掛けられているのが確認できる。日付は9月21日だから占領後1週間ほどだ。準備が良い。大同を占領した関東軍の東條参謀長は、政権擁立のために多数の文官をブレーンとして引き連れていたという。文教担当だった人の指示かもしれない。その後、警備を引き継いだ駐蒙軍は終戦まで一個分隊を常駐警備にあてている。

photo by Mr.Nishishita

photo by Mr.Nishishita

水野たちは各方面に働きかけて1938年(昭和13年)から雲崗石窟の調査を開始した。そのプロジェクトは、軍や財界の支援も受けた稀に見る大規模なものだった。主要な石室すべてを実測して見取図を作成し、何万体もの石仏を写真に納めるというものだ。雲崗石窟での調査は、1938年(昭和13年)から終戦前年の1944年(昭和19年)までの7年間、毎年夏頃に7回に渡って行われ、延べ日数は一年を越えた。この間、水野たちの調査活動が話題を呼び、雲崗石窟の評価は飛躍的に高まっていった。すでに当時、あの辺境の地で平日1便、休日2便の遊覧バスが運行していたというから驚きだ。現地の晋北政府も本格的な保護計画に着手し、石仏寺に隣接していた住民を立ち退かせ、雲崗石窟の保全に務めるようになった。

終戦によって水野たちの調査活動は中断を余儀なくされたが、7年間の成果は16巻32冊の大部『雲岡石窟』の刊行という形で結実する。終戦直後の困難な時期にこれだけの規模の学術書刊行は他にあまり例がない。「学士院恩賜賞」というエンペラーズ・プライズに輝いたが、それもそのはず、石窟研究の学術書として世界で最高峰のものであり、中国でも雲岡石窟研究の礎となっている。

日本人が去った後、雲岡石窟は再び受難の時代を迎えることとなった。降雨による雨漏りで石室内には水が溜まり、炭坑からの石炭の粉塵が石仏の肌を黒く汚した。中国政府が雲岡石窟の保護に着手したのは1961年に全国重点文物保護単位に指定してからだが、実際に保全が進展したのは文革後の1970年代後半からだ。2001年まで世界文化遺産への登録が遅れたのも遺跡の保全体制が整っていなかったことによる。現在では石窟の前庭はきれいに整地され、付近への石炭運搬車の乗り入れも禁止するなどの策が講じられている。しかし、毎年一度は石窟に積もる石炭の粉塵を拭う作業が必要だという。

水野ほか「雲岡石窟調査記」東方学報1938年~1947年
東方文化事業総委員会「大同石佛寺ニ関スル支那側調査報告(訳)」1930年
長廣敏雄『雲岡日記』NHKブックス、1985年
岡田健「雲岡石窟保護の現状」(東京文化財研究所)2001年

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000101.html