黄河治水

“大黄河治水”三門峡ダムの戦前・戦後

“暴れ龍”とも呼ばれる黄河の氾濫を治水で防ぎ、利水によって華北を豊穣の地とする”大黄河治水”計画。およそ”中原を制する”為政者ならば必ず直面するこの問題に、戦前は国民政府と日本、戦後は中国共産党政府が共通して解決の要としてきたプロジェクトがある。山西省と河南省との省境にある三門峡におけるダム建設だ。

三門峡は、山西省平陸県から下流約25キロの黄河主流中流域に位置する渓谷だ。黄土高原を激流となって流れてきた黄河は、河幅を増して流れが緩やかになる下流域の手前でこの三門峡に流れ込む。黄河下流域の水の90%がこの三門峡を通るため、この場所に堰堤を築いて巨大な貯水池を造り、黄河の流量調整をすることで、数年に一度、夏季の氾濫期に下流域で大きな被害をもたらす洪水を防止することが可能となる。同時に水力発電所の建設によって、大きな発電量が得られることも期待された。

三門峡におけるダム建設は、すでに日華事変前にも、国民政府が外国人技師に依頼して1936年(昭和11年)に「山西水利建設計画草案」を作成させた際にも取り上げられている。その後、日本軍が華北一帯を占領すると、蒋介石の暴挙によって黄河が決壊し数百万人が被災する大被害を蒙った反省もあり、黄河の治水、その要となる三門峡ダムの建設が検討されることとなった。

ただ、三門峡ダムの建設については、国府の計画だけでなく、日本国内でも黄河治水の根本的解決に不可避であることは共通した認識となっていたようだが、現実には決潰口の封鎖と新黄河の合流という、より緊急かつ大きな課題があったため、その動きはあまり早くはなかった。国策調査機関の東亜研究所が三門峡ダムの青写真を含む「黄河水力發電計劃報告書」を作成したのが1941年(昭和16年)5月、北支那方面軍が実際に現地調査を行ったのが同年6月だった。

北支那方面軍の現地調査によれば三門峡の河床には閃緑岩が横断しており、下流は砂岩または礫岩で高さ100メートル程度の大規模堰堤の建設が可能な土地だった。ここに高さ70メートル、最上部の幅500メートルの堰堤を築き、満水位標高350メートル、面積2200平方キロ、総貯水量400億立方メートルの貯水池、それに112万キロワットの発電能力を誇る水力発電所を造ろうというのが計画の骨子だった。ダムの規模は、完成すれば米国アリゾナ州のフーバーダム(1935年)に次ぐ世界第二位の大きさで、総工費は4億4200万円、現在の貨幣価値に換算するとおよそ1兆円という壮大なプロジェクトだった。

三門峡ダムの設計図(東亜研究所,1941年)

三門峡ダムの設計図(東亜研究所,1941年)

三門峡ダムの設計図(東亜研究所,1941年)

三門峡ダムの設計図(東亜研究所,1941年)

総工費には、直接の工事費用のほかに、建設資材運搬用の鉄道建設、最大32万人に上る水没地域の住民補償費も含まれる。東亜研究所の試算によれば、これら費用をすべて水力発電で補った場合でも、発電コストは1キロワットアワー8.2銭と低廉で、物資動員計画によるインフレを考慮してもペイできるほど単位出力あたりの建設費が低いことが魅力だった。これに奥地における電気化学工業の発展や灌漑整備による耕作地の増大、舟艇水運の拡大などを考慮すると、計り知れない経済効果の波及が期待された。

以上のような青写真が出そろった翌年の1942年(昭和17年)9月、政府は興亜院会議で「黄河処理対策」を決定、そこには三門峡ダム建設が将来の諒解事項として明文化され、制式に国家プロジェクトとしての俎上に上がることとなった。東亜研究所の計画では、建設工事を二期に分けた場合、1945年(昭和20年)~1950年(昭和25年)で第一期竣工、1957年(昭和32年)~1960年(昭和35年)に第二期竣工というスケジュールだったが、実際には時局の悪化により、建設予定地付近の治安確保も必要資材・予算の確保もされぬまま終戦を迎えて、日本の手による三門峡ダム建設はデスクプランのまま立ち消えとなった。

三門峡ダムの建設プロジェクトが息を吹き返したのは、内戦も終わり、中共による治世が始まった1950年代のことだ。新中国のみならず、世界でも稀に見る巨大プロジェクトは、ソ連の技術協力の下に戦前の日本の計画よりもさらにスケールアップして実行に移された。1957年に着工、二年後の1959年には高さ116メートル、長さ1100メートルの堰堤が完成した。

三門峡ダム

三門峡ダム

ところが、中国史上初めて黄河がせき止められた記念すべき瞬間は、同時に悲惨な結末への序曲のはじまりだった。それは黄河の水に含まれる土砂が年間5億~6億トンという規模でダムに堆積し始めたからだった。

戦前の調査では年平均で2~3%、戦後の中国水利部の発表では3.7%という大量の土を含む黄河の水をせき止めれば、土砂が堆積して早晩ダムが埋没することは自明の理で、戦前の日本の計画でも憂慮されたことだった。日本の計画では、年間輸砂量の半分が夏季、しかも30~40%が一度の洪水に集中していることから、ダムの上部を可動堰として、洪水時には堰を全開にして濁流を下流域に流す運用を行うことでダムの寿命を延ばすことができると考えていた。中国の当初計画でも可動堰を設け、下部には土砂排出口を備えていたが(*下部の土砂排出口については治水の権威である谷口博士が効果に疑問を呈している)、その後の運用が決定的に間違っていた。年間5億~6億トンという土砂堆積の規模は、何ら排砂対策を行っていなかったことを示す。一説によれば、可動堰、土砂排出口両方とも封鎖し、ただ堆砂に任せていただけだという。常識では考えられないが、この時期中国では反右派闘争と「大躍進」で専門家が追放されて、農民出身の無学の者が責任者をつとめるなど混乱の極みだった。三門峡ダムの失敗について中国政府は今でもソ連に責任を転嫁しているが、見苦しいとしか言いようがない。

中国政府がのちに発表したところによれば、上流域での土砂堆積で100キロ上流の渭水河の河口がふさがれ、さらに上流の古都西安をも水没させる危険が生じたため、三門峡ダムは堰堤完成からわずか二年後に工事が一時中断されることになったという。その後、1970年代まで排砂対策を含めた改築が繰り返し行われたが、発電能力は当初計画の五分の一のわずか25万キロワットに落ち込み、土砂は貯水容量の半分近く(44%)まで堆積してしまっている。2003年には上流の陝西省で、三門峡ダムが原因の”小さな洪水”によって23億元という大きな被害も生じた。治水を目的としたダム建設が失敗し、洪水を引き起こすとは皮肉だが、今ではダムの取り壊しすら全国政協の議題に取り上げられるようになっている。

東亜研究所「黄河水力發電計劃報告書」1941年
陸軍省軍務課「黄河処理対策ニ関スル件」1942年
石村太助訳「黄河三門峡ダムの設計概要」(土木学会誌42巻8号所収)1957年
「三門峡大堤存廃之辨」(『生活周刊』共青団上海市委,2004年)

初出:http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000134.html